ロボット開発技術者

産業ロボットや医りょう、かいごロボットなどを開発する

こんな人にピッタリ!

物づくりが好きな人。手先が器用な人。こつこつちょうさしたり、研究するのが好きな人。

どんな仕事?

社会に役立つロボットをチームで開発する

ロボット開発技術者(かいはつぎじゅつしゃ)とは、工場などではたらく産業ロボットや、医りょうやかいごに役立つロボットを開発するのが仕事だ。必要とされるロボットがどんなものなのかを考え、研究開発を行っていく。たとえば、ロボットを使って製品を作るせいみつ機器メーカーは、ロボット開発に高度な技術を望んでいるため、その開発にたずさわる技術者にも高い技術、能力が求められる。設計図の製作やコンピュータのプログラミングなど、広いはんいのせんもん分野が関わってくるため、チームを組んで開発することが多い。どこにも前例のないものを作り出せるのが仕事のみりょくだ。

これがポイント!

工業系や工学系の大学やせんもん学校で学ぶ

ロボットは、機械工学や電気工学の最先たん技術の集合体だ。そのため、ロボット開発技術者になるには、工業系や工学系の大学やせんもん学校などでロボット開発に必要なきそを学び、開発を行っている会社に入るのがいっぱん的だ。また、大学から大学院に進み、研究経験をつんでから、大学や公的研究機関、ロボットの研究部門のある会社に入るルートもある。めんきょや資格はとくに必要ないが、大学院まで進んで研究経験をつんでろん文を発表し、博士号を取っておくと、しゅうしょくには有利になる。

将来はこうなる

ロボットの高度化・ふくざつ化にともない、求められる能力も高い

産業分野では、安全性(あんぜんせい)や生産性(せいさんせい)を高めるために、多種多様なロボットが活用され、その性能(せいのう)もどんどん高度化・ふくざつ化している。それだけにロボット開発技術者に求められるぎじゅつ、能力もいっそう高まっていると言える。また、最近は医りょう関係にも活やくの場がどんどん広がっているため、はば広い経験をつんで、知しきやぎじゅつをやしなっていくことが大切だ。

データボックス

収入は?

ロボットの研究所の場合、月収は30万円くらい。

休暇は?

週休2日制。ロボットの納期(のうき)が近いときはてつ夜が続くこともある。

職場は?

ロボット研究所、ロボット研究を行う大学など。

なるためチャート

仕事のなり方が一目でわかるチャートだよ!

PAGETOP