メニュー閉じる

照明デザイナー

ライトの(かたち)(いろ)()(かた)などによって、()(ひと)様々(さまざま)印象(いんしょう)をあたえる照明(しょうめい)専門(せんもん)知識(ちしき)技術(ぎじゅつ)で、空間(くうかん)(ひかり)演出(えんしゅつ)する。

こんな(ひと)にピッタリ!

(ひと)(よろこ)ばせるのが()きな(ひと)。きれいなもの、かっこいいもの、おしゃれなものが()きな(ひと)(ひと)との会話(かいわ)得意(とくい)(ひと)

どんな仕事(しごと)

(ひかり)自在(じざい)(あやつ)空間(くうかん)演出(えんしゅつ)する照明(しょうめい)のプロ

(まち)様々(さまざま)空間(くうかん)照明(しょうめい)(ひかり)でデザインするのが仕事(しごと)だ。イルミネーションやライトアップなどの屋外(おくがい)照明(しょうめい)から、(おお)きな建物(たてもの)住宅(じゅうたく)などの(なか)にある照明(しょうめい)まで、あらゆるデザインのプランを(つく)り、依頼主(いらいぬし)提案(ていあん)する。(ひかり)には(いろ)角度(かくど)()(ひと)つで、ものの()(かた)印象(いんしょう)をガラリと()える(ちから)がある。また、(ひと)()()ちをおだやかにさせたり、興奮(こうふん)させたりする心理的(しんりてき)効果(こうか)もある。(ひかり)についての専門的(せんもんてき)知識(ちしき)技術(ぎじゅつ)をもとに、照明(しょうめい)空間(くうかん)にうまく配置(はいち)して、(ひかり)空間(くうかん)演出(えんしゅつ)する(ちから)(もと)められる。

これがポイント!

大学(だいがく)専門(せんもん)学校(がっこう)空間(くうかん)デザインを(まな)

照明(しょうめい)デザイナーになるには、(とく)資格(しかく)(もと)められない。照明(しょうめい)機器(きき)メーカーやインテリアデザインの会社(かいしゃ)などに(はい)り、照明(しょうめい)をプランニングする部署(ぶしょ)所属(しょぞく)することで、なることができる。しかし、照明(しょうめい)(あか)るさの度合(どあ)いや()()しを見分(みわ)けるセンスが必要(ひつよう)だ。そこで大学(だいがく)専門(せんもん)学校(がっこう)空間(くうかん)デザインや美術(びじゅつ)芸術(げいじゅつ)(まな)んでおくと近道(ちかみち)になる。建築(けんちく)照明(しょうめい)プランを(かんが)えるとき、建築(けんちく)設計(せっけい)知識(ちしき)(もと)められるため、建築(けんちく)(がく)機械(きかい)工学(こうがく)(まな)んでおくと(やく)()つ。いろいろなスポットに()かけ、照明(しょうめい)()努力(どりょく)()かせない。

将来(しょうらい)はこうなる

照明(しょうめい)デザイナーに(たい)する注目(ちゅうもく)()がアップ

日本(にほん)ではまだ照明(しょうめい)デザイナーという仕事(しごと)はあまり()られていないため、人数(にんずう)がそれほど(おお)くはない。しかし、お(みせ)住宅(じゅうたく)照明(しょうめい)から、(まち)をいろどるイルミネーション、建物(たてもの)のライトアップまで、照明(しょうめい)(たい)する注目(ちゅうもく)()()がってきている。東京(とうきょう)タワーの照明(しょうめい)()がけた照明(しょうめい)デザイナーは、世界(せかい)(はつ)の7(しょく)のLED(発光(はっこう)ダイオード)を使(つか)ったイルミネーションを、アミューズメントパークで展開(てんかい)するなどの(あら)たな(こころ)みも(おこな)っている。そんな(ゆた)かな発想(はっそう)企画力(きかくりょく)()った(ひと)が、登場(とうじょう)することが期待(きたい)されている。

データボックス

収入(しゅうにゅう)は?

照明(しょうめい)デザインを()がける会社(かいしゃ)(はい)った場合(ばあい)月収(げっしゅう)は18(まん)(えん)くらいから。

休暇(きゅうか)は?

週休(しゅうきゅう)二日(ふつか)(せい)。しかし、照明(しょうめい)プランを()るときやライティングの調整(ちょうせい)をするときは、残業(ざんぎょう)することもある。

職場(しょくば)は?

照明(しょうめい)機器(きき)メーカー、インテリアデザイン事務所(じむしょ)建築(けんちく)会社(がいしゃ)など。

なるためチャート

仕事(しごと)のなり(かた)一目(ひとめ)でわかるチャートだよ!

PAGETOP