林業

日本の国土の約7割をしめる森林を管理し、育てた木を切り、木材資源として生産する。

こんな人にピッタリ!

体力に自信のある人。自然が好きな人。

どんな仕事?

木を切り、森林を育て、管理する

木材にするスギやヒノキを切りたおし、その土地にまた新しく木を植えて育てるのが仕事だ。木は、木材にできる大きさになるのに約50年かかる。その間、周囲に生える草をかったり、余分なえだを切ったりと手入れが欠かせない。切った木は、山のふもとまでロープや滑車(かっしゃ)を使って運び、ショベルカーやクレーンなどで、トラックに積みこむ。木を切る作業は急な山のしゃ面で行うため、肉体的にハードな労働といえる。

これがポイント!

林業科のある高校や大学に進学する

とくに林業につくために資格(しかく)は問われないが、チェーンソーやショベルカーをあつかうための資格は、仕事で必要になってくる。林業科のある高校や大学では、木が育つまでの知識(ちしき)やチェーンソーを使った木の切り方などを学ぶことができる。

林業にたずさわる人を育成する講習会(こうしゅうかい)もある

高校の普通科(ふつうか)や大学を出た人、今とはちがった仕事をしたいと考えている人向けに、若手を育てるための講習会(こうしゅうかい)を開いている森林関係の事業体もある。また、森林組合から仕事を受けている会社もあるので、そこから就職(しゅうしょく)する方法も。体力に自信のある人はこの道に進んでみてはどうだろう。

将来はこうなる

再生(さいせい)できる資源(しげん)を育てる有望な仕事

日本は世界有数の森林が多い国。しかし、林業をしている人の高齢化(こうれいか)と人手不足で、山の手入れが行きとどいていないのが現状だ。木は石油やガスとちがって、植えれば育つ再生(さいせい)できる資源(しげん)だ。環境問題(かんきょうもんだい)が注目されていることもあり、これからさらに必要とされる仕事といえるだろう。

データボックス

収入は?

月収18万円くらい。

休暇は?

週休1日くらい。会社内のカレンダーによって休日が決まることも。

職場は?

国、都道府県や市町村の林業担当部署(たんとうぶしょ)、森林組合や林業を事業としている会社など。

なるためチャート

仕事のなり方が一目でわかるチャートだよ!

PAGETOP