メニュー閉じる

動物看護師

動物(どうぶつ)専門(せんもん)知識(ちしき)()かして、獣医師(じゅういし)仕事(しごと)手伝(てつだ)ったり、入院(にゅういん)している動物(どうぶつ)世話(せわ)をしたりする。動物(どうぶつ)看護士(かんごし)動物(どうぶつ)衛生(えいせい)看護(かんご)()()ばれる場合(ばあい)もある。

こんな(ひと)にピッタリ!

動物(どうぶつ)()き。(ひと)(はな)すのが()き。体力(たいりょく)自信(じしん)がある。

どんな仕事(しごと)

動物(どうぶつ)病院(びょういん)動物(どうぶつ)医療(いりょう)にたずさわる

動物(どうぶつ)看護(かんご)()は、獣医師(じゅういし)のサポート(やく)として、病気(びょうき)やケガをした動物(どうぶつ)診察(しんさつ)手術(しゅじゅつ)()()ったり、検査(けんさ)治療(ちりょう)(ちゅう)のペットのケアなどを(おこな)うのが仕事(しごと)だ。動物(どうぶつ)病気(びょうき)やケガで病院(びょういん)(はこ)ばれてきた(とき)に、()(ぬし)から(はなし)()いたり、動物(どうぶつ)生活(せいかつ)習慣(しゅうかん)などのアドバイスをしたりするのも重要(じゅうよう)仕事(しごと)(ひと)つ。動物(どうぶつ)だけでなく、()(ぬし)心配(こころくば)りをすることも大切(たいせつ)だ。動物(どうぶつ)病気(びょうき)やケガが(なお)って、()(ぬし)(よろこ)んでいる姿(すがた)や、()(ぬし)動物(どうぶつ)との(つよ)いきずなが()えた(とき)が、この仕事(しごと)をしていてうれしいと(かん)じられる瞬間(しゅんかん)だ。

これがポイント!

動物(どうぶつ)看護(かんご)()認定(にんてい)資格(しかく)()

日本(にほん)では、動物(どうぶつ)看護(かんご)()(かん)する国家(こっか)資格(しかく)公的(こうてき)資格(しかく)はない。しかし、AHT アニマル・ヘルス・テクニシャン認定(にんてい)日本(にほん)動物(どうぶつ)衛生(えいせい)看護(かんご)()協会(きょうかい))やJAHA認定(にんてい)動物(どうぶつ)看護士(かんごし)認定(にんてい)制度(せいど)日本(にほん)動物(どうぶつ)病院(びょういん)福祉(ふくし)協会(きょうかい))、動物(どうぶつ)看護(かんご)()資格(しかく)認定(にんてい)試験(しけん)日本(にほん)(しょう)動物(どうぶつ)(じゅう)医師会(いしかい))などの認定(にんてい)資格(しかく)がある。これらを()っていないと仕事(しごと)ができないわけではないが、ある程度(ていど)知識(ちしき)信頼(しんらい)できる技術(ぎじゅつ)()っている(ひと)をとりたい動物(どうぶつ)病院(びょういん)()えている。認定(にんてい)資格(しかく)()っていた(ほう)就職(しゅうしょく)には有利(ゆうり)()えるだろう。

大学(だいがく)専門(せんもん)学校(がっこう)などで知識(ちしき)技術(ぎじゅつ)(まな)

動物(どうぶつ)看護(かんご)()資格(しかく)()るには、動物(どうぶつ)やペット関連(かんれん)専門(せんもん)学校(がっこう)進学(しんがく)するのが一般的(いっぱんてき)だ。専門(せんもん)学校(がっこう)によって、卒業(そつぎょう)(とき)受験(じゅけん)できる認定(にんてい)資格(しかく)がちがってくる。専門(せんもん)学校(がっこう)(えら)ぶときには、どの協会(きょうかい)団体(だんたい)の、どんな資格(しかく)()れるのかを(たし)かめておいた(ほう)()いだろう。また、専門(せんもん)学校(がっこう)卒業(そつぎょう)しなくても、認定(にんてい)試験(しけん)()けることはできる。動物(どうぶつ)病院(びょういん)(はたら)きながら(まな)び、ある程度(ていど)経験(けいけん)()めば受験(じゅけん)することができる。

将来(しょうらい)はこうなる

動物(どうぶつ)看護(かんご)()役割(やくわり)はどんどん()えていく

動物(どうぶつ)看護(かんご)()職業(しょくぎょう)として(みと)められたのは、最近(さいきん)のこと。近年(きんねん)、ペットを()(ひと)()え、動物(どうぶつ)看護(かんご)()必要性(ひつようせい)(たか)まってきたからだ。そこで、動物(どうぶつ)看護(かんご)()としての知識(ちしき)技術(ぎじゅつ)向上(こうじょう)(はたら)きやすい環境(かんきょう)をつくるために、公的(こうてき)資格(しかく)現在(げんざい)(もと)められてきている。また、動物(どうぶつ)医療(いりょう)進歩(しんぽ)でペットの高齢化(こうれいか)(すす)んでいる。介護(かいご)適切(てきせつ)なアドバイスや家族(かぞく)一員(いちいん)であるペットを()くした(とき)()(ぬし)(こころ)のケアも大切(たいせつ)役目(やくめ)だ。これからますます動物(どうぶつ)看護(かんご)()役割(やくわり)重要(じゅうよう)になってくるだろう。

データボックス

収入(しゅうにゅう)は?

月収(げっしゅう)は15(まん)(えん)前後(ぜんご)で、(たか)くて20(まん)(えん)くらい。(つと)める動物(どうぶつ)病院(びょういん)勤務(きんむ)方法(ほうほう)勤務(きんむ)経験(けいけん)によって、かなり収入(しゅうにゅう)(はば)があるようだ。

休暇(きゅうか)は?

(つき)7~8(にち)くらい。

職場(しょくば)は?

動物(どうぶつ)病院(びょういん)、ペットショップなど。

なるためチャート

仕事(しごと)のなり(かた)一目(ひとめ)でわかるチャートだよ!

PAGETOP