インテリアコーディネーター

インテリアコーディネーター

部屋の模様替えはとても楽しいもの。それを人のためにするのがこの仕事。特に女性に人気がある

こんな人にピッタリ!

室内調度品だけでなく、絵画や書、陶芸など芸術全般に興味があり、美的センスが優れている人。このほか、人の相談にのったり、会話をするのが好きな人。

どんな仕事?

快適で暮らしやすい住まいを演出

快適で暮らしやすい居住空間をつくるために、顧客の要望や指示、家族構成、ライフスタイル、予算などを踏まえて、内装やインテリア用品の選定から配置まで、プロの視点で総合的なアドバイスをするのがインテリアコーディネーターだ。自分のセンスが生かせるやりがいのある仕事だが、反面、プランニングから見積書や契約書の作成、仕上がりのチェックまで幅広いの実務能力も求められる。

これがポイント!

就職に有利な専門学校

住宅供給会社や家具メーカーの中には、ミサワインテリアスクールなど、インテリアコーディネーターを養成する専門学校を開設しているところもある。こうした専門学校は信頼できる教育システム、就・転職アドバイスを受けられるところが多い。ほかに、「インテリアコーディネイター」の通信講座で半年〜1年くらい勉強する手段も

資格取得のメリット

(社)インテリア産業協会が実施している「インテリアコーディネーター資格試験」があるが、この資格がなければインテリアコーディネーターの仕事ができないというわけではない。とはいえ、この資格を持っていれば、(1)顧客の信頼度が増す、(2)インテリア業界の情報が入手しやすい、(3)転職や独立・開業の際に有利といったメリットもある。

将来はこうなる

ホテルや病院など住宅以外にも活躍の場が広がる見込み

これまで日本の住まい造りは機能性だけを重視していて、おしゃれで快適な居住空間をめざすものとはいいがたかった。インテリアについても同様で、住む人が思いつきで選んでいただけ。しかし、ここにきてプロの視点で居住空間をコーディネートする仕事へのニーズが高まっている。ホテルや病院、老人ホーム、学校などでも住みよい居住空間を演出することが重要との認識が深まっており、リフォームも含め、将来的には活躍の場がさらに広がるだろう。

データボックス

収入は?

ほとんどのインテリアコーディネーターは住宅関連会社の社員として働いており、独立して活躍している人は今のところは少数なのが実情。収入については、多くの会社が実力本位の歩合制を採用しているため月収には幅があり、だいたい12〜50万円ぐらい。中には職能手当がつく会社もある。フリーで開業した場合、年収は平均400〜500万円前後、トップクラスで年収2000万円以上かせぎ出す人も。

休暇は?

交代制で土日を休みにしている会社もあるが、仕事の性格上、ほとんどの会社は平日の2日間が休み。また、残業も多く、労働時間は一般職に比べてやや長め。

職場は?

地方では住宅のインテリアに対する需要が少なかったり、工務店や大工がインテリア関連の仕事も兼ねていることが多いので、地域的には東京、大阪などの大都市圏に集中している。

なるためチャート

仕事のなり方が一目でわかるチャートだよ!

PAGETOP