ウエディングプランナー

ウエディングプランナー

さまざまなウエディングスタイルをゆめ見るカップルの希望をかなえる。

こんな人にピッタリ!

人のめんどうを見るのが好きな人。地道な作業ができる人。人と話すのが好きな人。

どんな仕事?

人生最大のセレモニーを演出する

けっこん式をあげたいカップルの希望や予算を聞いて、式場やブーケ、ドレスなどのスタイリング、司会者、BGMなどの手配から、けっこん式当日は新郎新婦(しんろうしんぷ)をサポートし、進行・確認などを行うのが仕事だ。それぞれのカップルの、イメージにあった式をていあんし、実現(じつげん)する。ウエディングプランナーのほかにも、ブライダルコーディネーター、ウエディングディレクター、ブライダルスペシャリストなどともよばれている。

これがポイント!

専門学校や各種スクールに通う

ウエディングプランナーを育てる学校は、せんもん学校とブライダルプロデュース会社やゲストハウスが運営するスクールなどがある。ただし、求人数が少ないわりに、ウエディングプランナーになりたい人は多いため、学校を卒業しても必ずなれるとはかぎらない。げん場はすぐに使える人を求めているので、近い仕事をアルバイトとしてけい験すると、道が開けることもある。

どんなウエディングプランナーになりたいのか

自分らしいけっこん式やひろうえんをあげたいカップルは多い。そのため、場所もけっこん式場やホテル以外にも、ゲストハウス、有名レストランなどとさまざまだ。場所によって、ていきょうできるサービスがちがってくるため、自分は何が得意で、どんなプランナーになりたいのかを見つけることが、はたらく場所を選ぶときに大切になってくる。

将来はこうなる

国内だけでなく海外でも活やく!

日本では年々式をあげる会場はふえているが、少子化で式をあげる人はへっている。しかし、おとなりの中国では、けっこんブームが始まりつつある。日本のブライダル会社が、アジアのブライダル市場に参入を始めているため、アジアで活やくする日本人のウエディングプランナーはどんどんふえていくだろう。

データボックス

収入は?

月給は20~50万円くらい。

休暇は?

月6~8日のシフト制。

職場は?

けっこん式場、ホテル、ブライダルのプロデュース会社、ゲストハウスなど。

なるためチャート

仕事のなり方が一目でわかるチャートだよ!

PAGETOP