建設コンサルタント

建設コンサルタント

人々の暮(く)らしを支(ささ)える橋や道路、ダムなどのさまざまな土木構造物(どぼくこうぞうぶつ)の調査(ちょうさ)や計画、設計(せっけい)をするスペシャリスト。

こんな人にピッタリ!

ものを創造(そうぞう)することに喜びを見いだせる人。困難があってもあきらめずに最後までやりとおせる、責任感のある人。人とせっすることが好きで、人の役に立つことが好きな人。

どんな仕事?

設計図をかくだけではなく、工事のための問題解決(もんだいかいけつ)もになう

国や都道府県などは、人々が安全で便利に暮らすために何が必要かを考える。そして必要となった橋や道路、ダムなどの、社会を支えるさまざまな土木構造物の調査や計画、設計を受け持つのが建設コンサルタント。工事は建設会社が担当(たんとう)する。

設計図をかくだけではなく、きちんとした設計ができるように、その場所をじっくり調べ、問題点に気づいたら、解決する方法を探すことも大事。工事をする人たちがスムーズに作業できるように、作業の順番なども考える。古くなった施設の点検(てんけん)をしたり、施設の安全を守る仕事も。

川で昆虫(こんちゅう)をさがしたり、山の中を歩き回る、環境調査(かんきょうちょうさ)も

建設コンサルタントがする設計は、「土木(どぼく)」という分野でのものが中心。自然(しぜん)ともとても関係が深い。これからつくろうとしている施設や設備が、環境にどのような影響(えいきょう)をあたえるか、すでにできあがっているものが、環境にどんな影響をあたえているかを調査する仕事もある。

専門的(せんもんてき)な知識(ちしき)を使って海外で活やく

「土木」は、人々が安心して便利に暮(く)らすための「土台」をつくるのが役目。橋、トンネル、道路、ダム、港、それからきれいな水を使えるようにする上下水道など、土木が手がける「暮らしの土台」はたくさんある。「暮らしの土台」は日本だけでなく、海外でも必要だが、あまり整備(せいび)されていない国もたくさんある。専門的な知識を使ってそのお手伝いをするために、海外で外国の人たちといっしょに働いている人もいる。

これがポイント!

専門的な学科で学んでおく必要がある

おもに設計するのは、橋やダム、道路など人々が安全で便利にくらすために整備するもの。図面をかくだけではなく、調査から計画、工事のしかたを考えたりとたくさんの知識が求められることになる。そのため、高専や大学の専門的な学科で学んでおくことが必要。現在(げんざい)活やくしている建設コンサルタントには、大学の土木分野の学科で学んだ人が多い。

入社後に、プラスになる資格(しかく)を取得する

建設コンサルタントとして活やくするには、国家資格である「技術士」の資格を取ると有利。これは、科学技術の分野で豊富(ほうふ)な専門知識や経験(けいけん)、すぐれた技術があることを証明(しょうめい)する資格。もうひとつ、有利になる民間資格として「シビルコンサルティングマネージャ(RCCM)」がある。働き始めても、たえず学び続ける意欲(いよく)が必要になる。

将来はこうなる

人の暮らしを支える仕事に終わりはない

人々の暮らしを支える仕事なので、つねに必要とされる仕事であることは変わらない。自然災害(しぜんさいがい)も多いなかで、人の命や財産(ざいさん)、環境を守ったり、古くなったものを直したりする仕事は増(ふ)えていくだろう。海外での活やくの場も多い。

データボックス

収入は?

高専・大学卒で初任給20~24万円、大学院卒で22~25万。技術士などの資格を取ると手当が出る会社もある。

休暇は?

完全週休二日制が多いが、会社によっては隔週(かくしゅう)で週休二日のところも。

職場は?

建設コンサルタント会社で、おもにオフィスで働く。調査などで、街なかや山おくに行ったりもする。日本国内だけではなく、世界中で活やくしている。

なるためチャート

仕事のなり方が一目でわかるチャートだよ!

PAGETOP