メニュー閉じる

ロケット設計士

数十万点(すうじゅうまんてん)部品(ぶひん)からなるロケットを(つく)るための設計(せっけい)()(つく)る。ロケットの()()げは設計(せっけい)以外(いがい)にも製造(せいぞう)スタッフ、()()げスタッフなどの(おお)くの人々(ひとびと)(かか)わる(だい)プロジェクトだ。

こんな(ひと)にピッタリ!

行動力(こうどうりょく)のある(ひと)。チームワークを大切(たいせつ)にできる(ひと)

どんな仕事(しごと)

ロケットを(つく)るための設計(せっけい)()(つく)

宇宙船(うちゅうせん)人工(じんこう)衛星(えいせい)などを()()げるためのロケットの設計(せっけい)()(つく)るのが仕事(しごと)だ。ロケットは()()げるものが(おも)ければ(おも)いほど、()()げる軌道(きどう)高度(こうど)(たか)ければ(たか)いほど、それに()えられるロケットを設計(せっけい)しなければならず技術(ぎじゅつ)必要(ひつよう)となる。ロケット設計士(せっけいし)は、ロケット本体(ほんたい)をできるだけ(かる)くしてロケットの(すす)(ちから)(おお)きくするため、燃料(ねんりょう)となる推進(すいしん)(ざい)材料(ざいりょう)特性(とくせい)(かんが)えながら、高度(こうど)技術(ぎじゅつ)設計(せっけい)している。

これがポイント!

工学(こうがく)(けい)理学(りがく)(けい)技術(ぎじゅつ)知識(ちしき)大学(だいがく)などで(まな)

ロケット設計士(せっけいし)になるには、機械(きかい)電子(でんし)情報(じょうほう)などの工学(こうがく)(けい)理学(りがく)(けい)技術(ぎじゅつ)知識(ちしき)必要(ひつよう)だ。かなり専門的(せんもんてき)なものを(もと)められるため、大学(だいがく)以上(いじょう)学歴(がくれき)条件(じょうけん)となっている場合(ばあい)(おお)く、宇宙(うちゅう)航空(こうくう)研究(けんきゅう)開発(かいはつ)機構(きこう)のロケット開発(かいはつ)部門(ぶもん)では、大学院(だいがくいん)修士(しゅうし)以上(いじょう)(おさ)めた(ひと)がかんげいされる。民間(みんかん)のメーカーで直接(ちょくせつ)設計(せっけい)生産(せいさん)(かか)わる作業者(さぎょうしゃ)場合(ばあい)(おお)くは高等専門学校(こうとうせんもんがっこう)卒業(そつぎょう)以上(いじょう)条件(じょうけん)としていることが(おお)いようだ。

将来(しょうらい)はこうなる

日本(にほん)有人(ゆうじん)ロケットも開発(かいはつ)!?

日本(にほん)は、国産(こくさん)ロケットによる有人(ゆうじん)宇宙(うちゅう)飛行(ひこう)実現(じつげん)目指(めざ)すことを発表(はっぴょう)している。また現在(げんざい)人類(じんるい)長期間(ちょうきかん)宇宙(うちゅう)()める「宇宙(うちゅう)ステーション」があり、十数年(じゅうすうねん)()宇宙(うちゅう)はだれでも()ける場所(ばしょ)になっているかもしれないのだ。そのためには、ロケット設計士(せっけいし)などの宇宙(うちゅう)開発(かいはつ)(かか)わる(ひと)たちが、ロケットの研究(けんきゅう)開発(かいはつ)(かさ)ねていかなくてならない。(あたら)しいロケットの開発(かいはつ)によって、(わたし)たちの生活(せいかつ)(おお)きく進歩(しんぽ)することが期待(きたい)されている。

データボックス

収入(しゅうにゅう)は?

民間(みんかん)のメーカーの場合(ばあい)高等専門学校(こうとうせんもんがっこう)(そつ)月収(げっしゅう)18(まん)5千円(せんえん)くらいから、大卒(だいそつ)月収(げっしゅう)20(まん)(えん)くらいから、(だい)学院卒(がくいんそつ)月収(げっしゅう)23(まん)(えん)くらいからとなる。

休暇(きゅうか)は?

週休(しゅうきゅう)二日(ふつか)(せい)(あたら)しい製品(せいひん)完成(かんせい)(まえ)やプロジェクトの目標(もくひょう)直前(ちょくぜん)など、一時的(いちじてき)残業(ざんぎょう)(おお)くなることもある。その場合(ばあい)一段落(ひとだんらく)してから(やす)みを()ってリフレッシュすることも。

職場(しょくば)は?

民間(みんかん)のメーカー、宇宙(うちゅう)航空(こうくう)研究(けんきゅう)開発(かいはつ)機構(きこう)など。

なるためチャート

仕事(しごと)のなり(かた)一目(ひとめ)でわかるチャートだよ!

PAGETOP