メニュー閉じる

自動車はん売員

自動車メーカーのはん売会社(ディーラー)で、お客さんのきぼうに合わせて自動車を売る。

こんな人にピッタリ!

人と話をするのが好きな人。体力に自信がある人。

どんな仕事?

お客さんがほしいとねがう自動車をはん売する

自動車メーカーとはん売けいやくを結んでいるはん売会社(ディーラー)で、新しいお客さんやひいきにしてくれるお客さんに新車のしょうかいして、自動車をはん売するのが仕事だ。自動車はん売員は、得意客によっては自賠責保険(じばいせきほけん)・自動車任意保険(じどうしゃにんいほけん)の手続きや自動車登ろくを代わりに行うこともある。自動車は買いかえがいっぱん的であるため、得意客をきちんとサポートして、次のはん売につなげることが大切である。そのため、自社の車を買ってくれた得意客へあいさつにまわったり、自宅にほう問するなど、日ごろから信らいされるための努力は欠かせない。

これがポイント!

自動車はん売会社に入る

自動車はん売員になるには、高校、大学、せんもん学校を卒業後に自動車はん売会社に入るのがいっぱん的だ。入社後は自動車はん売会社の研しゅう、各会社ごとの訓練と教育を受け、げん場で先ぱいについてセールス方法をおぼえていく。お客さんをもてなし、ものを売る仕事のため、さわやかなえがおとコミュニケーション力が求められる。また仕事がら、試乗や納車のために自動車を運転することもあるため、自動車免許証(じどうしゃめんきょしょう)が必要だ。

将来はこうなる

かんきょう問題に気を配った自動車をはん売

年々、地球のかんきょう問題には注目が高まっている。そのため、自動車はん売員には使用ずみ自動車を始末する方法、フロンガスの回収、車のはいきガスやそう音に対する改良、省資源・省エネ対さく、ガソリンにかわるエネルギーを利用した自動車など、新しいぎじゅつや商品の知しきがこれまで以上に求められてくるだろう。

データボックス

収入は?

月収は16万円くらいから。ただし、自動車はん売員はセールスすることが仕事であるため、えいぎょう成績がよければ、その分収入も高くなる。

休暇は?

週休2日。平日は外回りを行い、土日や休日はその外回りで新車にきょう味を持ったお客さんを店によんで、さらにくわしくせつめいを行う。そのため会社は平日に定休日がある。その前後にもう一日休みをもらうことが多いようだ。

職場は?

自動車のはん売店など。

なるためチャート

仕事のなり方が一目でわかるチャートだよ!

PAGETOP