メニュー閉じる

左官

建物(たてもの)のかべやゆか、(つち)かべなどをコテを使(つか)ってぬり仕上(しあ)げる職人(しょくにん)だ。都道府県(とどうふけん)知事(ちじ)(おこな)っている技能(ぎのう)検定(けんてい)制度(せいど)資格(しかく)()場合(ばあい)左官(さかん)技能士(ぎのうし)名乗(なの)ることができる。

こんな(ひと)にピッタリ!

自分(じぶん)から(すす)んでやるタイプ。体力(たいりょく)自信(じしん)のある(ひと)芸術的(げいじゅつてき)なセンスがある(ひと)

どんな仕事(しごと)

手際(てぎわ)のよいコテさばきで、建物(たてもの)のかべを(うつく)しくぬる

マンションやビルなどの建設(けんせつ)現場(げんば)で、ペンキやタイルの(した)()ぬり、コンクリートの土間(どま)()ち、階段(かいだん)仕上(しあ)げぬりなどを(おこな)うのが左官(さかん)だ。セメントやモルタル、しっくい、けいそう()などをぬりつけるコテという道具(どうぐ)使(つか)って作業(さぎょう)(おこな)う。左官(さかん)はどんなかべやゆかでも(うつく)しく仕上(しあ)げる職人(しょくにん)(わざ)日々(ひび)みがいている。左官(さかん)専門(せんもん)分野(ぶんや)によって、「町屋(まちや)左官(さかん)」と「丁場(ちょうば)左官(さかん)」の2つに()かれる。町屋(まちや)左官(さかん)地域(ちいき)密着(みっちゃく)(がた)家族(かぞく)経営(けいえい)で、(むかし)ながらのしっくい、(つち)かべぬりを得意(とくい)とする。丁場(ちょうば)左官(さかん)はゼネコンと()ばれる大手(おおて)総合(そうごう)建設(けんせつ)業者(ぎょうしゃ)などの(もと)でビルのかべを(した)ぬりする。

これがポイント!

左官(さかん)会社(がいしゃ)親方(おやかた)弟子入(でしい)りする

左官(さかん)になるためには、資格(しかく)学歴(がくれき)などは()われない。左官(さかん)親方(おやかた)弟子入(でしい)りして、仕事(しごと)(おぼ)えていく。左官(さかん)会社(がいしゃ)求人(きゅうじん)広告(こうこく)()()いの伝手(つて)()つけて(はい)ることが(おお)いようだ。全国(ぜんこく)にある職業(しょくぎょう)訓練(くんれん)施設(しせつ)(かよ)い、基礎(きそ)(てき)技術(ぎじゅつ)()につけてから左官(さかん)会社(がいしゃ)(さが)方法(ほうほう)もある。会社(かいしゃ)(はい)るとまずは見習(みなら)いからスタート。材料(ざいりょう)()ることから(はじ)め、()れてくるとようやくコテをにぎらせてもらえるようになる。土間(どま)(づく)りやかべの(した)ぬりを(おぼ)え、一人(いちにん)(まえ)になるには4(ねん)くらいかかるようだ。

将来(しょうらい)はこうなる

左官(さかん)はこれからも建築(けんちく)(ぎょう)には()かせない

左官(さかん)仕事(しごと)容易(たやす)くないため、機械(きかい)()することができない。つまり建築(けんちく)(ぎょう)には()かせない存在(そんざい)だ。しかし、左官(さかん)として(はたら)(ひと)(かず)年々(ねんねん)()ってきている。そこで左官(さかん)(わざ)次世代(じせだい)()けついでいくためにも若手(わかて)(いま)(のぞ)まれている。建物(たてもの)(うつく)しくするのは左官(さかん)のうで次第(しだい)(なつ)(あつ)く、冬場(ふゆば)(さむ)く、(おも)たいセメントを(かつ)ぐなど、肉体的(にくたいてき)にハードな仕事(しごと)だが、芸術的(げいじゅつてき)感性(かんせい)()かすことができるのも魅力(みりょく)の1つだ。(からだ)(うご)かすのが()きな(ひと)はぜひ目指(めざ)してみては?

データボックス

収入(しゅうにゅう)は?

職人(しょくにん)日給(にっきゅう)計算(けいさん)月給(げっきゅう)がしはらわれる。見習(みなら)い1(ねん)()は1(にち)7000(えん)見習(みなら)い4(ねん)()で1(にち)10000(えん)くらいだ。

休暇(きゅうか)は?

週休(しゅうきゅう)1(にち)(せい)日曜日(にちようび)(やす)みのことが(おお)いようだ。(あめ)()ると仕事(しごと)ができない。

職場(しょくば)は?

建設(けんせつ)現場(げんば)

なるためチャート

仕事(しごと)のなり(かた)一目(ひとめ)でわかるチャートだよ!

PAGETOP