メニュー閉じる

建築士

建築(けんちく)のスペシャリスト。住宅(じゅうたく)、お(みせ)公共(こうきょう)建物(たてもの)などの設計(せっけい)製図(せいず)工事(こうじ)監督(かんとく)管理(かんり)などを(おこな)う。(まち)づくり、都市(とし)づくりなどに(かか)わることも。

こんな(ひと)にピッタリ!

理数(りすう)(けい)(つよ)く、緻密(ちみつ)(かんが)えができる(ひと)人間(にんげん)環境(かんきょう)(たい)する(するど)洞察力(どうさつりょく)()ち、ものを創造(そうぞう)することに(よろこ)びを()いだせる(ひと)

どんな仕事(しごと)

設計(せっけい)だけでなく、工事(こうじ)監理(かんり)という仕事(しごと)もある!

依頼(いらい)(おう)じてその建物(たてもの)役割(やくわり)(かんが)え、規模(きぼ)構造(こうぞう)、デザイン、材料(ざいりょう)予算(よさん)などを(かんが)えながら建物(たてもの)設計(せっけい)(おこな)う。工事(こうじ)がスタートしたら、設計(せっけい)()(どお)りに(すす)んでいるかをチェックする「工事(こうじ)監理(かんり)」の仕事(しごと)()っている。また、有名(ゆうめい)建築家(けんちくか)(())になると、(たん)なる建物(たてもの)だけでなく、(まち)づくり、都市(とし)づくりなどの「環境(かんきょう)」をデザインする場合(ばあい)もあり、文化(ぶんか)創造(そうぞう)する役割(やくわり)(にな)うことになる。

これがポイント!

1(きゅう)建築士(けんちくし)と2(きゅう)建築士(けんちくし)

建築士(けんちくし)になるには資格(しかく)()ることが必要(ひつよう)資格(しかく)には「1(きゅう)」「2(きゅう)」「木造(もくぞう)」の3つがある。2(きゅう)建築士(けんちくし)大型(おおがた)建物(たてもの)(あつか)えず、木造(もくぞう)建築士(けんちくし)木造(もくぞう)(しょう)建築物(けんちくぶつ)のみを(あつか)える(受験(じゅけん)資格(しかく)は2(きゅう)建築士(けんちくし)(おな)じ)。学校(がっこう)やデパート、高層(こうそう)ビル、(おお)きなマンションなど、公共性(こうきょうせい)のある(おお)きな建物(たてもの)は、1(きゅう)建築士(けんちくし)でないと(あつか)えないことになっている。

「2(きゅう)」と「木造(もくぞう)」は都道府県(とどうふけん)(おこな)試験(しけん)受験(じゅけん)

2(きゅう)建築士(けんちくし)木造(もくぞう)建築士(けんちくし)になるには、都道府県(とどうふけん)知事(ちじ)(おこな)う2(きゅう)建築士(けんちくし)試験(しけん)(また)木造(もくぞう)建築士(けんちくし)試験(しけん)合格(ごうかく)し、免許(めんきょ)取得(しゅとく)しなくてはならない。

1(きゅう)建築士(けんちくし)合格者(ごうかくしゃ)(おお)くが大卒(だいそつ)

1(きゅう)建築士(けんちくし)になるには、国土交通(こくどこうつう)大臣(だいじん)(おこな)う1(きゅう)建築士(けんちくし)試験(しけん)合格(ごうかく)し、免許(めんきょ)取得(しゅとく)しなければならない。試験(しけん)は、学科(がっか)設計(せっけい)製図(せいず)の2つで(おこな)われ、最終(さいしゅう)合格(ごうかく)(りつ)は10%程度(ていど)とかなりの難関(なんかん)合格者(ごうかくしゃ)(おお)くが大卒(だいそつ)で、建築(けんちく)学科(がっか)土木(どぼく)学科(がっか)などで専門(せんもん)知識(ちしき)(まな)んでいる。また、1(きゅう)建築士(けんちくし)試験(しけん)受験(じゅけん)資格(しかく)()るには、大卒(だいそつ)場合(ばあい)建築(けんちく)会社(がいしゃ)設計(せっけい)会社(がいしゃ)で2(ねん)以上(いじょう)実務(じつむ)経験(けいけん)することが必要(ひつよう)となる。

将来(しょうらい)はこうなる

景気回復(けいきかいふく)とともにニーズが(たか)まりそう

建築(けんちく)業界(ぎょうかい)景気(けいき)変動(へんどう)(おお)きく左右(さゆう)されるが、建築(けんちく)(けい)学科(がっか)出身者(しゅっしんしゃ)就職(しゅうしょく)(りつ)は、不況(ふきょう)()においてもほぼ100%! 景気回復(けいきかいふく)見込(みこ)まれると、ますますニーズが(たか)まる傾向(けいこう)にある。建築(けんちく)会社(がいしゃ)などでサラリーマン建築士(けんちくし)としてキャリアを()んだ(あと)、フリーとなって、自分(じぶん)事務所(じむしょ)開業(かいぎょう)することもできる。

データボックス

収入(しゅうにゅう)は?

建設(けんせつ)会社(がいしゃ)などに勤務(きんむ)する場合(ばあい)は、初任給(しょにんきゅう)16~20(まん)(えん)、45(さい)での平均(へいきん)月収(げっしゅう)は42~43(まん)(えん)自分(じぶん)設計(せっけい)事務所(じむしょ)()場合(ばあい)は、基本(きほん)は、(そう)工費(こうひ)の10%程度(ていど)がその報酬(ほうしゅう)となる。

休暇(きゅうか)は?

大手(おおて)企業(きぎょう)勤務(きんむ)する場合(ばあい)は、残業(ざんぎょう)はあるものの土日(どにち)祝日(しゅくじつ)はほぼ(やす)める。しかし、(ちい)さな建築(けんちく)事務所(じむしょ)などでは休日(きゅうじつ)返上(へんじょう)仕事(しごと)…というところも(すく)なくない。自分(じぶん)事務所(じむしょ)経営(けいえい)する場合(ばあい)は、依頼主(いらいぬし)仕事(しごと)進行(しんこう)具合(ぐあい)(おう)じて(やす)みを()ることになる。

職場(しょくば)は?

自分(じぶん)事務所(じむしょ)()以外(いがい)に、総合(そうごう)建設(けんせつ)会社(がいしゃ)建築(けんちく)会社(がいしゃ)建築(けんちく)設計(せっけい)事務所(じむしょ)官公庁(かんこうちょう)などで、サラリーマン建築士(けんちくし)として(はたら)く。また、JR各社(かくしゃ)など大手(おおて)企業(きぎょう)(なか)には営繕(えいぜん)部門(ぶもん)()っているところもあり、そこも建築士(けんちくし)活躍(かつやく)()となっている。

なるためチャート

仕事(しごと)のなり(かた)一目(ひとめ)でわかるチャートだよ!

PAGETOP