メニュー閉じる

獣医師

ペットの病気(びょうき)治療(ちりょう)だけが仕事(しごと)じゃない。畜産(ちくさん)指導(しどう)伝染病(でんせんびょう)対策(たいさく)品種(ひんしゅ)改良(かいりょう)など活躍(かつやく)舞台(ぶたい)幅広(はばひろ)い。

こんな(ひと)にピッタリ!

動物(どうぶつ)()きなのはもちろん、(すぐ)れた診療(しんりょう)技術(ぎじゅつ)(なに)よりも大切(たいせつ)。また、言葉(ことば)(はな)せない動物(どうぶつ)気持(きも)ちを(かん)()(するど)観察力(かんさつりょく)(つね)前向(まえむ)きに()()意欲(いよく)探求心(たんきゅうしん)、そしてハードワークに()える体力(たいりょく)必要(ひつよう)だ。

どんな仕事(しごと)

様々(さまざま)分野(ぶんや)活躍(かつやく)する獣医師(じゅういし)たち!

獣医師(じゅういし)といえば「動物(どうぶつ)病院(びょういん)先生(せんせい)」というイメージが(つよ)いが、これはほんの一部(いちぶ)(たと)えば公務(こうむ)(いん)として畜産(ちくさん)指導(しどう)動物(どうぶつ)防疫(ぼうえき)業務(ぎょうむ)伝染病(でんせんびょう)対策(たいさく))、品種(ひんしゅ)改良(かいりょう)研究(けんきゅう)をはじめ、中央(ちゅうおう)競馬会(けいばかい)獣医師(じゅういし)民間(みんかん)企業(きぎょう)での食品(しょくひん)衛生(えいせい)管理(かんり)仕事(しごと)まで、その活躍(かつやく)()幅広(はばひろ)い。最近(さいきん)では、医薬品(いやくひん)メーカーが研究(けんきゅう)(よう)動物(どうぶつ)飼育(しいく)管理(かんり)のために獣医師(じゅういし)採用(さいよう)するケースも()えている。

これがポイント!

まずは獣医(じゅうい)学科(がっか)のある大学(だいがく)入学(にゅうがく)

獣医師(じゅういし)になるには獣医師(じゅういし)国家(こっか)試験(しけん)合格(ごうかく)しなければならないが、その受験(じゅけん)資格(しかく)()るためには獣医(じゅうい)学科(がっか)のある大学(だいがく)入学(にゅうがく)する必要(ひつよう)がある。現在(げんざい)獣医(じゅうい)学科(がっか)のある大学(だいがく)国公立大(こっこうりつだい)11(こう)北海道(ほっかいどう)(だい)帯広(おびひろ)畜産大(ちくさんだい)岩手(いわて)(だい)東京(とうきょう)(だい)東京農工大(とうきょうのうこうだい)岐阜大(ぎふだい)鳥取(とっとり)(だい)山口大(やまぐちだい)宮崎(みやざき)(だい)鹿児島大(かごしまだい)大阪(おおさか)府立(ふりつ)(だい))、私立大(しりつだい)6(こう)酪農(らくのう)学園(がくえん)(だい)北里大(きたざとだい)日本(にほん)(だい)日本(にほん)獣医(じゅうい)生命(せいめい)科学(かがく)(だい)麻布(あざぶ)(だい)岡山理科(おかやまりか)(だい))となっている。

独立(どくりつ)開業(かいぎょう)は?

国家(こっか)試験(しけん)合格(ごうかく)しても2~3(ねん)臨床(りんしょう)経験(けいけん)診察(しんさつ)治療(ちりょう)にあたること)を()まなければ独立(どくりつ)開業(かいぎょう)することはできない。(うし)(ぶた)など産業(さんぎょう)動物(どうぶつ)関係(かんけい)は、農業(のうぎょう)共済(きょうさい)団体(だんたい)家畜(かちく)診療所(しんりょうじょ)などに勤務(きんむ)し、ペットなど(しょう)動物(どうぶつ)関係(かんけい)は、動物(どうぶつ)病院(びょういん)研修医(けんしゅうい)として経験(けいけん)()むのが一般的(いっぱんてき)だ。

将来(しょうらい)はこうなる

ペットの医療(いりょう)細分化(さいぶんか)時代(じだい)

基本的(きほんてき)にペットや家畜(かちく)病気(びょうき)全般的(ぜんぱんてき)()るのが獣医師(じゅういし)仕事(しごと)だったが、ペットの長寿(ちょうじゅ)()により、がんや生活(せいかつ)習慣(しゅうかん)(びょう)なども()えてきて、(こま)かな診察(しんさつ)()かせなくなっている。そのため、診療(しんりょう)分野(ぶんや)細分化(さいぶんか)されていきつつある。民間(みんかん)企業(きぎょう)であれば、就職(しゅうしょく)順調(じゅんちょう)にできるので、得意(とくい)分野(ぶんや)知識(ちしき)(ふか)め、技術(ぎじゅつ)をより(みが)いておけば、将来的(しょうらいてき)(こま)ることはなさそうだ。

データボックス

収入(しゅうにゅう)は?

公務(こうむ)(いん)農業(のうぎょう)共済(きょうさい)団体(だんたい)初任給(しょにんきゅう)はおおむね20(まん)(えん)前後(ぜんご)民間(みんかん)企業(きぎょう)場合(ばあい)初任給(しょにんきゅう)にバラツキがあるが、特別(とくべつ)手当(てあて)()けているところはないようだ。開業(かいぎょう)獣医師(じゅういし)場合(ばあい)診療(しんりょう)技術(ぎじゅつ)などによって収入(しゅうにゅう)(ひら)きがあるが、年収(ねんしゅう)1000~2000(まん)(えん)のところが(おお)い。

休暇(きゅうか)は?

(つと)める場合(ばあい)週休(しゅうきゅう)二日(ふつか)(せい)のところが(おお)いが休日(きゅうじつ)出勤(しゅっきん)もある。開業医(かいぎょうい)はまちまちで、急患(きゅうかん)があれば夜中(よなか)()こされることも。

職場(しょくば)は?

動物(どうぶつ)病院(びょういん)のほか、(くに)地方(ちほう)自治体(じちたい)研究(けんきゅう)検査(けんさ)機関(きかん)企業(きぎょう)研究所(けんきゅうじょ)動物(どうぶつ)(えん)水族館(すいぞくかん)競馬(けいば)(じょう)など。

なるためチャート

仕事(しごと)のなり(かた)一目(ひとめ)でわかるチャートだよ!

PAGETOP