左官

建物のかべやゆか、土かべなどをコテを使ってぬり仕上げる職人だ。都道府県知事が行っている技能検定制度の資格を持つ場合、左官技能士と名乗ることができる。

こんな人にピッタリ!

自分から進んでやるタイプ。体力に自信のある人。芸術的なセンスがある人。

どんな仕事?

手ぎわのよいコテさばきで、建物のかべを美しくぬる

マンションやビルなどの建設現場で、ペンキやタイルの下地ぬり、コンクリートの土間打ち、階段の仕上げぬりなどを行うのが左官だ。セメントやモルタル、しっくい、けいそう土などをぬりつけるコテという道具を使って作業を行う。左官はどんなかべやゆかでも美しくしあげる職人技を日々みがいている。左官はせんもん分野によって、「町屋左官」と「丁場左官」の2つに分かれる。町屋左官は地域みっちゃく型の家族経営で、昔ながらのしっくい、土かべぬりを得意とする。丁場左官はゼネコンとよばれる大手そう合建設業者などのもとでビルのかべを下ぬりする。

これがポイント!

左官会社の親方に弟子入りする

左官になるためには、資格や学歴などは問われない。左官の親方に弟子入りして、仕事を覚えていく。左官会社は求人広告や知り合いのツテで見つけて入ることが多いようだ。全国にある職業訓練しせつに通い、きそ的な技術を身につけてから左官会社を探す方法もある。会社に入るとまずは見習いからスタート。材料を練ることから始め、なれてくるとようやくコテをにぎらせてもらえるようになる。土間作りやかべの下ぬりを覚え、一人前になるには4年くらいかかるようだ。

将来はこうなる

左官はこれからも建築業には欠かせない

左官の仕事はたやすくないため、機械化することができない。つまり建築業には欠かせないそんざいだ。しかし、左官として働く人の数は年々へってきている。そこで左官の技を次世代に受けついでいくためにも若手が今、望まれている。建物を美しくするのは左官のうで次第。夏は暑く、冬場は寒く、重たいセメントをかつぐなど、肉体的にハードな仕事だが、芸術的な感性を活かすことができるのもみりょくの1つだ。体を動かすのが好きな人はぜひ目指してみては?

データボックス

収入は?

職人は日給計算で月給がしはらわれる。見習い1年目は 1日7000円、見習い4年目で1日10000円くらいだ。

休暇は?

週休1日制。日曜日が休みのことが多いようだ。雨がふると仕事ができない。

職場は?

建設現場。

なるためチャート

仕事のなり方が一目でわかるチャートだよ!

PAGETOP