アロマセラピスト

アロマセラピスト

かおりの効果を利用したアロマセラピーをお客さんにていきょうし、リラクゼーション効果で心と体をいやす。

こんな人にピッタリ!

人とせっするのが好き。体力に自信のある人。どんな人ともうち解けやすい。

どんな仕事?

かおりが持つさまざまな効果で心身をいやす

さまざまなかおりの効果を活用して、お客さんの心身をいやすのがアロマセラピストの仕事だ。アロマセラピーは、植物の成分をギュッとぎょうしゅくさせてつくった精油(せいゆ)を使い、そのかおりをかがせたり、はだにぬることで成分がきゅうしゅうされて、人間の本来持っているよくないところを自身でなおす力を高めるのだ。アロマセラピストは、アロマセラピーサロンやエステティックサロンなどで活やくしており、お客さんのはだにちょくせつふれるため、さまざまな人とせっすることができるのもみりょくのひとつだ。

これがポイント!

アロマセラピーを教えてくれる学校で資格を取る

アロマセラピストになるには、とくに資格は求められない。アロマセラピストを養成する学校に通ったり、アロマショップなどで行われている講習会やセミナーなどで学ぶことが多いようだ。アロマセラピーの知識を持っていることを示す「アロマセラピスト」の資格は、アロマセラピーサロンなどに入社するときにあると有利になる。学校によって取れる資格が少しずつちがってくるので、自分が取りたい資格の取れる学校を選ぶといいだろう。

将来はこうなる

現代社会のストレスを生きる人々いやす存在

アロマセラピーには、乱れてしまった心身のバランスを整えたり、ストレスやつかれ、なやみなどにも効果がある。現代社会のようなストレスが多い生活では、アロマセラピーの効果を求めている人が多く、これからもアロマセラピストのそんざいは欠かせないと言えるだろう。

データボックス

収入は?

月収は15万円くらいから。お客さんの指名数に応じてアップしていく。努力次第で収入アップは可能だ。

休暇は?

週休2日制。土日はお客さんが集中しやすいため、休みはシフト制で取る。

職場は?

アロマセラピーサロン、エステティックサロンなど。独立開業している人もいる。

なるためチャート

仕事のなり方が一目でわかるチャートだよ!

PAGETOP