メニュー閉じる

インテリアデザイナー

インテリアデザイナー

室内(しつない)はもちろん、調度(ちょうど)(ひん)照明器具(しょうめいきぐ)まで設計(せっけい)。かっこいい部屋(へや)からかわいい部屋(へや)まで、自由(じゆう)演出(えんしゅつ)する。

こんな(ひと)にピッタリ!

モノづくりが()きで、「(するど)い」美的(びてき)センスや色彩(しきさい)感覚(かんかく)()っている(ひと)部屋(へや)模様替(もようが)えや快適(かいてき)生活(せいかつ)興味(きょうみ)がある(ひと)。コミュニケーション能力(のうりょく)があり、自分(じぶん)提案(ていあん)上手(じょうず)(つた)えられる(ひと)

どんな仕事(しごと)

設計(せっけい)・デザインの対象(たいしょう)は2つに()かれる

インテリアデザイナーの仕事(しごと)はおおまかにいうと2つに()かれる。1つは、住宅(じゅうたく)やオフィス、店舗(てんぽ)はもちろん、ホテルやレストラン、劇場(げきじょう)から航空機(こうくうき)豪華(ごうか)客船(きゃくせん)客室(きゃくしつ)まで、あらゆる室内(しつない)空間(くうかん)設計(せっけい)・デザインすること。もう1つは、家具(かぐ)やじゅうたん、照明(しょうめい)器具(きぐ)などインテリア用品(ようひん)のデザイン・設計(せっけい)をすることだ。日本(にほん)ではまだ、その両方(りょうほう)()がける(ひと)(すく)ないが、欧米(おうべい)では建物(たてもの)からインテリア、食器類(しょっきるい)まで一人(ひとり)のデザイナーがフルコースでデザインすることもある。

これがポイント!

一人(いちにん)(まえ)になるには10(ねん)かかる

建築(けんちく)(がく)工学(こうがく)美術(びじゅつ)設計(せっけい)ソフト(CAD)の知識(ちしき)など、幅広(はばひろ)知識(ちしき)必要(ひつよう)になる仕事(しごと)だが、こうした知識(ちしき)をまとめて(おし)えてくれる大学(だいがく)短大(たんだい)専門(せんもん)学校(がっこう)(おお)い(武蔵野(むさしの)美術(びじゅつ)大学(だいがく)女子(じょし)美術(びじゅつ)大学(だいがく)など)。現在(げんざい)活躍(かつやく)しているインテリアデザイナーは、家政学(かせいがく)生活(せいかつ)科学(かがく)美術(びじゅつ)建築(けんちく)(がく)(けい)学部(がくぶ)学科(がっか)(まな)んだ(あと)就職(しゅうしょく)し、実践(じっせん)仕事(しごと)(おぼ)えた(ひと)(おお)い。ちなみに、一人前(いちにんまえ)のインテリアデザイナーになるには、(すく)なくとも10(ねん)はかかるといわれている。

プラスになる資格(しかく)取得(しゅとく)する

公益財団法人(こうえきざいだんほうじん)建築(けんちく)技術(ぎじゅつ)教育(きょういく)普及(ふきゅう)センターが主催(しゅさい)する「インテリアプランナー資格(しかく)試験(しけん)」、公益社団法人(こうえきしゃだんほうじん)インテリア産業(さんぎょう)協会(きょうかい)主催(しゅさい)する「インテリアコーディネーター資格(しかく)試験(しけん)」「建築士(けんちくし)資格(しかく)試験(しけん)」などがある。この資格(しかく)がなければ、インテリアデザイナーの仕事(しごと)ができないというわけではないが、仕事(しごと)をする(うえ)有利(ゆうり)になるので、取得(しゅとく)した(ほう)(のぞ)ましい。

先輩(せんぱい)仕事(しごと)数多(かずおお)()れておこう

インテリアデザイナーとして成功(せいこう)(おさ)めるには、人間(にんげん)()らし、道具(どうぐ)(たい)する(ふか)知識(ちしき)()かせない。人間(にんげん)工学(こうがく)行動学(こうどうがく)心理学(しんりがく)など関連(かんれん)する学問(がくもん)分野(ぶんや)にも()(くば)りながら、(すぐ)れたインテリアデザイナーの仕事(しごと)に、できるだけ(おお)自分(じぶん)()()れておくことが大切(たいせつ)だ。

将来(しょうらい)はこうなる

(ひと)(やさ)しい生活(せいかつ)空間(くうかん)(もと)められる

生活(せいかつ)(ゆた)かになったことで、住宅(じゅうたく)やオフィスに機能性(きのうせい)だけでなく、ゆとりややすらぎ、個人(こじん)趣味(しゅみ)(この)みを反映(はんえい)することを(もと)める(ひと)(おお)くなっている。また今後(こんご)高齢(こうれい)()(すす)むことから、お年寄(としよ)りや身体(しんたい)不自由(ふじゆう)(ひと)でも利用(りよう)しやすい「バリアフリー」(がた)のインテリアや、レストランなど各種(かくしゅ)施設(しせつ)需要(じゅよう)(たか)まってくるに(ちが)いない。個人(こじん)個人(こじん)要望(ようぼう)()わせて、オーダーメードの生活(せいかつ)空間(くうかん)(つく)()すインテリアデザイナーの活躍(かつやく)舞台(ぶたい)も、(なが)()()れば(ひろ)がっていくはずだ。

データボックス

収入(しゅうにゅう)は?

建築(けんちく)設計(せっけい)事務所(じむしょ)などに所属(しょぞく)しているインテリアデザイナーの場合(ばあい)月収(げっしゅう)20~50(まん)(えん)程度(ていど)。これに残業(ざんぎょう)手当(てあて)加算(かさん)される。また、(みち)(けわ)しいが、独立(どくりつ)開業(かいぎょう)すれば(こう)収入(しゅうにゅう)期待(きたい)できる。

休暇(きゅうか)は?

現場(げんば)工事(こうじ)指導(しどう)監督(かんとく)することもあり、勤務(きんむ)時間(じかん)不規則(ふきそく)になりがち。工事(こうじ)進行(しんこう)状況(じょうきょう)によっては徹夜(てつや)休日(きゅうじつ)出勤(しゅっきん)も。

職場(しょくば)は?

大都市圏(だいとしけん)集中(しゅうちゅう)しているが、クライアントとの()()わせや、現場(げんば)での指導(しどう)監督(かんとく)などのため、全国(ぜんこく)各地(かくち)への出張(しゅっちょう)(おお)い。

なるためチャート

仕事(しごと)のなり(かた)一目(ひとめ)でわかるチャートだよ!

PAGETOP