不動産鑑定士

土地や建物(不動産)に正しいかちづけをする専門家(せんもんか)。弁護士(べんごし)や公認会計士(こうにんかいけいし)と同様に、国家試験によってあたえられる資格(しかく)である。

こんな人にピッタリ!

きちょうめんな人。ものごとに熱中しやすい人。

どんな仕事?

土地や建物の価格(かかく)を知りたいときに活やく

土地を売る人・買う人に対して、公平な立場で不動産にふさわしい金額をつけたり、金融機関(きんゆうきかん)からお金をかりる場合の不動産鑑定(かんてい)や、国の地方公共だん体にかかわる土地や建物の鑑定(かんてい)の仕事などを行う。これは不動産鑑定士(ふどうさんかんていし)だけができるものだ。多くの不動産鑑定士は不動産鑑定事務所(ふどうさんかんていじむしょ)につとめるが、不動産会社、信託銀行(しんたくぎんこう)などの金融機関、建ちく・土木会社などにつとめる人もいる。ほかにも、不動産コンサルタントとして活やくする人もいる。

これがポイント!

不動産鑑定士(ふどうさんかんていし)の国家資格が必要

学歴・けい験などは問われないが、不動産鑑定士(ふどうさんかんていし)になるには、短答式試験とろん文式試験に合格し、さらにじっさいの仕事を体験(実務修習:じつむしゅうしゅう)をうけた後、国土交通大臣の登ろくを受けることが必要だ。不動産鑑定士の資格(しかく)はハードルが高いため、資格を取るのに6~7年ほどかかることが多い。

不動産会社や信託銀行で経験をつむ

不動産鑑定士(ふどうさんかんていし)の9割は、不動産会社、信託銀行(しんたくぎんこう)などで不動産取引、信託管理(しんたくかんり)にたずさわるなど、多くのけい験をつんだあとで、資格(しかく)をえている。まずは、不動産会社や信託銀行に入って、不動産にかんするさまざまなことを学んでから、不動産鑑定士の試験にいどんでも決しておそくはない。

将来はこうなる

不動産に関する知識を通じて社会に役立つ

不動産の知しきを役立て、家庭さいばん所の調停委員(ちょうていいいん)をして、社会に大きくこうけんしている不動産鑑定士(ふどうさんかんていし)もいる。また、いっぱんの会社で、不動産にかんする事業戦りゃくを行うための重要な役わりをまかせられることもある。このように、不動産を取りまくかんきょうの変化とともに、不動産鑑定士の活やくの場はふえている。これからも、活やくするシーンはますます広がっていくことが予想される。

データボックス

収入は?

年収は平均716万円くらい。独立すると年収1500万円以上の可能性も。

休暇は?

週休2日。しかし、いそがしい時期は休みもままならない。

職場は?

不動産鑑定事務所(ふどうさんかんていじむしょ)、不動産会社、信託銀行(しんたくぎんこう)など。

なるためチャート

仕事のなり方が一目でわかるチャートだよ!

PAGETOP