メニュー閉じる

冒険家

海、山、川、極地などを旅して、未知なるものをさがし求める。

こんな人にピッタリ!

目標に向かってつき進む人。自分からすすんでやる人。物事に熱中しやすい人。

どんな仕事?

世界中を旅して未知なることにチャレンジする

ガイドブックにのっていない場所や未知なるものを目指し、写真をとったりしながら旅をする。たとえば、世界で一番高い山に登ったり、気球に乗って太平洋横断にチャレンジするなど、ふつうの人が不可能と思えるようなパフォーマンスを行うのが冒険家だ。だれもやっていないことを、自分が主体となって計画し、命がけで行う。収入を得るためというよりも、冒険に行きたいという気持ちが強く、未知の場所に足をふみ入れる勇気がある人が、冒険家と呼ばれている。

これがポイント!

大学の探検部や山岳部で必要な技術や知しきなどを身につける

冒険家になるには、とくに資格や学歴は問われない。大学などの探検部や山岳部に所属して、必要な技術や知識、きかく力を身につけることから始めよう。海外にも行くことになるので、語学力(英語など)もあるとよい。冒険家はしょくぎょうとして確立していないこともあり、冒険家として活動していくためには、旅の資金をえん助してくれるスポンサー(アウトドア用品メーカーなど)を探したり、旅の様子を本や講演で発表して、収入を得て旅の資金にする必要がある。

将来はこうなる

宇宙や海底などを目指す冒険家も

これまでに、地球上でだれもまだ足をふみ入れたことがない土地は、ほとんどないと言われている。今後は、宇宙や海底、深いどうくつなどを目指す冒険家も出てくるだろう。その冒険でえられた新たな発見や感動は、本や講演などで語られることにより、ふつうに生活する人たちの心をひきつけるのだ。

データボックス

収入は?

冒険に成功したら、記ろくの写真集や本、講演をたのまれることなどで収入を得ることができる。具体的な金額は人ぞれぞれなのでむずかしいが、本が売れれば印税も入る。アウトドア用品メーカーがスポンサーにつけば、自社の製品をもらえることも。

休暇は?

自分の希望したときに休みを取る。資金調達のためにがんばって働き、自分の好きなことができる旅の間が休みとも言える。

職場は?

地球上のいろいろな場所。

なるためチャート

仕事のなり方が一目でわかるチャートだよ!

PAGETOP