建築士

建築のスペシャリスト。住宅、お店、公共の建物などの設計、製図、工事の監督や管理などを行う。街づくり、都市づくりなどに関わることも。

こんな人にピッタリ!

理数系に強く、ち密な考えができる人。人間や環境に対する鋭い洞察力を持ち、ものを創造することに喜びを見いだせる人。

どんな仕事?

設計だけでなく、工事監理という仕事もある!

依頼に応じてその建物の役割を考え、規模、構造、デザイン、材料、予算などを考えながら建物の設計を行う。工事がスタートしたら、設計図どおりに進んでいるかをチェックする「工事監理」の仕事も待っている。また、有名建築家(士)になると、単なる建物だけでなく、街づくり、都市づくりなどの「環境」をデザインする場合もあり、文化を創造する役割もになうことになる。

これがポイント!

1級建築士と2級建築士

建築士になるには資格を取ることが必要。資格には「1級」「2級」「木造」の3つがある。2級建築士は大型の建物は扱えず、木造建築士は木造の小建築物のみを扱える(受験資格は2級建築士と同じ)。学校やデパート、高層ビル、大きなマンションなど、公共性のある大きな建物は、1級建築士でないと扱えないことになっている。

「2級」と「木造」は都道府県が行う試験を受験

2級建築士、木造建築士になるには、都道府県知事の行う「2級建築士試験」又は「木造建築士試験」に合格し、免許を取得しなくてはならない。

「1級建築士」の合格者の多くが大卒

1級建築士になるには、国土交通省大臣の行う「1級建築士試験」に合格し、免許を取得しなければならない。試験は、学科と設計製図の2つで行われ、最終合格率は10%程度とかなりの難関。合格者の多くが大卒で、建築学科、土木学科などで専門知識を学んでいる。また「1級建築士試験」の受験資格を得るには、大卒の場合、建築会社や設計会社で2年以上の実務を経験することが必要となる。

将来はこうなる

景気回復とともにニーズが高まりそう

建築業界は景気の変動に大きく左右されるが、建築系学科出身者の就職率は、不況下においてもほぼ100%! 景気回復が見込まれる2006年以降、ますますニーズが高まる傾向にある。建築会社などでサラリーマン建築士としてキャリアを積んだ後、フリーとなって、自分の事務所を開業することもできる。

データボックス

収入は?

建設会社などに勤務する場合は、初任給16〜20万円、45歳での平均月収は42〜43万円。自分で設計事務所を持つ場合は、基本、総工費の10%程度がその報酬となる。

休暇は?

大手企業に勤務する場合は、残業はあるものの土日・祝日はほぼ休める。しかし、小さな建築事務所などでは休日返上で仕事…というところも少なくない。自分で事務所を経営する場合は、依頼主や仕事の進行具合に応じて休みを取ることになる。

職場は?

自分で事務所を持つ以外に、総合建設会社、建築会社、建築設計事務所、官公庁などで、サラリーマン建築士として働らく。また、JR各社など大手企業の中には営繕部門を持っているところもあり、そこも建築士の活躍の場となっている。

なるためチャート

仕事のなり方が一目でわかるチャートだよ!

PAGETOP