照明デザイナー

ライトの形や色、あて方などによって、見る人にさまざまな印象をあたえる照明(しょうめい)のせんもん知しきとぎじゅつで、空間を光でえん出する。

こんな人にピッタリ!

人を喜ばせるのが好きな人。きれいなもの、かっこいいもの、おしゃれなものが好きな人。人との会話がとくいな人。

どんな仕事?

光を自在にあやつり空間をえん出する照明のプロ

町のさまざまな空間を照明の光でデザインするのが仕事だ。イルミネーションやライトアップなどの屋外の照明から、大きな建物、住たくなどの中にある照明まで、あらゆるデザインのプランを作り、いらい主にていあんする。光には色や角度、向き一つで、ものの見え方や印象をガラリと変える力がある。また、人の気持ちをおだやかにさせたり、こうふんさせたりする心理的こうかもある。光についてのせんもん的な知しきとぎじゅつをもとに、照明を空間にうまく配置して、光で空間をえん出する力がもとめられる。

これがポイント!

大学やせんもん学校で空間デザインなどを学ぶ

照明デザイナーになるには、とくに資格はもとめられない。照明機器メーカーやインテリアデザインの会社などに入り、照明をプランニングする部しょに所ぞくするで、なることができる。しかし、照明の明るさの度合いやよしあしを見分けるセンスが必要だ。そこで大学やせんもん学校で空間デザインや美術、芸術を学んでおくと近道になる。建ちくの照明プランを考えるとき、建ちく設計の知しきももとめられるため、建ちく学や機械工学を学んでおくと役に立つ。いろいろなスポットに出かけ、照明を見る努力もかかせない。

将来はこうなる

照明デザイナーに対する注目度がアップ

日本ではまだ照明デザイナーという仕事はあまり知られていないため、人数がそれほど多くはない。しかし、お店や住たくの照明から、まちをいろどるイルミネーション、建物のライトアップまで、照明に対する注目度は上がってきている。東京タワーの照明を手がけた照明デザイナーさんは、世界初の7色のLED(発光ダイオード)を使ったイルミネーションを、アミューズメントパークでてんかいするなどの新たな試みも行っている。そんなゆたかな発想ときかく力を持った人が、登場することがきたいされている。

データボックス

収入は?

照明デザインを手がける会社に入った場合、月収は18万円くらいから。

休暇は?

週休2日制。しかし、照明プランを練るときやライティングの調整をするときは、残業することもある。

職場は?

照明機器メーカー、インテリアデザイン事務所、建ちく会社など。

なるためチャート

仕事のなり方が一目でわかるチャートだよ!

PAGETOP