メニュー閉じる

大工

たくさんの道具(どうぐ)使(つか)い、伝統的(でんとうてき)工法(こうほう)で、木造(もくぞう)(いえ)建物(たてもの)をつくり、修理(しゅうり)する職人(しょくにん)神社(じんじゃ)仏閣(ぶっかく)()がける大工(だいく)のことは「宮大工(みやだいく)」と()う。

こんな(ひと)にピッタリ!

目標(もくひょう)()かって()(すす)(ひと)自分(じぶん)から(すす)んでやる(ひと)体力(たいりょく)自信(じしん)のある(ひと)

どんな仕事(しごと)

大工(だいく)道具(どうぐ)使(つか)い、職人(しょくにん)(わざ)日本(にほん)()った(いえ)(つく)

ノミやカンナや(かな)づちなどの大工(だいく)道具(どうぐ)使(つか)って、日本(にほん)気候(きこう)風土(ふうど)()った(いえ)建物(たてもの)設計(せっけい)()(もと)づいて(つく)るのが大工(だいく)仕事(しごと)だ。(いま)日本(にほん)(いえ)づくりでは、ゆかや天井(てんじょう)、かべなどに()使(つか)っているようで、()をうすく()ったものを(かさ)ねたベニヤ(いた)にはりつけたり、化学(かがく)素材(そざい)()模様(もよう)印刷(いんさつ)したりしただけのものが(おお)い。一方(いっぽう)、ボルトや金具(かなぐ)をほとんど使(つか)わずに、()()()()わせる「木組(きぐ)み」でつくる(むかし)からの工法(こうほう)にこだわり、(いえ)()てる大工(だいく)もいる。自分(じぶん)がつくった(いえ)()むお(きゃく)さんから「()心地(ごこち)がいいよ。いろいろ工夫(くふう)してくれてありがとう!」と笑顔(えがお)()われると達成感(たっせいかん)以上(いじょう)のものを(あじ)わうことができる。

これがポイント!

専門(せんもん)学校(がっこう)職業(しょくぎょう)訓練(くんれん)学校(がっこう)などを()て、建設(けんせつ)会社(がいしゃ)などに入社(にゅうしゃ)

大工(だいく)になるには、(とく)学歴(がくれき)資格(しかく)(もと)められない。(なつ)(あつ)さに、(ふゆ)(さむ)さにたえながらの作業(さぎょう)になるため、体力(たいりょく)とやる()があれば大工(だいく)になることができる。建築(けんちく)土木(どぼく)(けい)専門(せんもん)学校(がっこう)職業(しょくぎょう)訓練校(くんれんこう)卒業(そつぎょう)して、建設(けんせつ)会社(がいしゃ)工務店(こうむてん)などに(はい)大工(だいく)になるか、大工(だいく)のとうりょうに弟子入(でしい)りして大工(だいく)になる、という方法(ほうほう)がある。大工(だいく)として一人前(いちにんまえ)になるには、5(ねん)くらいかかると()われている。大工(だいく)屋根(やね)やゆかをはったり、()()れや(まど)わくをつくったり、(おお)くの作業(さぎょう)があるからだ。うでをみがき、最終的(さいしゅうてき)独立(どくりつ)する(ひと)(おお)い。(ひと)つの(いえ)をつくるのに、(おお)くの職人(しょくにん)(かか)わるため、協調性(きょうちょうせい)(ひと)をまとめ()げる(ちから)()につけておきたい。

将来(しょうらい)はこうなる

若手(わかて)大工(だいく)()えていくことが(のぞ)まれる

日本(にほん)伝統的(でんとうてき)木造(もくぞう)建物(たてもの)をつくる大工(だいく)は、高齢(こうれい)()(すす)み、年々(ねんねん)(すく)なくなるばかりだ。そのため、(たか)技術(ぎじゅつ)()った大工(だいく)はどんどん()えていくことが、今後(こんご)(つよ)(のぞ)まれている。

データボックス

収入(しゅうにゅう)は?

月収(げっしゅう)は30(まん)(えん)くらい。能力(のうりょく)(たか)大工(だいく)であれば、月収(げっしゅう)40~50(まん)(えん)くらい。それ以上(いじょう)かせぐ大工(だいく)もいる。

休暇(きゅうか)は?

日曜(にちよう)(やす)みになる場合(ばあい)(おお)く、週休(しゅうきゅう)(にち)(せい)(あめ)()基本(きほん)(やす)みになるが、室内(しつない)でやる仕事(しごと)もあるため、(かなら)(やす)みになるというわけでもない。

職場(しょくば)は?

建築(けんちく)現場(げんば)建設(けんせつ)会社(がいしゃ)など。

なるためチャート

仕事(しごと)のなり(かた)一目(ひとめ)でわかるチャートだよ!

PAGETOP