メニュー閉じる

不動産鑑定士

土地(とち)建物(たてもの)不動産(ふどうさん))に(ただ)しい価値付(かちづ)けをする専門家(せんもんか)弁護士(べんごし)公認会計士(こうにんかいけいし)同様(どうよう)に、国家(こっか)試験(しけん)によってあたえられる資格(しかく)である。

こんな(ひと)にピッタリ!

几帳面(きちょうめん)(ひと)物事(ものごと)熱中(ねっちゅう)しやすい(ひと)

どんな仕事(しごと)

土地(とち)建物(たてもの)価格(かかく)()りたい(とき)活躍(かつやく)

土地(とち)()(ひと)()(ひと)(たい)して、公平(こうへい)立場(たちば)不動産(ふどうさん)にふさわしい金額(きんがく)()けたり、金融(きんゆう)機関(きかん)からお(かね)()りる場合(ばあい)不動産(ふどうさん)鑑定(かんてい)や、(くに)地方(ちほう)公共(こうきょう)団体(だんたい)(かか)わる土地(とち)建物(たてもの)鑑定(かんてい)仕事(しごと)などを(おこな)う。これは不動産(ふどうさん)鑑定士(かんていし)だけができるものだ。(おお)くの不動産(ふどうさん)鑑定士(かんていし)不動産(ふどうさん)鑑定(かんてい)事務所(じむしょ)(つと)めるが、不動産(ふどうさん)会社(がいしゃ)信託(しんたく)銀行(ぎんこう)などの金融(きんゆう)機関(きかん)建築(けんちく)土木(どぼく)会社(がいしゃ)などに(つと)める(ひと)もいる。ほかにも、不動産(ふどうさん)コンサルタントとして活躍(かつやく)する(ひと)もいる.

これがポイント!

不動産(ふどうさん)鑑定士(かんていし)国家(こっか)資格(しかく)必要(ひつよう)

学歴(がくれき)経験(けいけん)などは()われないが、不動産(ふどうさん)鑑定士(かんていし)になるには、短答式(たんとうしき)試験(しけん)論文(ろんぶん)(しき)試験(しけん)合格(ごうかく)し、さらに実際(じっさい)仕事(しごと)体験(たいけん)実務(じつむ)修習(しゅうしゅう))を()けた(あと)国土(こくど)交通(こうつう)大臣(だいじん)登録(とうろく)()けることが必要(ひつよう)だ。不動産(ふどうさん)鑑定士(かんていし)資格(しかく)はハードルが(たか)いため、資格(しかく)()るのに6~7(ねん)ほどかかることが(おお)い。

不動産(ふどうさん)会社(がいしゃ)信託(しんたく)銀行(ぎんこう)経験(けいけん)()

不動産(ふどうさん)鑑定士(かんていし)の9(わり)は、不動産(ふどうさん)会社(がいしゃ)信託(しんたく)銀行(ぎんこう)などで不動産(ふどうさん)取引(とりひき)信託(しんたく)管理(かんり)(たずさ)わるなど、(おお)くの経験(けいけん)()んだ(あと)で、資格(しかく)()ている。まずは、不動産(ふどうさん)会社(がいしゃ)信託(しんたく)銀行(ぎんこう)(はい)って、不動産(ふどうさん)(かん)する様々(さまざま)なことを(まな)んでから、不動産(ふどうさん)鑑定士(かんていし)試験(しけん)にいどんでも(けっ)しておそくはない。

将来(しょうらい)はこうなる

不動産(ふどうさん)(かん)する知識(ちしき)(つう)じて社会(しゃかい)役立(やくだ)

不動産(ふどうさん)知識(ちしき)役立(やくだ)て、家庭(かてい)裁判所(さいばんしょ)調停(ちょうてい)委員(いいん)をして、社会(しゃかい)(おお)きくこうけんしている不動産(ふどうさん)鑑定士(かんていし)もいる。また、一般(いっぱん)会社(かいしゃ)で、不動産(ふどうさん)(かん)する事業(じぎょう)戦略(せんりゃく)(おこな)うための重要(じゅうよう)役割(やくわり)(まか)せられることもある。このように、不動産(ふどうさん)()()環境(かんきょう)変化(へんか)とともに、不動産(ふどうさん)鑑定士(かんていし)活躍(かつやく)()()えている。これからも、活躍(かつやく)するシーンはますます(ひろ)がっていくことが予想(よそう)される。

データボックス

収入(しゅうにゅう)は?

年収(ねんしゅう)平均(へいきん)716(まん)(えん)くらい。独立(どくりつ)すると年収(ねんしゅう)1500(まん)(えん)以上(いじょう)可能性(かのうせい)も。

休暇(きゅうか)は?

週休(しゅうきゅう)二日(ふつか)。しかし、(いそが)しい時期(じき)(やす)みもままならない。

職場(しょくば)は?

不動産(ふどうさん)鑑定(かんてい)事務所(じむしょ)不動産(ふどうさん)会社(がいしゃ)信託(しんたく)銀行(ぎんこう)など。

なるためチャート

仕事(しごと)のなり(かた)一目(ひとめ)でわかるチャートだよ!

PAGETOP