ジェットコースター設計士

ジェットコースター設計士

アミューズメントパークのジェットコースターの企画を図面などにおこすなどして、安全を第一に考えながらコースを作り上げる。来園者がマシンに乗って、いっしゅんのスリルを楽しんでいる様子を見るとやりがいにつながる。

こんな人にピッタリ!

一つのことに熱中しやすい人。機械などをいじるのが好きな人。人を楽しませることが好きな人。

どんな仕事?

オーダーをもとにジェットコースターの図面などを作る

アミューズメントパークからのオーダーに合わせて、来園者が安全に楽しめるジェットコースターを作るための設計図(せっけいず)を作り、建せつ作業やメンテナンスにかかわるのが仕事だ。コンピューターグラフィックス(CG)やねん土で、50分の1や100分の1サイズの模型を作り、制作費も計算して、アミューズメントパークにていあんする。ジェットコースター設計士は、ファミリーや若いカップルといった来園者のわりあい、ほかの乗り物とのバランス、ジェットコースターの見せ場(一番こわい場所)がよく見える工夫といった、いろいろな部分に気を配りながら、長く来園者に楽しんでもらえるジェットコースターを発想する力がもとめられる。

これがポイント!

機械工学や電気工学をせんもんに学ぶ

ジェットコースター設計士になるには、高等せんもん学校(高せん)や大学、せんもん学校で、機械工学や電気工学をせんもんに学ぶ。そしてジェットコースターなどのアミューズメントパークの乗り物を作る会社に入ると、設計に関わっていくことができる。もちろんジェットコースター設計士になってからも、年々進化していく機械工学の勉強をつづけなければならない。また、建ちくや土木などのせんもん分野以外の知しきもあると、発想のはばが広がる。いろいろなことにきょうみを持ち、どんなことでもチャレンジする気持ちを持つことが大切なのだ。

将来はこうなる

ゆめをゆめで終わらせずにがんばる人が成功する

機械工学の分野は、関連する法律やきそくがつねに変化している。最近は大きな重力のかかる乗り物に高れい者が乗ることもあるからだ。そのため、ジェットコースターを作るには、その変化に対おうすることがかかせない。また、今までにない新しいタイプのジェットコースターを作ることは、とても時間も手間もかかるもので、来園者はそんなジェットコースターの登場を待ちわびている。完成したときの達成感をわすれず、いちずにジェットコースター設計に打ちこむ人材が、これからものぞまれてくるだろう。

データボックス

収入は?

月収は20万円くらいからで、経験をつむともっと上がる。

休暇は?

週休2日制。

職場は?

アミューズメントパークの乗り物を作って売る会社など。

なるためチャート

仕事のなり方が一目でわかるチャートだよ!

PAGETOP