化学分せき員(分せき化学ぎじゅつ者)

化学分せき員(分せき化学ぎじゅつ者)

きちょうめんな人。せきにん感がある人。はんだん力がある人。

どんな仕事?

製品中にふくまれる成分やその量の分せき、ちょうさなどを行うのが化学分せき員の仕事だ。製造業に関連した化学分せきとしては、製造する中で取ったサンプルを分せきすることで、成分量におかしなところはないか、変な化学反応をして悪いものに変化して_いないかなどをたしかめ、げん場の作業の目安を意見する。またかんきょう関連の化学分せきとしては、空気、水、土などのサンプルを_分せき機器にかけて成分の特定と量を求め、結果をほう告書にまとめる作業を行っている。医りょうやかんきょうえい生、遺伝子(いでんし)、金ぞく、食品、生物などの研究室ではたらき、活やくの場ははば広い。

これがポイント!

せんもんの学科で化学などのきそ知しきについて学ぶ

化学分せき員になるには、工業高校の工業化学科、分せき化学せんもん学校、大学の理学部化学科、工学部化学学科などで、化学などのきそ知しきを学ぶことが必要だ。分せきには正かくさと速さがもとめられるため、はんだん力も問われる。研究所に入ってからは、先ぱいの分せき員から分せきぎじゅつを学び、実せんの中でも日々ぎじゅつをおぼえていく。分せきをいらいした人の希望にこたえるために、どんな物質でも一番よい方法で分せきできるようになるまでには、10年以上はかかると言われている。

将来はこうなる

人類の生活には分せきは欠かせない

近年、高機能な新素材がどんどん生み出されていることもあり、製品開発には成分や量を分せきし、化学的な解せきを行うことは欠かせない。また、かんきょうを守るためや人の健康のための決まりごとがきびしくなってきているため、分せきをする機会がふえている。それにともない、分せきぎじゅつも高度化し、よりせんもん的な知しきやぎじゅつ力をもとめられるようになってきている。化学分せき員に対する期待はこれからも大きくなっていくだろう。

データボックス

収入は?

月収は15〜31万円くらい。

休暇は?

週休2日。

職場は?

各種生産会社、分せき受たく会社、臨床(りんしょう)けんさ部門、食品などのけんさ機関、地方自治体など。

なるためチャート

仕事のなり方が一目でわかるチャートだよ!

PAGETOP