メニュー閉じる

フラワーデザイナー

フラワーデザイナー

ホテル、結婚式場、テレビ局のスタジオなどを、華やかに彩る花の演出家。感性を磨き、経験を積み重ねてフリーアーティストへの道をめざそう!

こんな人にピッタリ!

花が大好きというのが第一条件。美的センスに恵まれ、オリジナリティーのある人がふさわしい。また、お客が何を望んでいるかを理解する力も求められる。花屋が修業の場となるケースが多いので、接客能力とある程度の体力も必要。

どんな仕事?

フリーデザイナーへの道はかなり厳しい!?

ひとことで言えば、花や草木を使って、その場に合った飾り付けをする仕事。結婚式場、ホテル、レストラン、テレビ局のスタジオなど、人の集まる場所を季節の草花で美しく演出したり、花嫁のブーケや髪飾りを作ったりする。テレビ番組や雑誌のファッションページなどで活躍している人や、教室を開き、たくさんのお弟子さんを取っている人もいる。多くの場合、専門学校で勉強し、花屋の店員として数年修業後に独立という経路をたどるが、デザインの仕事だけで生活している人はそう多くない。ほかに、フラワーコーディネーター、フラワーデコレーター、フラワーアーティストなどと呼ばれることもある。

これがポイント!

まずは、日常的に花に親しむこと。和の華道に対して、洋のフラワーデザインは、比較的新しい職業だ。通常は専門学校で必要な知識や技術を学ぶことになる。資格は必ず必要というものではないが、取ったほうが実力の証明になる。民間資格で最もポピュラーがあるのは日本フラワーデザイナー協会(NFD)の検定資格。ほかに、フラワーデコレーター協会(FDA)の検定資格、国家検定である「フラワー装飾技能検定」もある。

将来はこうなる

他業種からも参入! フラワー産業の将来はバラ色

最近は、花のデザインを手がける花屋が増えてきたので、活動の場は広がりつつある。ホテルのロビーやパーティー会場の装飾を手がけるディスプレー会社に就職し、キャリアを積み専門学校の講師として活躍、という道もある。他業種の大手企業も続々とフラワー産業に参入してきている。今後は業界全体がさらに活性化していくだろう。

データボックス

収入は?

フリーの場合、1回のアレンジ代は2〜3万円から数百万円までと、大きな幅がある。当然、一流になればなるほど1件あたりのギャラは高くなるが、収入は不安定。花屋やディスプレー会社などに所属すれば、定収入が得られるが、ドカンと稼ぐことはできない。

休暇は?

フリーのデザイナーは、依頼主のスケジュールに合わせて仕事を進めるので、その合間をぬって休みを取ることになる。花屋勤務の場合、多くは定休日が決まっているが、母の日などにぶつかった場合、変更されることもある。

職場は?

おもに花屋。ディスプレー会社に就職した場合は、結婚式場やパーティー会場など、会場となる場に出向いて、現場で仕事をすることになる。

なるためチャート

仕事のなり方が一目でわかるチャートだよ!

PAGETOP