メニュー閉じる

科学者

科学についての研究をせんもんに行っている学者。

こんな人にピッタリ!

何かを知りたい、やってみたいという好き心が強い人。きょうみを持ったことにとことんのめりこむ人。話し上手・聞き上手な人。

どんな仕事?

研究所などで主に自然科学をせんもんに研究する

大学あるいは民間の研究所などの研究機関にやとわれ、給料をもらいながら、そこの研究せつびを使い、科学について研究するのが仕事だ。研究の成果は、軍事、外交、政治(せいじ)、経済(けいざい)、社会などに大きなえいきょうをあたえる場合が多く、新しい発見は学会などで発表する。その結果、たとえば今までにない製品の開発や病気を治すことなどにつながるのだ。ちなみに、物理学、化学、生理学・医学などの6種類の分野ですばらしい研究成果を残した人物におくられる「ノーベル賞」が有名である。科学者は科学についての研究で、さまざまなことにきょうみを持ち続けることが必要であり、深い教養が求められる。

これがポイント!

大学で自然科学を学び、博士号を取る

科学者になるためには、大学で自然科学(物理学、化学、生物学、地学、天文学)を学び、大学院で博士号という学位を取ることが必要だ。在学中に書いたろん文で高いひょうかをもらえれば、その分野の大学か民間の研究所に科学者としてつとめることができる。

自然に対する好奇心を持つ

「なぜそうなっているんだろう?」という自然に対する好き心を持つことが大切だ。また、知しきがないと好き心を育てることもむずかしいため、理科を一生けんめい勉強し、自然科学に関する本をたくさん読むといいだろう。理数けいの科目が得意で、英語もできる必要がある。ろん文は日本語ではなく英語で書くからだ。また、研究には作業をテキパキかた付けられる「だん取り力」も求められる。日ごろからたくさん家の手伝いをしておくといいだろう。

将来はこうなる

科学技術立国を目指せ!

2010年に「日本の科学者は主要16か国の中で最も不幸せ」という調さ結果を、イギリスの科学誌(かがくし)『ネイチャー』がまとめて発表した。日本人の科学者は、他国にくらべて休日が少なく、研究テーマのせんたくをその人の考えによって決められることが少ないことに不満を持っているとのこと。しかし、日本政府は科学技術立国を目指している。科学者の満足度が高まるような政策(せいさく)が求められている。科学者がどんどん研究にチャレンジしたくなるかんきょうが整えば、すばらしい発見が見つかることにつながるだろう。

データボックス

収入は?

大学で講師(こうし)などをやりながら、研究をしたり、論文を書いたりしている場合、月収は20万円くらいからだ。民間の研究所の場合も、月収は22万円くらい。

休暇は?

働く場所によってちがう。昼も夜もなく働き、休日も仕事の場合が多い。

職場は?

大学、大学院、民間の研究所など。

なるためチャート

仕事のなり方が一目でわかるチャートだよ!

PAGETOP