メニュー閉じる

気象予報士

テレビなどで活躍している気象予報士。気象データをもとに、天気がどうなるかを予報する「天気の専門家」だ。

こんな人にピッタリ!

天気や季節の移り変わりに関心がある人はもちろん、理科や科学が好きで、疑問に思うことがあったらすぐに調べたくなるタイプの人が向いている。

どんな仕事?

観測データをもとに、個別のニーズに応えて天気を予想

気象庁が観測した気象データや、対象地域の観測データをもとに、独自の判断で天気の予想を行う。テレビ、ラジオなどのお天気番組での活躍が目につくが、天候に影響される職種は多く、それらの団体・企業に情報を提供するのも仕事のひとつ。たとえば、野外イベントの実施の可否、スーパーやコンビニでの商品の売り上げ動向(暑くなるならアイスクリームの入荷を増やすなど)、船の最適航路予測、建設工事期間のアドバイスなど、活躍の場は広い。

これがポイント!

年齢、学歴などの制限はなし。でも合格は超難関!

年齢、学歴などは問われないが、国家試験である「気象予報士試験」(年2回)に合格し、気象庁に登録することが必要。試験は学科試験と実技試験からなり、気象学はもちろん、実際の天気図を短時間で正確に読み取る能力なども試される。合格するのは難しく、合格率は5〜10%程度と言われている。

在学中に国家試験対策

時間とお金に余裕のある人は、在学中に(財)気象業務支援センターの「最新気象技術講習会」を受講してみよう。通信教育もある。これは国家試験の運営母体が実施している講座で、通信教育コースもある。難関の実技試験対策におすすめだ。

将来はこうなる

きめ細かい気象情報を求めるニーズに応え、起業の道も!

気象庁の認可を受け、気象情報を出せる「予報業務許可事業者」は現在50社をこえており、雷専門の気象会社もできたくらいだ。CATVを通じて提供される、地域密着型のピンポイント天気予報も増えていくだろう。個人を対象にインターネットで地域の気象情報を提供する仕事も可能性大。このように局地予報のニーズはたくさんある。民間の気象会社に就職し、経験を積んだ後、アイデア次第では自らの会社を起業することも可能だ。

データボックス

収入は?

職場によってさまざま。気象庁の職員なら国家公務員、日本気象協会は半官半民、民間の気象会社はそれぞれの会社の職務規定による。お天気キャスターはテレビ局に所属するか、フリーで契約するかで待遇も異なる。ただし、この仕事は必ずしもサラリーマンで終わらず、独立して会社を設立するという道も開けているから、才能と努力次第でぐんぐん収入が増える可能性もある。

休暇は?

自然が相手なので、職場は24時間体制。しかし、シフト制をとっている職場が多く、比較的休みはとれるようだ。ただし、台風接近時などはその限りではない。

職場は?

気象庁から認可を受けている民間の気象会社に就職するのが一般的。日本気象協会、気象庁に入る方法も。フリーでテレビ局などと契約し、お天気キャスターとして活躍する道もある。

なるためチャート

仕事のなり方が一目でわかるチャートだよ!

PAGETOP