メニュー閉じる

気象予報士

テレビなどで活躍(かつやく)している気象(きしょう)予報(よほう)()気象(きしょう)データをもとに、天気(てんき)がどうなるかを予報(よほう)する「天気(てんき)専門家(せんもんか)」だ。

こんな(ひと)にピッタリ!

天気(てんき)季節(きせつ)(うつ)()わりに関心(かんしん)がある(ひと)はもちろん、理科(りか)科学(かがく)()きで、疑問(ぎもん)(おも)うことがあったらすぐに調(しら)べたくなるタイプの(ひと)()いている。

どんな仕事(しごと)

観測(かんそく)データをもとに、個別(こべつ)のニーズに(こた)えて天気(てんき)予想(よそう)

気象庁(きしょうちょう)観測(かんそく)した気象(きしょう)データや、対象(たいしょう)地域(ちいき)観測(かんそく)データを(もと)に、独自(どくじ)判断(はんだん)天気(てんき)予想(よそう)(おこな)う。テレビ、ラジオなどのお天気(てんき)番組(ばんぐみ)での活躍(かつやく)()につくが、天候(てんこう)影響(えいきょう)される職種(しょくしゅ)(おお)く、それらの団体(だんたい)企業(きぎょう)情報(じょうほう)提供(ていきょう)するのも仕事(しごと)のひとつ。(たと)えば、野外(やがい)イベントの実施(じっし)可否(かひ)、スーパーやコンビニでの商品(しょうひん)()()動向(どうこう)(あつ)くなるならアイスクリームの入荷(にゅうか)()やすなど)、(ふね)最適(さいてき)航路(こうろ)予測(よそく)建設(けんせつ)工事(こうじ)期間(きかん)のアドバイスなど、活躍(かつやく)()(ひろ)い。

これがポイント!

年齢(ねんれい)学歴(がくれき)などの制限(せいげん)はなし。でも合格(ごうかく)(ちょう)難関(なんかん)

年齢(ねんれい)学歴(がくれき)などは()われないが、国家(こっか)試験(しけん)である「気象(きしょう)予報(よほう)()試験(しけん)」((ねん)2(かい))に合格(ごうかく)し、気象庁(きしょうちょう)登録(とうろく)することが必要(ひつよう)試験(しけん)学科(がっか)試験(しけん)実技(じつぎ)試験(しけん)からなり、気象(きしょう)(がく)はもちろん、実際(じっさい)天気(てんき)()短時間(たんじかん)正確(せいかく)()()能力(のうりょく)なども(ため)される。合格(ごうかく)するのは(むずか)しく、合格(ごうかく)(りつ)は5~10%程度(ていど)()われている。

在学(ざいがく)(ちゅう)国家(こっか)試験(しけん)対策(たいさく)

時間(じかん)とお(かね)余裕(よゆう)のある(ひと)は、在学(ざいがく)(ちゅう)一般財団法人(いっぱんざいだんほうじん)気象(きしょう)業務(ぎょうむ)支援(しえん)センターの「最新(さいしん)気象(きしょう)技術(ぎじゅつ)講習会(こうしゅうかい)」を受講(じゅこう)してみよう。通信(つうしん)教育(きょういく)もある。これは国家(こっか)試験(しけん)運営(うんえい)母体(ぼたい)実施(じっし)している講座(こうざ)で、通信(つうしん)教育(きょういく)コースもある。難関(なんかん)実技(じつぎ)試験(しけん)対策(たいさく)におすすめだ。

将来(しょうらい)はこうなる

きめ(こま)かい気象(きしょう)情報(じょうほう)(もと)めるニーズに(こた)え、起業(きぎょう)(みち)も!

気象庁(きしょうちょう)認可(にんか)()け、気象(きしょう)情報(じょうほう)()せる「予報(よほう)業務(ぎょうむ)許可(きょか)事業者(じぎょうしゃ)」は現在(げんざい)50(しゃ)をこえており、(かみなり)専門(せんもん)気象(きしょう)会社(がいしゃ)もできたくらいだ。CATVを(つう)じて提供(ていきょう)される、地域(ちいき)密着(みっちゃく)(がた)のピンポイント天気(てんき)予報(よほう)()えていくだろう。個人(こじん)対象(たいしょう)にインターネットで地域(ちいき)気象(きしょう)情報(じょうほう)提供(ていきょう)する仕事(しごと)可能性(かのうせい)(だい)。このように局地(きょくち)予報(よほう)のニーズはたくさんある。民間(みんかん)気象(きしょう)会社(がいしゃ)就職(しゅうしょく)し、経験(けいけん)()んだ(あと)、アイデア次第(しだい)では(みずか)らの会社(かいしゃ)起業(きぎょう)することも可能(かのう)だ。

データボックス

収入(しゅうにゅう)は?

職場(しょくば)によって様々(さまざま)気象庁(きしょうちょう)職員(しょくいん)なら国家(こっか)公務員(こうむいん)日本(にほん)気象(きしょう)協会(きょうかい)半官半民(はんかんはんみん)民間(みんかん)気象(きしょう)会社(がいしゃ)はそれぞれの会社(かいしゃ)職務(しょくむ)規定(きてい)による。お天気(てんき)キャスターはテレビ(きょく)所属(しょぞく)するか、フリーで契約(けいやく)するかで待遇(たいぐう)(こと)なる。ただし、この仕事(しごと)(かなら)ずしもサラリーマンで()わらず、独立(どくりつ)して会社(かいしゃ)設立(せつりつ)するという(みち)(ひら)けているから、才能(さいのう)努力(どりょく)次第(しだい)でぐんぐん収入(しゅうにゅう)()える可能性(かのうせい)もある。

休暇(きゅうか)は?

自然(しぜん)相手(あいて)なので、職場(しょくば)は24時間(じかん)体制(たいせい)。しかし、シフト(せい)をとっている職場(しょくば)(おお)く、比較的(ひかくてき)(やす)みは()れるようだ。ただし、台風(たいふう)接近(せっきん)()などはその(かぎ)りではない。

職場(しょくば)は?

気象庁(きしょうちょう)から認可(にんか)()けている民間(みんかん)気象(きしょう)会社(がいしゃ)就職(しゅうしょく)するのが一般的(いっぱんてき)日本(にほん)気象(きしょう)協会(きょうかい)気象庁(きしょうちょう)(はい)方法(ほうほう)も。フリーでテレビ(きょく)などと契約(けいやく)し、お天気(てんき)キャスターとして活躍(かつやく)する(みち)もある。

なるためチャート

仕事(しごと)のなり(かた)一目(ひとめ)でわかるチャートだよ!

PAGETOP