メニュー閉じる

自動車デザイナー

だれもが乗りたくなるような、みりょくてきな車のデザインを考える。

こんな人にピッタリ!

目標に向かってつきすすむ人。しっかり自分の意見がいえる人。想像力ゆたかな人。

どんな仕事?

車の形や色などのデザインを考える

自動車デザイナーは、外観デザインか内装(ないそう)デザインのどちらかのたん当にわけられる。外観デザインは車の形や色、素材(そざい)などを考え、内装デザインは、車内にあるものすべての形や素材、色などを考える。トラックやバスなどの大きな車は、外観3人、内装3人、それにチームリーダーの計7人のグループでデザインをうけもつ。たくさんの人のアイデアや力を集結して、よりよい車を作り上げるのだ。つくり勝手やコストの面も頭に入れながら、人や街がもとめる車、乗った人が楽しくなる車、乗ってみたくなる車づくりを心がけている。機能的(きのうてき)で美しい車を作り出す、そこが自動車デザイナーのおもしろさだ。

これがポイント!

自動車メーカーに入って経験をつむ

特別な資格(しかく)は必要ないため、自動車メーカーのデザイン部門の入って、少しずつ経験(けいけん)をつむのが主なルートだ。自動車のデザインは、乗りものとしてのはたらきやせいのうを理解(りかい)して、より美しい外観や心地よい内装(ないそう)をつくりあげていく、とてもふくざつな仕事である。つまり、経験がない人が自動車デザイナーをめざすことはむずかしいため、まずはメーカーで経験をつもう。その後、フリーになって自分のデザイン会社をつくり、活やくするデザイナーもいる。

美術大学や車のせんもん学校に通う

自動車デザイナーというしょくぎょうは、広くぼしゅうされることはない。美じゅつ大学の工業デザイン科、車のせんもん学校などにぼしゅうがいくことが多いため、こうした学校で学ぶほうが、自動車デザイナーになれる可能性(かのうせい)が高くなる。学生のあいだに、デザインのきほん的な知しきはもちろん、ざんしんな発想力とセンスもやしなっておきたい。

将来はこうなる

より高度な技術や知識がもとめられる

車は、エンジンやコンピュータによるせいぎょをふくめた機械面も、外見や内装(ないそう)をふくめた面も、そして車やかんきょうに関する考え方という面でも、日々進化しつづけている。たとえば、かんきょうへのえいきょうを考えた電気自動車や、ガソリンと電気のりょうほうを使ったハイブリッドカーなどが登場している。自動車デザイナーは、そんな技術の進歩にじゅうなんに対応し、お年よりが心地よく運転できる車、安全性の高い車といった人々ののぞみを予測して、実現する力がもとめられていくだろう。

データボックス

収入は?

月収は20万円くらいからで、経験(けいけん)によってちがってくる。経験をつみ、フリーで仕事をする場合は、自動車メーカーにつとめるよりも格段(かくだん)に収入がよいことが多い。

休暇は?

週休2日。フリーの場合は自由に休みを設定できる。

職場は?

自動車メーカー、自動車デザイン会社、など。

なるためチャート

仕事のなり方が一目でわかるチャートだよ!

PAGETOP