メニュー閉じる

イルカの調教師

イルカの調教師

水族館などでイルカを飼育し、芸を教えてショーに出て、イルカと人間がふれあえるかんきょうを作るのが役目。イルカにくわしいだけでなく、水生生物についてのはば広い知しきが必要だ。ドルフィントレーナー、イルカ訓練士などともよばれる。

こんな人にピッタリ!

目標にむかってつき進む人。正直な人。人のめんどうを見るのが好きな人。

どんな仕事?

イルカの飼育と調教を行い、イルカショーに出る

水族館やマリンパークなどでイルカを飼育しながら調教して、ショーを行うのがの仕事だ。イルカの体調管理やトレーニング方法といった知しきはもちろん、イルカについて楽しく解説する技術や、来園者をわくわくさせるショーのプログラムを考えるなど、せんもん知しきがもとめられる。生き物が相手のため、毎日プールや飼育場のそうじといった体力仕事も欠かせない。イルカを調教しながら、イルカのことを研究することも可能なため、イルカが好きな人にとってやりがいの大きい仕事だ。

これがポイント!

大学やせんもん学校でイルカなどの水生生物について学ぶ

イルカの調教師になるには、とくに資格は必要ない。ただし、水中でくらすイルカなどの生物についての深い知しきがもとめられるため、大学の水産学部や海洋学部、もしくは動物分野のせんもん学校で学び、水族館やマリンパークなどにさいようされるのが主流だ。プールや水そうで仕事をするときに必要なダイビングのめんきょ、潜水士(せんすいし)、獣医師(じゅういし)、学芸員などの資格を持っていると活かすことができる。とても人気のある仕事で求人も少ないため、じょうほうをこまめに集めるのがひけつ。運よく水族館に入れたとしても、イルカの担当になるには時間がかかるかくごも必要だ。なお、公立の水族館の場合、公務員試験を受けて合格する必要がある。

将来はこうなる

来園者にイルカを知ってもらう努力が必要

近年は、イルカショーのほかにもイルカと人間とが自然なじょうたいでふれあえるような水族館やマリンパークがふえてきた。少子化などで水族館をおとずれる人の数がへるなか、どのしせつもイルカショーに工夫をこらし、個性を打ち出そうと努力している。来園者にイルカのみりょくをより知ってもらうための努力や気配りをおしまない、イルカの調教師が今後もとめられてくるだろう。

データボックス

収入は?

つとめる場所ややとわれ方などによってちがってくるが、月収17万円くらいからだ。

休暇は?

冬場はひまなため、月に8日以上休日が取れるが、夏場は来園者が多くおとずれるため、とてもいそがしくなるぶん休日が少なくなる。

職場は?

水族館やマリンパークなど。

なるためチャート

仕事のなり方が一目でわかるチャートだよ!

PAGETOP