メニュー閉じる

農業家

農地で作物などを育てて売り、生計を立てている人。水田で米をつくる稲作農家(いなさくのうか)、野菜や果物、花などをつくる農家、食肉用の牛やぶた、にわとりなどを飼育する畜産農家(ちくさんのうか)がある。

こんな人にピッタリ!

正直な人。きちょうめんな人。

どんな仕事?

農作物をつくり、消費者にはんばいする

田んぼや畑をたがやし、米や野菜をつくったり、果樹園(かじゅえん)でくだものを栽培(さいばい)したり、家畜(かちく)を飼って肉や乳製品(にゅうせいひん)、たまごなどの食物を生産するのが仕事だ。また、花を育てる園芸農家もある。それらをまとめて農業家という。農業は天気や伝染病(でんせんびょう)などに大きく左右されるため、毎年同じ量を生産するのがむずかしい。しかし、丹精(たんせい)こめて生産したものを、たくさんの人においしく食べてもらえることは、大きなやりがいになる。

これがポイント!

家の農地をつぐか、農業研修(けんしゅう)を受けて土地をかりる

いっぱん的に、家族の農地を引きついで、農業家になるケースが多いようだ。農業家になるには農地が必要なため、家族が代々農業家でない場合は、農地を借りたり買ったりしなければならない。国や地方自治体では、新しく農業をはじめたい人向けの研修や、資金援助(しきんえんじょ)を行っている。まったく土にさわったことがない人でも、やる気と熱意さえあれば、農業家になることは可能なのだ。

農家で働いて、農業にかんする技術や知識をえる

農家が、研修生(けんしゅうせい)や従業員(じゅうぎょういん)をぼしゅうしていることがある。そこで働きながら、農業に必要な技術や販売能力(はんばいのうりょく)などを身につけることが、農業家としての独立につながる。できるだけ早く農業について学びたい人は、農業高校を選ぶこともある。農業大学や農学部に進学して、さらに詳しく研究をするのもよい。学んだ知識は、農業についたときに役立つはずだ。大学などで学んだ人の中には、各県にある農業試験場で、せんもんの研究をつづける人もいる。

将来はこうなる

安心して食べられる農作物をつくる

農業の国際化が進むなかで、日本の主な農作物の価格が下がることで農業家の収入がへったり、働き手の高齢化(こうれいか)が進み、農業につく人が少なくなるという問題がおきている。今後、いかに日本の農業家が安心して食べられる農作物をつくり、売ることができるか。その関心がさらに高まるものと考えられる。そのため、安全な農業として無農薬(むのうやく)のさいばいを目指す人がふえていくだろう。

データボックス

収入は?

年収は100~400万円くらい。

休暇は?

場所によってちがうが、市場が休みの前日は休日になることが多い。また、にわとりやぶたを育てる畜産農家は、えさやりがあるため基本的に休みはないが、同業者で助け合って休んだりしている。米を育てる広い農地を持つ人なら、田植えやいね刈りなどでいそがしい5月と9月は休みがない。

職場は?

農地、水田など。

なるためチャート

仕事のなり方が一目でわかるチャートだよ!

PAGETOP