メニュー閉じる

漁師

海に出て魚をとり、生計を立てている人。ときとして人間に対してきばをむく大自然の、大海原が仕事場だ。 

こんな人にピッタリ!

自然が好きで、体力のある人。船の上では漁師同士のつきあいもあるため、コミュニケーションがきちんと取れる人。

どんな仕事?

魚をとり、市場などではんばいする

海で魚をとり、とった魚を市場などで売って収入をえるのが仕事だ。漁師の仕事形態には、「えんがん漁業」と「おきあい漁業」と「遠洋漁業」の3つに分けられる。小さな船で、海岸近くで日帰りの漁をしたり、魚のほかに貝や海草などをとるのが「えんがん漁業」である。「おきあい漁業」は、中くらいの船で1週間から2週間くらいかけて日本近海で漁を行う。「遠洋漁業」は、大きな船で何か月もかけて世界の海で魚をとる。天候や魚の動きによってはまったくしゅうかくがないこともあるが、とれた分だけ自分の収入につながるため、やりがいの大きい仕事とも言える。

これがポイント!

水産科、漁業科などのある高校や大学で学ぶ

漁師になるには、とくに資格は必要ない。水産高校や海洋高校、水産科のある高校、大学などで漁業に関するさまざまな知識をえておくと、漁師になったときにその知識が役に立つ。

漁業協同組合や就職情報誌(しゅうしょくじょほうし)で情報を集める

全国各地の漁業協同組合や、就職情報誌などで漁師をぼしゅうすることもある。気になる会社に電話をかけてみるのもいいだろう。全国漁業就業者確保育成(ぜんこくぎょぎょうしゅうぎょうしゃかくほいくせい)センターでは、就業フェアや講習会も行われている。また、えんがん漁業がやりたければ、希望する地域の漁協に、おきあい漁業や遠洋漁業をしたいなら、漁業会社や船主に直接といあわせてみよう。そこで漁師になるテストを受けさせてもらえることもある。

キャリアアップのためには、船に関する免許(めんきょ)が必要

将来、キャリアアップしたければ、船に関する免許を取ろう。えんがん漁業の場合は、小型せんぱくそうじゅう免許と海上とくしゅ無線技士の1~3級を持っていると、自分で船を動かし、漁に出ることができるようになる。海洋漁業の場合、船長を目指すなら、海技士の資格が必要になる。海技士には船を動かすための「航海」と、機関部や機器の修理ができる「機関」などがある。こまかく級が分かれていて、各級ごとに受験に必要となる実務経験の年数はちがってくる。

将来はこうなる

漁師を取り巻くかんきょうはきびしい

漁業は、海が時化(しけ)たり、魚の病気が流行したりすると、とれる量が変動するため、必ずしももうかるとはかぎらない。さらに近年では無計画な漁をする人たちによって、人気のある魚の数が減りつつあり、漁師の仕事はきびしくなっている。しかし、魚や海の研究が進み、技術が向上するのにともなって、人工的に飼育・はんしょくできないと言われていた魚(クロマグロなど)を育てることも可能になってきている。漁で魚がとれづらくなったとしても、漁師がそのような分野で活やくするケースも出てくるだろう。

データボックス

収入は?

平均年収は200万円くらい。名人級の漁師では何千万円もかせぐ人もいるようだ。

休暇は?

海があれていて漁に出られない場合は、強制的に休みになってしまう。それ以外は、漁の形態や時期によってまちまちだ。

職場は?

漁業会社。大きな船の乗組員になったり、個人経営の漁師に弟子入りする方法もある。

なるためチャート

仕事のなり方が一目でわかるチャートだよ!

PAGETOP