樹木医

樹木など植物の病気を治療する“緑の医者”。造園・林業界から引く手あまたの人気職業も、合格率や約20%の狭き門

こんな人にピッタリ!

自然が好きで、植物や樹木に関心がある人。植物、虫、菌などの知識が豊富で、勉強することが好きな人。独立開業するためには、庭園や造園会社とのつながりも大事なため、人とのコミュニケーション能力も必要となる。

どんな仕事?

造園計画や街の緑化に一役買うことも

環境汚染や病害虫などによって弱くなった樹木を治療するのが、樹木医の主な仕事だ。また、宅地開発などで山を切り開く際に古木の移植を担当したり、街の造園計画や緑化計画に参画したりすることもある。治療だけでなく、病気の予防や保護・育成も行い、担当する樹木は巨木や街路樹、一般家庭の庭木まで幅広い。

これがポイント!

年間合格者は約120人

樹木医の資格試験を受けるには7年以上の実務経験が必要だ。まずは造園会社や大学の研究所などに就職して実務経験を積もう。また、樹木医試験は毎年の合格者数が約120人程度で合格率約20%の狭き門なので、一発で合格するのは難しい、と覚悟しておいたほうがいいだろう。

樹木医補から樹木医を目指す道も

樹木医制度の充実をはかるため、若い世代の樹木医を育てるために作られたのが樹木医補だ。大学で所定の科目を履修し、(財)日本緑化センターの認定を受けられると樹木医補の資格を得ることができる。樹木医補の資格を持っている場合は、1年以上の実務経験があれば、樹木医の試験を受けることができる。

将来はこうなる

環境問題で今後もニーズは増える

地球規模での温暖化や環境破壊などにより、環境への関心が高まりつつあるので、今後、樹木医の仕事はさらに増えていくと考えられる。ただし、それが即仕事につながるとは限らないので、地道な活動で仕事を増やしていったほうがいいだろう。造園会社などで仕事をしている場合は、資格を取ったことで仕事が増え、収入につながる可能性もある。

データボックス

収入は?

企業に勤務している場合は、その企業によって異なる。1本いくらという料金設定がないため、独立している場合は能力や仕事量によって収入は大きく変わる。

休暇は?

こちらも勤務している企業によって異なる。フリーの場合は、依頼のあった日は出勤となるため、土日や祝日勤務となる可能性は高い。

なるためチャート

仕事のなり方が一目でわかるチャートだよ!

PAGETOP