メニュー閉じる

ロケット設計士

数十万点の部品からなるロケットをつくるための設計図(せっけいず)をつくる。ロケットの打ち上げは設計以外にもせいぞうスタッフ、打ち上げスタッフなどの多くの人々がかかわる大プロジェクトだ。

こんな人にピッタリ!

行動力のある人。チームワークを大切にできる人。

どんな仕事?

ロケットをつくるための設計図をつくる

うちゅう船や人工えい星などを打ち上げるためのロケットの設計図(せっけいず)をつくるのが仕事だ。ロケットは打ち上げるものが重ければ重いほど、打ち上げる軌道(きどう)の高度が高ければ高いほど、それに耐えられるロケットを設計しなければならず技術が必要となる。ロケット設計士は、ロケット本体をできるだけ軽くしてロケットの進む力を大きくするため、ねん料となる推進剤(すいしんざい)や材料の特性を考えながら、高度な技術で設計している。

これがポイント!

工学系や理学系の技術と知識を大学などで学ぶ

ロケット設計士になるには、機械、電子、情報などの工学系や理学系の技術と知識は必要だ。かなりせんもん的なものを求められるため、大学以上の学歴が条件となっている場合も多く、宇宙航空研究開発機構(うちゅうこうくうけんきゅうかいはつきこう)のロケット開発部門では、大学院で修士以上をおさめた人がかんげいされる。民間のメーカーでちょくせつ設計・生産にかかわる作業者の場合、多くは高等せんもん学校卒業以上を条件としていることが多いようだ。

将来はこうなる

日本が有人ロケットも開発!?

日本は、国産ロケットによる有人うちゅう飛行の実現をめざすことを発表している。また現在、世界各国が協力して、人類が長期間うちゅうに住める「うちゅうステーション」を建てている。もしかすると十数年後、うちゅうはだれでも行ける場所になっているかもしれないのだ。そのためには、ロケット設計士などのうちゅう開発にかかわる人たちが、ロケットの研究、開発を重ねていかなくてならない。新しいロケットの開発によって、私たちの生活が大きく進歩することが期待されている。

データボックス

収入は?

民間のメーカーの場合、高等せんもん学校卒は月収18万5千円くらいから、大卒で月収20万円くらいから、大学院卒で月収23万円くらいからとなる。

休暇は?

週休2日制。新しい製品の完成前やプロジェクトの目標直前など、一時的に残業が多くなることもある。その場合、一段落してから休みを取ってリフレッシュすることも。

職場は?

民間のメーカー、宇宙航空研究開発機構など。

なるためチャート

仕事のなり方が一目でわかるチャートだよ!

PAGETOP