メニュー閉じる

動物看護師

動物のせんもん知しきを活かして、獣医師(じゅういし)の仕事を手伝ったり、入院している動物の世話をする。動物看護士(どうぶつかんごし)や動物衛生看護師(どうぶつえいせいかんごし)という場合もある。

こんな人にピッタリ!

動物が好き。人と話すのが好き。体力に自信がある。

どんな仕事?

動物病院で動物医療(どうぶついりょう)にたずさわる

動物看護師(どうぶつかんごし)は、獣医師(じゅういし)のサポート役として、病気やケガをした動物のしんさつや手じゅつに立ち合ったり、けんさや治りょう中のペットのケアなどを行うのが仕事だ。 動物が病気やケガで病院に運ばれてきたときに、飼い主(かいぬし)から話を聞いたり、動物の生活習かんなどのアドバイスをするのも重要な仕事のひとつ。動物だけでなく、飼い主へ心配りをすることも大切だ。動物の病気やケガがなおって、飼い主が喜んでいる姿や、飼い主と動物との強いきずなが見えたときが、この仕事をしていてうれしいと感じられるしゅんかんだ。

これがポイント!

動物看護師(どうぶつかんごし)の認定資格(にんていしかく)をとる

日本では、動物看護師(どうぶつかんごし)にかんする国家資格(しかく)や公的資格(しかく)はない。しかし、AHT アニマル・ヘルス・テクニシャン認定(日本動物衛生看護師協会)やJAHA認定動物看護士認定制度(日本動物病院福祉協会)、動物看護師資格認定試験(日本小動物獣医師会)などの認定資格がある。これらをもっていないと仕事ができないわけではないが、ある程度の知しきやしんらいできる技術(ぎじゅつ)をもっている人をとりたい動物病院はふえている。認定資格(にんていしかく)をもっていたほうがしゅうしょくには有利といえるだろう。

大学やせんもん学校などで知識や技術を学ぶ

動物看護師(どうぶつかんごし)の資格(しかく)をとるには、動物やペット関連のせんもん学校に進学するのいっぱん的だ。せんもん学校によって、そつぎょうのときに受験できる認定資格(にんていしかく)がちがってくる。せんもん学校をえらぶときには、どの協会や団体の、どんな資格をとれるのかをたしかめておいたほうがいいだろう。また、せんもん学校をそつぎょうしなくても、認定試験(にんていしけん)をうけることはできる。動物病院ではたらきながら学び、あるていど経験(けいけん)をつめば受験することができる。

将来はこうなる

動物看護師(どうぶつかんごし)の役割はどんどんふえていく

動物看護師(どうぶつかんごし)がしょくぎょうとしてみとめられたのは、最近のこと。近年、ペットを飼(か)う人がふえ、動物看護師の必要性が高まってきたからだ。そこで、動物看護師としての知しきや技術(ぎじゅつ)の向上、はたらきやすいかんきょうをつくるために、公的な資格(しかく)がげんざいもとめられてきている。また、動物医りょうの進歩でペットの高れい化が進んでいる。かいごのてきせつなアドバイスや家族の一員であるペットをなくしたときの飼い主の心のケアも大切な役目だ。これからますます動物看護師の役割は重要になってくるだろう。

データボックス

収入は?

月収は15万円前後で、高くて20万円くらい。つとめる動物病院やきんむ方法、きんむ経験(けいけん)によって、かなり収入のはばがあるようだ。

休暇は?

月7~8日くらい。

職場は?

動物病院、ペットショップなど。

なるためチャート

仕事のなり方が一目でわかるチャートだよ!

PAGETOP