メニュー閉じる

電車の運転士

時間通りに電車を走らせ、乗せた乗客を安全に目的地までとどける。男の人に人気のしょくぎょうだ。

こんな人にピッタリ!

きちょうめんな人。せきにん感が強い人。

どんな仕事?

たくさんの乗客の命をあずかるせきにんの重い仕事

大勢の乗客の命をあずかりながら、電車を安全に運転するのが電車の運転士の仕事だ。勤務(きんむ)時間は、朝9時から夕方5時で終わる場合もあれば、午後から次の日の朝までの仮眠(かみん)つきでの勤務(きんむ)など、とても不きそくだ。しかしそのぶん、やりがいの大きい仕事だとして、ほこりを持ってはたらいている電車の運転士は多い。

必ず時間どおりに運転しなければならない

電車の運転士は、分きざみのダイヤ(都心部の場合)のため、おくれることはゆるされない。そのため、線路のさまざまなクセを体でおぼえ、電車のこみぐあいや天候によって、ブレーキのかけ方やスピードの出し方を少しずつ変えて日々運転している。もしも電車をおくらせてしまったら、後ろにつづく電車や追いぬく予定だった電車など、何台もの電車をおくれにまきこんでしまう。終点駅に止まるまで気がぬけないのだ。

これがポイント!

鉄道会社に入社して運転士をめざす

電車の運転士になるには、鉄道会社に入社して駅員として数年間勤務(きんむ)し、まずは車しょうになるための試験を受けて合格しなければならない。そして車しょうとしてけいけんをつんだら、運転士になるための試験を受けて合格すると、社内の研究所や教習所で訓練を受けることになる。訓練後、国土交通省による「動力車操縦者免許(どうりょくしゃそうじゅうしゃめんきょ)」の国家試験に合かくすれば、めでたく電車の運転士としてはたらくことができる。

将来はこうなる

コンピューターによるコントロールが進む

運転士とひとことで言っても、ちょう高速の新かん線から、地方に住む人たちの足となる鉄道、町を走る路面電車と、さまざまな電車や列車の運転士がいる。今後はコンピューターによるコントロールが進んでいくことが考えられる。実さい、遠くからのコンピューターによるコントロールで、無人で走っている電車もある。だが、いざという事態(じたい)がおこった場合は、人によるその場におうじた行動が必要になってくる。そのため、電車の運転士にはただ乗り物が好きというだけではなく、事故に対おうできる力がもとめられるだろう。

データボックス

収入は?

月収は35~40万円くらい。平成20年のデータだと、平均年収は641万円。男性の平均年収は643.4万円、女性の平均年収は428.6万円だ。

休暇は?

鉄道は祝・祭日(しゅく・さいじつ)、昼夜とわず毎日運転しているため、交替制(こうたいせい)で休みを取る。

職場は?

JR、民営鉄道などの鉄道会社。

なるためチャート

仕事のなり方が一目でわかるチャートだよ!

PAGETOP