メニュー閉じる

イルカの調教師

イルカの調教師

水族館(すいぞくかん)などでイルカを飼育(しいく)し、(げい)(おし)えてショーに()て、イルカと人間(にんげん)がふれ()える環境(かんきょう)(つく)るのが役目(やくめ)。イルカにくわしいだけでなく、水生(すいせい)生物(せいぶつ)についてのはば(ひろ)知識(ちしき)必要(ひつよう)だ。ドルフィントレーナー、イルカ訓練士(くんれんし)などとも()ばれる。

こんな(ひと)にピッタリ!

目標(もくひょう)()かって()(すす)(ひと)正直(しょうじき)(ひと)(ひと)面倒(めんどう)()るのが()きな(ひと)

どんな仕事(しごと)

イルカの飼育(しいく)調教(ちょうきょう)(おこな)い、イルカショーに()

水族館(すいぞくかん)やマリンパークなどでイルカを飼育(しいく)しながら調教(ちょうきょう)して、ショーを(おこな)うのが仕事(しごと)だ。イルカの体調(たいちょう)管理(かんり)やトレーニング方法(ほうほう)といった知識(ちしき)はもちろん、イルカについて(たの)しく解説(かいせつ)する技術(ぎじゅつ)や、来園者(らいえんしゃ)をわくわくさせるショーのプログラムを(かんが)えるなど、専門(せんもん)知識(ちしき)(もと)められる。()(もの)相手(あいて)のため、毎日(まいにち)プールや飼育(しいく)(じょう)のそうじといった体力(たいりょく)仕事(しごと)()かせない。イルカを調教(ちょうきょう)しながら、イルカのことを研究(けんきゅう)することも可能(かのう)なため、イルカが()きな(ひと)にとってやりがいの(おお)きい仕事(しごと)だ。

これがポイント!

大学(だいがく)専門(せんもん)学校(がっこう)でイルカなどの水生(すいせい)生物(せいぶつ)について(まな)

イルカの調教師(ちょうきょうし)になるには、(とく)資格(しかく)必要(ひつよう)ない。ただし、水中(すいちゅう)()らすイルカなどの生物(せいぶつ)についての(ふか)知識(ちしき)(もと)められるため、大学(だいがく)水産(すいさん)学部(がくぶ)海洋(かいよう)学部(がくぶ)、もしくは動物(どうぶつ)分野(ぶんや)専門(せんもん)学校(がっこう)(まな)び、水族館(すいぞくかん)やマリンパークなどに採用(さいよう)されるのが主流(しゅりゅう)だ。プールや水槽(すいそう)仕事(しごと)をするときに必要(ひつよう)なダイビングの免許(めんきょ)潜水士(せんすいし)獣医師(じゅういし)学芸員(がくげいいん)などの資格(しかく)()っていると()かすことができる。とても人気(にんき)のある仕事(しごと)求人(きゅうじん)(すく)ないため、情報(じょうほう)をこまめに(あつ)めるのが()けつ。(うん)よく水族館(すいぞくかん)(はい)れたとしても、イルカの担当(たんとう)になるには時間(じかん)がかかる覚悟(かくご)必要(ひつよう)だ。なお、公立(こうりつ)水族館(すいぞくかん)場合(ばあい)公務員(こうむいん)試験(しけん)()けて合格(ごうかく)する必要(ひつよう)がある。

将来(しょうらい)はこうなる

来園者(らいえんしゃ)にイルカを()ってもらう努力(どりょく)必要(ひつよう)

近年(きんねん)は、イルカショーのほかにもイルカと人間(にんげん)とが自然(しぜん)状態(じょうたい)でふれ()えるような水族館(すいぞくかん)やマリンパークが()えてきた。少子化(しょうしか)などで水族館(すいぞくかん)(おとず)れる(ひと)(かず)()(なか)、どの施設(しせつ)もイルカショーに工夫(くふう)をこらし、個性(こせい)()()そうと努力(どりょく)している。来園者(らいえんしゃ)にイルカの魅力(みりょく)をより()ってもらうための努力(どりょく)気配(きくば)りをおしまない、イルカの調教師(ちょうきょうし)今後(こんご)(もと)められてくるだろう。

データボックス

収入(しゅうにゅう)は?

(つと)める場所(ばしょ)や、やとわれ(かた)などによってちがってくるが、月収(げっしゅう)17(まん)(えん)くらいからだ。

休暇(きゅうか)は?

冬場(ふゆば)はひまなため、(つき)に8(にち)以上(いじょう)休日(きゅうじつ)()れるが、夏場(なつば)来園者(らいえんしゃ)(おお)(おとず)れるため、とてもいそがしくなる(ぶん)休日(きゅうじつ)(すく)なくなる。

職場(しょくば)は?

水族館(すいぞくかん)やマリンパークなど。

なるためチャート

仕事(しごと)のなり(かた)一目(ひとめ)でわかるチャートだよ!

PAGETOP