メニュー閉じる

ちく産技術者

ちく産技術者

家ちくをよりよい品種に改良したり、飼育方法、エサの生産ぎじゅつの研究開発や実験に取り組み、その成果をちく産農家に指導して広める。

こんな人にピッタリ!

動物が好き。人のめんどうを見るのが好き。

どんな仕事?

ウシ、ブタなどの生産ぎじゅつを開発、ちく産農家を指導する

ちく産農家は、ウシ、ブタ、ニワトリなどの家ちくを飼育して、牛乳、肉、たまごといった食料品を生産している。ちく産技術者は、ちく産試験場や種牛を飼育するぼく場などで、家ちくのよりよい品種の育成や飼育方法、飼料作物の生産ぎじゅつの研究開発や実験に取り組み、その成果をちく産農家に指導するのが仕事だ。家ちくの病気の発生をふせぐために血えきのけんさやよぼうせっ種をしたり、伝せん病の対さく、飼育かんきょうの指導を行ったり、家ちくの治りょう、品種改良、新しいワクチンのこうかを調べるけんさをしたりする。また、実験用の動物の飼育をしたり、人工じゅせいを行ったりする者もいる。

これがポイント!

大学の農学部や農業高校のちく産科などで学ぶ

ちく産技術者になるのに、とくに資格は問われないが、大学の農学部や獣医学部、農業高校のちく産科などで、せんもん技術を学んでおくのがいっぱん的だ。独立行政法人(どくりつぎょうせいほうじん)や都道府県の試験研究機関、または地いき農業改良ふきゅうセンターで働くには、公務員試験の「ちく産」や「獣医師」、「農業」区分に合格し、公務員になる必要がある。乳製品やハムなどをあつかう食品メーカー、飼料メーカー、製薬会社などで働く道もある。

将来はこうなる

バイオテクノロジーを使った研究開発が進められる

ウシやブタを育てるのにてきした土地がせまく、小さなちく産業が多い日本では、ちく産製品の価格が高くなってしまい、輸入物の安い牛肉や乳製品におされ気味である。それにはりあうためには、ほかにはない技術開発や経営努力が必要で、ちく産技術者には大きな期待がよせられている。バイオテクノロジーの研究開発や実用化は最も望まれており、この分野での民間会社の求人はふえているようだ。

データボックス

収入は?

公務員の研究職の場合、月収は22万円くらいからだ。

休暇は?

公務員のちく産技術者は週休2日制。民間会社につとめる場合も、月8日間くらいは休日が取れるようだ。

職場は?

ちく産試験場、種牛を飼育するぼく場、ふきゅう指導センター、食品メーカー、製薬会社、飼料メーカーなど。

なるためチャート

仕事のなり方が一目でわかるチャートだよ!

PAGETOP