パークレンジャー

パークレンジャー

ナチュラリストに最適の仕事!南へ北へと全国を駈け巡り、“美しい日本” を守り抜く、「自然環境」のガードマン

こんな人にピッタリ!

自然と人間に対して、あふれんばかりの愛情を持っていることが第一条件。責任感が強く、好奇心が盛んで研究熱心なタイプの人。体力と根気、そして人を引っ張るリーダーシップも必要。

どんな仕事?

野生動物を絶滅から守るのも重要な仕事

国立公園をはじめとした、自然に恵まれた地域の環境保護、施設の保全、各種イベントの企画と実施、利用客の指導などが仕事。最近は「絶滅のおそれのある野生生物の保護」という新たな仕事も加わった。国立公園のパークレンジャーは通常、2〜3年のサイクルで、他の公園へと異動する。国立公園は日本国中に点在しているので、転勤は当然「全国規模」に。故郷を離れたくない、という人には不向きの仕事だ。

これがポイント!

極端な“狭き門”!?

国立公園で働くためには、環境省に入らなければならない。そのためには、国家公務員試験にパスするしかない。しかも試験に合格しても、環境省に入れるわけではなく、必ずこの職業につけるという保証はない、狭き門なのだ。また、2005年からは、パークレンジャーの補佐として、アクティブ・レンジャー制度がスタートしている。こちらは国家公務員ではないが、募集は毎年あるわけではないので狭き門なのに変わりはない。

将来はこうなる

アクティブ・レンジャーという補佐官が必要なほど、人員は不足しているが、今後極端に増えるということはなさそう。ただし、国立公園がなくなることもないので、狭き門ながら、定期的な採用はありそうだ。

データボックス

収入は?

給与規定は国家公務員のものに従い、大卒でだいたい20万円程度。

休暇は?

各種イベントが実施されることが多いので、日曜、祝祭日は休みにくい。休暇の日数は世間並み。

職場は?

公園内の管理事務所など。事務所と住まいがいっしょになっているケースが多いので、「職」と「住」のケジメをつけにくいのが難。また国立公園のパークレンジャーは公務員なので、勤務先が東京になることも。「自然」と「都会」、2つの異なる環境になじめる“柔軟性”も必要。

なるためチャート

仕事のなり方が一目でわかるチャートだよ!

PAGETOP