メニュー閉じる

花火師

夜空(よぞら)をはなやかにいろどる花火(はなび)(つく)り、花火(はなび)大会(たいかい)などで()()げる。花火(はなび)のシーズンである夏場(なつば)はとてもいそがしい。

こんな(ひと)にピッタリ!

責任感(せきにんかん)がある(ひと)体力(たいりょく)自信(じしん)がある(ひと)研究心(けんきゅうしん)旺盛(おうせい)(ひと)

どんな仕事(しごと)

(なつ)風物詩(ふうぶつし)花火(はなび)()()げに(かか)わる

花火(はなび)()花火(はなび)(つく)り、()()げ、花火(はなび)大会(たいかい)運営(うんえい)(おこな)職人(しょくにん)だ。(あき)から(はる)にかけて地道(じみち)花火(はなび)(づく)りを(おこな)い、夏場(なつば)(ひら)かれる花火(はなび)大会(たいかい)()けて準備(じゅんび)(おこな)う。なお、花火(はなび)(むかし)ながらに手作業(てさぎょう)(ひと)(ひと)(つく)られる。花火(はなび)()として一人(いちにん)(まえ)になるためには、10(ねん)以上(いじょう)修行(しゅぎょう)必要(ひつよう)()われる(きび)しい世界(せかい)なのだ。花火(はなび)(づく)りは多量(たりょう)火薬(かやく)をあつかう危険(きけん)作業(さぎょう)のため、(つね)緊張(きんちょう)(かん)()って仕事(しごと)(おこな)わなければならない。ただし、()()げに(かん)しては、コンピューターを使(つか)って(おこな)うことが()えてきたため、(おお)きな事故(じこ)()ってきている。

これがポイント!

花火(はなび)会社(がいしゃ)弟子入(でしい)りする

花火(はなび)()になるためには、花火(はなび)会社(かいしゃ)(はい)って知識(ちしき)技術(ぎじゅつ)(まな)ぶことになる。しかし、花火(はなび)会社(がいしゃ)家業(かぎょう)として(いとな)んでいる(ちい)さな会社(かいしゃ)(おお)いため、一般的(いっぱんてき)募集(ぼしゅう)されることはほとんどない。自分(じぶん)から花火(はなび)会社(がいしゃ)直接(ちょくせつ)()()わせてあたってみるしかないのだ。入社(にゅうしゃ)()修行(しゅぎょう)()み、花火(はなび)()として(みと)められれば、()()げに必要(ひつよう)な「煙火(えんか)消費(しょうひ)保安(ほあん)手帳(てちょう)」という資格(しかく)()ることができる。ちなみにこの資格(しかく)花火(はなび)関係者(かんけいしゃ)しか()ることができない。花火(はなび)会社(がいしゃ)日本(にほん)に130(しゃ)くらいあり、花火(はなび)(つく)るところから()()げまでをうけおう会社(かいしゃ)と、よそに花火(はなび)(つく)ってもらい()()げだけをうけおう会社(かいしゃ)とがある。

夏場(なつば)だけ手伝(てつだ)花火(はなび)職人(しょくにん)になる

夏場(なつば)花火(はなび)()(ねこ)()()りたいくらいいそがしい。しかし、ほかの季節(きせつ)はそれほどいそがしくないため、人手(ひとで)必要(ひつよう)なときだけ()()げを手伝(てつだ)花火(はなび)職人(しょくにん)もいる。こうした花火(はなび)職人(しょくにん)建設(けんせつ)作業(さぎょう)(いん)工事(こうじ)現場(げんば)(はたら)いた経験(けいけん)がある(ひと)たちばかり。危険(きけん)がともなう作業(さぎょう)のため、花火(はなび)()()げるためにある程度(ていど)技量(ぎりょう)経験(けいけん)(もと)められるからだ。もちろんチームワークも大切(たいせつ)のため、長年(ながねん)にわたって気心(きごころ)技量(ぎりょう)()れた作業(さぎょう)(いん)にお(ねが)いしていることが(おお)い。花火(はなび)(かか)わる建設(けんせつ)会社(がいしゃ)仕事(しごと)して、そこから経験(けいけん)とコネを(つく)って花火(はなび)()になれることもたまにあるようだ。

将来(しょうらい)はこうなる

花火(はなび)芸術作品(げいじゅつさくひん)としてプロデュース!

日本(にほん)花火(はなび)夏場(なつば)花火(はなび)大会(たいかい)中心(ちゅうしん)だが、(はる)(あき)(おこな)われる運動会(うんどうかい)学園(がくえん)(さい)結婚(けっこん)(しき)などでも()()げることが()えている。花火(はなび)のニーズはどんどん(おお)きくなっており、ただ()()げるだけでなく、夜空(よぞら)をいろどるショーとして(たの)しむようになってきているからだ。そのため、花火(はなび)()花火(はなび)制作(せいさく)()()げだけではなく、「いかに観客(かんきゃく)(たの)しませるか?」というプロデューサー(てき)仕事(しごと)大切(たいせつ)になりつつある。花火(はなび)(づく)りの技量(ぎりょう)はもちろん、花火(はなび)芸術作品(げいじゅつさくひん)として演出(えんしゅつ)するセンスもより(もと)められてくるだろう。

データボックス

収入(しゅうにゅう)は?

花火(はなび)会社(がいしゃ)によって収入(しゅうにゅう)はまちまちだが、とある花火(はなび)会社(がいしゃ)月収(げっしゅう)は15(まん)(えん)くらい。

休暇(きゅうか)は?

会社(かいしゃ)によってちがってくるが、比較(ひかく)(てき)時間(じかん)がある(あき)から(はる)にかけては(つき)に6日間(にちかん)くらい(やす)みがある。しかし、(なつ)になると花火(はなび)大会(たいかい)準備(じゅんび)(やす)みが()ったり残業(ざんぎょう)()える。

職場(しょくば)は?

日本(にほん)全国(ぜんこく)(かわ)(うみ)(みずうみ)など。

なるためチャート

仕事(しごと)のなり(かた)一目(ひとめ)でわかるチャートだよ!

PAGETOP