メニュー閉じる

トラック運転手

大型トラックで荷物を目的地まで運ぶ。会社や運ぶ荷物によってちがってくるが、長いきょりを、夜中も走りつづけて目的地にとどけなければならないこともある。また、重たい荷物を運んだり、つめたい冷とう室の中で作業することもあるため、体力的に大変仕事だ。

こんな人にピッタリ!

車が好きな人。体力に自信のある人。

どんな仕事?

大きなトラックで荷物を運ぶ

会社によって運ぶ荷物はちがってくるが、小さなたくはい物から、土砂、薬品、ガソリン、木材などの大きな荷物まで、トラックで運ぶのが仕事だ。トラックの種類は、軽トラックから4トントラック、タンクローリー、ミキサー車、10トントラックなどがある。なお、大きなトラックほどガソリンなどのきけんなものを運ぶので、運転はむずかしくなる。また、運ぶだけではなく、荷物の上げ下ろしも行うため、トラック運転手は体力がないとつとまらない。もちろん、長時間の運転で事故を起こさないための集中力とドライビングテクニックも必要だ。

これがポイント!

運送会社の入社しけんを受けて運転手になる

トラック運転手をぼ集している運送会社に入って、大型車の運転手を目指すのがいっぱん的だ。運送会社は人手不足のところが多いため、学歴やしょくれきはあまり問われない。しかし、トラックの運転には大型自動車第二種の運転めんきょが必要だ。また、安全に時間通りに荷物を運び、交通ルールも守ることができることも大切である。きけん物をとりあつかう資格や、荷物のつみおろしに使うフォークリフトの資格を持っていると、入社しけんに有利になる。

将来はこうなる

トラックは日本の物流に欠かせない

世の中の食品や服、家電などの日ごろ生活で使っているものはもちろん、住んでいる家の材料などの大きなものなど、ありとあらゆるものの物流にトラックは利用されている。つまり、大切な荷物を時間通りにとどけられるトラック運転手という仕事は、これからも日本には欠かせないそんざいだ。一方でトラックの運転には、はいきガスやそう音などのかんきょう面に気を配ることが、今後も大切になってくるだろう。

データボックス

収入は?

月収は18万円くらいから。年収はへいきんで300〜450万円くらいだ。長きょりトラックの運転手の場合、年収600万円くらいかせぐ人も。でもその場合、いそがしさからあまり家には帰ることはできないようだ。

休暇は?

大きな運送会社の場合、週休2日制だが、小さな会社だと不定期になることも多い。

職場は?

運送会社など。

なるためチャート

仕事のなり方が一目でわかるチャートだよ!

PAGETOP