メニュー閉じる

動物飼育員

動物園や水族館などで飼育している動物の世話をする。入園者に動物について知ってもらうために、解説をしたりてんじの工夫もする。

こんな人にピッタリ!

正直である。人のめんどうをみるのが好き。

どんな仕事?

動物の世話をして、入園者に解説する

動物園や水族館などで飼育されている動物のえさやりやけんこう管理などを毎日行うのが仕事だ。飼育小屋のしゅうり、点けん、入園者への説明、動物の調教、てんじ場のそうじ、飼育日誌をつけるなど、仕事内容は多い。動物は人間の言葉をしゃべることができないため、動きや歩き方、毛づやなどから動物の心を読み取り、おかしいところがないか気づいてあげなくてはならない。また、動物園はぜつめつが心配されている動物の数をふやす役わりもあるため、動物飼育員は動物に赤ちゃんを産ませることも大切な仕事の一つだ。出産や病気のときは、夜中までつきそうこともある。仕事中はほぼ立ちっぱなしで力仕事も多く、かなりの体力のいる仕事だが、めずらしい動物を身近で世話できるみりょくがある。

これがポイント!

動物に関する知しきを学び、欠員ぼしゅうのチャンスをつかむ

動物飼育員になるにはとくに資格は必要ない。動物園か水族館につとめることができれば飼育員になることができる。しかし、欠員が出たときにしかぼしゅうされないため、とてもせまき門だ。すぐにぼしゅうが見つからなくてもあきらめず、じょうほうを集めてチャンスをつかむことが大切だ。まずはちく産系の学部や動物関係のせんもん学校で学び、動物に関するせんもん的な知しきを身につけておこう。ちなみに公立の動物園・水族館に入るためには、地方公務員試験に合格しなければならない。獣医師(じゅういし)、潜水士(せんすいし)やダイビング、学芸員の資格を取っておくとしゅうしょく活動で有利になる。

将来はこうなる

動物を身近に感じられる新たなてんじを目指す

日本には動物園がおよそ95くらいある。少し前の動物園は、おりの中にいる動物たちを遠くからながめるものだったが、最近ではどんどん様変わりしている。できるだけ動物に近づきたい、自然界でどんなふうに動物たちが行動しているのか見たい、そんな声が高まっているからだ。全国の動物園は、入園者をよぶためにいっしょうけんめい知恵をしぼっている。動物飼育員には、動物の見せ方を工夫したり、入園者が動物とふれあえるチャンスをふやしたりするために、さまざまなアイディアを出していくことももとめられていくだろう。

データボックス

収入は?

月収は大卒で17万円くらいからだ。

休暇は?

週休2日制。休む曜日は人によってちがう。生き物が相手のため、おぼんや年末年始は時期をずらして交代で取る。

職場は?

動物園、水族館、サファリパークなど。

なるためチャート

仕事のなり方が一目でわかるチャートだよ!

PAGETOP