メニュー閉じる

ジェットコースター設計士

ジェットコースター設計士

アミューズメントパークのジェットコースターの企画(きかく)図面(ずめん)()こすなどして、安全(あんぜん)第一(だいいち)(かんが)えながらコースを(つく)()げる。来園者(らいえんしゃ)がマシンに()って、一瞬(いっしゅん)のスリルを(たの)しんでいる様子(ようす)()るとやりがいにつながる。

こんな(ひと)にピッタリ!

(ひと)つのことに熱中(ねっちゅう)しやすい(ひと)機械(きかい)などをいじるのが()きな(ひと)(ひと)(たの)しませることが()きな(ひと)

どんな仕事(しごと)

オーダーをもとにジェットコースターの図面(ずめん)などを(つく)

アミューズメントパークからのオーダーに()わせて、来園者(らいえんしゃ)安全(あんぜん)(たの)しめるジェットコースターを(つく)るための設計(せっけい)()(つく)り、建設(けんせつ)作業(さぎょう)やメンテナンスに(かか)わるのが仕事(しごと)だ。コンピューターグラフィックス(CG)や粘土(ねんど)で、50(ぶん)の1や100(ぶん)の1サイズの模型(もけい)(つく)り、制作(せいさく)()計算(けいさん)して、アミューズメントパークに提案(ていあん)する。ジェットコースター設計士(せっけいし)は、ファミリーや(わか)いカップルといった来園者(らいえんしゃ)割合(わりあい)、ほかの()(もの)とのバランス、ジェットコースターの()()一番(いちばん)こわい場所(ばしょ))がよく()える工夫(くふう)といった、色々(いろいろ)部分(ぶぶん)()(くば)りながら、(なが)来園者(らいえんしゃ)(たの)しんでもらえるジェットコースターを発想(はっそう)する(ちから)(もと)められる。

これがポイント!

機械(きかい)工学(こうがく)電気(でんき)工学(こうがく)専門(せんもん)(まな)

ジェットコースター設計士(せっけいし)になるには、高等専門学校(こうとうせんもんがっこう)高専(こうせん))や大学(だいがく)専門(せんもん)学校(がっこう)で、機械(きかい)工学(こうがく)電気(でんき)工学(こうがく)専門(せんもん)(まな)ぶ。そしてジェットコースターなどのアミューズメントパークの()(もの)(つく)会社(かいしゃ)(はい)ると、設計(せっけい)(かか)わっていくことができる。もちろんジェットコースター設計士(せっけいし)になってからも、年々(ねんねん)進化(しんか)していく機械(きかい)工学(こうがく)勉強(べんきょう)(つづ)けなければならない。また、建築(けんちく)土木(どぼく)などの専門(せんもん)分野(ぶんや)以外(いがい)知識(ちしき)もあると、発想(はっそう)(はば)(ひろ)がる。色々(いろいろ)なことに興味(きょうみ)()ち、どんなことでもチャレンジする気持(きも)ちを()つことが大切(たいせつ)なのだ。

将来(しょうらい)はこうなる

(ゆめ)(ゆめ)()わらせずにがんばる(ひと)成功(せいこう)する

機械(きかい)工学(こうがく)分野(ぶんや)は、関連(かんれん)する法律(ほうりつ)規則(きそく)(つね)変化(へんか)している。最近(さいきん)(おお)きな重力(じゅうりょく)のかかる()(もの)高齢(こうれい)(しゃ)()ることもあるからだ。そのため、ジェットコースターを(つく)るには、その変化(へんか)対応(たいおう)することが()かせない。また、(いま)までにない(あたら)しいタイプのジェットコースターを(つく)ることは、とても時間(じかん)手間(てま)もかかるもので、来園者(らいえんしゃ)はそんなジェットコースターの登場(とうじょう)()ちわびている。完成(かんせい)したときの達成感(たっせいかん)(わす)れず、一途(いちず)にジェットコースター設計(せっけい)()ちこむ人材(じんざい)が、これからも(のぞ)まれてくるだろう。

データボックス

収入(しゅうにゅう)は?

月収(げっしゅう)は20(まん)(えん)くらいからで、経験(けいけん)()むともっと()がる。

休暇(きゅうか)は?

週休(しゅうきゅう)二日(ふつか)(せい)

職場(しょくば)は?

アミューズメントパークの()(もの)(つく)って()会社(かいしゃ)など。

なるためチャート

仕事(しごと)のなり(かた)一目(ひとめ)でわかるチャートだよ!

PAGETOP