時計職人

高度なせいみつさで作られた時計のメンテナンスを行う。

こんな人にピッタリ!

モノ作りにきょうみがある人。手先が器用な人。物事に熱中しやすい人。

どんな仕事?

時計を作ったり、修理を行うなどを時計のスペシャリスト

時計を組み立たり、こわれたりした時計の部品に手を加え、ふたたび使えるようにするのが仕事だ。機械式(ゼンマイをつかったもの)時計のデザインから組み立てまでを行う人を「時計師」とよんだりもする。高級うで時計は、こわれても直して長く使うコレクターがいるため、時計のメカニズムだけではなく、歴史やデザインなどにもくわしいことも求められる。そんな高級うで時計の人気は根強く、機械式時計も人気が高まってきている。

これがポイント!

せんもん学校で時計の仕組みを学ぶ

時計職人になるには、ふくざつな時計の仕組みについて学べるせんもん学校に入るのがいっぱん的だ。宝飾系のせんもん学校の中には、スイスの有名メーカーとタイアップした時計コースをもうけているところもある。時計産業がさかんなスイスの時計せんもん学校に留学するのも一つの手だ。卒業後は時計メーカーや時計はんばい店に入社することになる。しかし、一人前の時計職人になるには、げんばでの長い経験が必要となる。

時計修理技能士の資格を取る

時計の修理、調整については技能検定試験があり、合格すると「時計修理技能士」の国家資格がもらえる。時計職人として独立するのを目指すときに、必ず必要になる資格ではないが、有名時計メーカーなどの入るときは、実力のしょうめいになるので有利になる。

将来はこうなる

高度な技術を持つ若い人たちがふえる

時計職人は世界的に不足しているため、実力さえあれば日本国内問わず、世界で活やくすることもできる。せんもん学校は、年れいを問われないため、社会人になってから技術をみがいて経験をつみ、時計職人としてアトリエをかまえることもゆめではない。

データボックス

収入は?

月収は18万円くらいから。自分でデザイン性の高い時計を作ることができれば、お客さんに高く買い取ってもらえるようになる。

休暇は?

時計メーカーであれば週休2日、時計はんばい店であればシフト制で休みを取る。

職場は?

時計メーカー、時計はんばい店など。

なるためチャート

仕事のなり方が一目でわかるチャートだよ!

PAGETOP