メニュー閉じる

F1ドライバー

モータースポーツの最高峰(さいこうほう)として()られるF1(フォーミュラ1)に()る、注目(ちゅうもく)()(たか)花形(はながた)ドライバー。

こんな(ひと)にピッタリ!

目標(もくひょう)()かって地道(じみち)努力(どりょく)ができる(ひと)。スポーツが得意(とくい)(ひと)

どんな仕事(しごと)

大会(たいかい)出場(しゅつじょう)して、試合(しあい)()賞金(しょうきん)をかせぐ

ヨーロッパを中心(ちゅうしん)世界(せかい)各国(かっこく)(おこな)われる自動車(じどうしゃ)レース・F1に出場(しゅつじょう)し、(かく)レースごとに順位(じゅんい)(きそ)()うのがF1ドライバーだ。モータースポーツの世界(せかい)はマシン開発(かいはつ)のために、膨大(ぼうだい)なお(かね)がかかるため、F1ドライバーは金銭(きんせん)(てき)(ささ)えてくれる自動車(じどうしゃ)メーカーやスポンサーを(かなら)()っている。ドライバーとして(なが)活躍(かつやく)するためには、ドライバーとしての「うで」はもちろん、スポンサーの存在(そんざい)不可欠(ふかけつ)なのだ。それらのサポートやF1チームの協力(きょうりょく)()て、順位(じゅんい)によって(あた)えられる点数(てんすう)「チャンピオンシップ・ポイント」を(あつ)め、ワールドチャンピオン(年間(ねんかん)王者(おうじゃ))になるために、(はげ)しい(あらそ)いを()ちぬいていく。

これがポイント!

F1ドライバーとしてF1マシンに()るには、スーパーライセンスが必要(ひつよう)だ。F1のライセンスをゲットするためにはまず、レーシングスクールに(かよ)い、ひたすら(はや)(はし)るように努力(どりょく)しよう。F1の世界(せかい)英語(えいご)(おも)使(つか)われているため、英会話(えいかいわ)勉強(べんきょう)()かせない。そして全日本(ぜんにほん)カート選手権(せんしゅけん)若手(わかて)登竜門(とうりゅうもん)であるフォーミュラ・チャレンジ・ジャパンなどの日本(にほん)のレースで活躍(かつやく)し、上位(じょうい)のレースにどんどん参戦(さんせん)して、ステップアップしていく。そしてスーパーラインセンスを()り、F1チームと契約(けいやく)()わせば()れてF1ドライバーだ。しかし、契約(けいやく)をしてもスポンサーがないと(つづ)けていけないため、契約(けいやく)(まえ)にスポンサーを(さが)したり、お(かね)用意(ようい)したりしなければならないことも(おお)い。

将来(しょうらい)はこうなる

スポーツでありながら商業(しょうぎょう)()(すす)

F1は世界(せかい)各国(かっこく)有力者(ゆうりょくしゃ)文化人(ぶんかじん)などのセレブリティーが(おとず)れる、社交(しゃこう)()(ひと)つとなっている。スポーツでありながら、入場(にゅうじょう)料金(りょうきん)(たか)く、それらの(おお)くは膨大(ぼうだい)資金(しきん)(そそ)いでいる自動車(じどうしゃ)メーカーやスポンサーに(はい)ることからも、商業(しょうぎょう)()(すす)んでいると()えるだろう。F1ドライバーを目指(めざ)すなら、自動車(じどうしゃ)(かん)する技術(ぎじゅつ)進歩(しんぽ)高速(こうそく)()にともなう安全性(あんぜんせい)年々(ねんねん)(たか)くなるマシン開発(かいはつ)()をおさえるための()()めなどが、どのように()わっていくかにも注目(ちゅうもく)しておきたい。

データボックス

収入(しゅうにゅう)は?

契約(けいやく)(きん)などを正式(せいしき)発表(はっぴょう)することが(すく)ないため、おおよその年収(ねんしゅう)しか()からないが、世界的(せかいてき)有名(ゆうめい)なF1ドライバーであれば数十億円(すうじゅうおくえん)第一線(だいいっせん)活躍(かつやく)しているF1ドライバーであれば数億円(すうおくえん)くらいが相場(そうば)のようだ。ただし、これだけの年収(ねんしゅう)がかせげるようになるには、それなりに時間(じかん)がかかることを心得(こころえ)ておこう。

休暇(きゅうか)は?

レースがないオフシーズンに(やす)みを()る。

職場(しょくば)は?

サーキット(じょう)など。

なるためチャート

仕事(しごと)のなり(かた)一目(ひとめ)でわかるチャートだよ!

PAGETOP