メニュー閉じる

メーキャップアーティスト

メーキャップアーティスト

ヘア&メイク技術でモデルやタレントを変身させるプロ。ビジュアル系や特殊メイクブームで今や花形職業に

こんな人にピッタリ!

ファッションに興味あることはもちろんだが、他人をきれいにしてあげたいという気持ちが何よりも大切。美的・絵画的センスも必要だ。

どんな仕事?

テーマに合わせて変身させるのが仕事

映画やテレビ番組、雑誌、広告、ファッションショーなどで、モデルやタレントに化粧をほどこすのが仕事。個性的な魅力を引き出すだけでなく、「ワイルドに」「自然体で」といったテーマに即して、モデルやタレントを“変身”させることも多い。センスと腕を見込まれれば有名タレントと専属契約を結べることもある。また、化粧品会社に勤務して、新製品の企画や開発に携わっている人もいる。

これがポイント!

ヘアメイクの技術も必要

欧米ではヘアメイクとメイクアップがきちんと分かれているが、日本では1人2役が一般的。撮影現場などでも、ヘアメイクもできるメイクアップアーティストが重宝がられている。

専門学校は2種類

メイクアップの技術を学べるのは、メイク専門学校と美容師専門学校の2種類。でも、美容師専門学校ではヘアメイクについてはみっちり仕込んでくれるが、メイクアップは基礎程度。第一線で活躍しているメイクアップアーティストは、メイク専門学校を卒業後、美容師専門学校で学ぶケースが多い。

学校選びの3つのポイント

(1) 卒業生の顔ぶれ。優秀な人材を多く輩出していれば、それだけ授業のレベルも高いといえる。(2)講師陣の顔ぶれ。第一線で活躍している人を講師に起用しているところがお勧め。(3)授業以外の付加価値。現場の実習の機会を設けたり、著名アーティストの特別授業があるところがねらい目だ。

将来はこうなる

目立つ男性メイクアップアーティストの進出

美容業界から枝分かれしてきたのがメイクアップの仕事。当然、メイクアップアーティストも女性が圧倒的に多かったが、最近では男性メイクアップアーティストの進出も目立っている。今や男性も化粧する時代。ミュージシャンもビジュアル系がブレイク。映画の特殊メイクや、多チャンネル化のためにテレビの重要が増えることを考えれば、メイクアップアーティストの活躍が期待できるだろう。

データボックス

収入は?

化粧品会社に就職できれば、収入は一般企業並みで待遇も安定している。ヘアメイク事務所やアシスタントの場合は、最初のうちは月給が10万円を上回ることはまずないと覚悟しておこう。でも、フリーとして独立できれば、実力次第で月収300万円というのも夢ではない。

休暇は?

フリーは仕事次第。勤める場合も休みや勤務時間は不規則になることが多い。

職場は?

全国の大都市にも仕事はあるが、やはり、マスコミ各社が集中する東京が仕事量は圧倒的に多い。

なるためチャート

仕事のなり方が一目でわかるチャートだよ!

PAGETOP