メニュー閉じる

ロボット開発技術者

産業(さんぎょう)ロボットや医療(いりょう)介護(かいご)ロボットなどを開発(かいはつ)する

こんな(ひと)にピッタリ!

(もの)づくりが()きな(ひと)手先(てさき)器用(きよう)(ひと)。こつこつ調査(ちょうさ)したり、研究(けんきゅう)したりするのが()きな(ひと)

どんな仕事(しごと)

社会(しゃかい)役立(やくだ)つロボットをチームで開発(かいはつ)する

ロボット開発(かいはつ)技術者(ぎじゅつしゃ)とは、工場(こうじょう)などで(はたら)産業(さんぎょう)ロボットや、医療(いりょう)介護(かいご)役立(やくだ)つロボットを開発(かいはつ)するのが仕事(しごと)だ。必要(ひつよう)とされるロボットがどんなものなのかを(かんが)え、研究(けんきゅう)開発(かいはつ)(おこな)っていく。(たと)えば、ロボットを使(つか)って製品(せいひん)(つく)精密(せいみつ)機器(きき)メーカーは、ロボット開発(かいはつ)高度(こうど)技術(ぎじゅつ)(のぞ)んでいるため、その開発(かいはつ)にたずさわる技術者(ぎじゅつしゃ)にも(たか)技術(ぎじゅつ)能力(のうりょく)(もと)められる。設計(せっけい)()製作(せいさく)やコンピューターのプログラミングなど、(ひろ)範囲(はんい)専門(せんもん)分野(ぶんや)(かか)わってくるため、チームを()んで開発(かいはつ)することが(おお)い。どこにも前例(ぜんれい)のないものを(つく)()せるのが仕事(しごと)魅力(みりょく)だ。

これがポイント!

工業(こうぎょう)(けい)工学(こうがく)(けい)大学(だいがく)専門(せんもん)学校(がっこう)(まな)

ロボットは、機械(きかい)工学(こうがく)電気(でんき)工学(こうがく)最先端(さいせんたん)技術(ぎじゅつ)集合体(しゅうごうたい)だ。そのため、ロボット開発(かいはつ)技術者(ぎじゅつしゃ)になるには、工業(こうぎょう)(けい)工学(こうがく)(けい)大学(だいがく)専門(せんもん)学校(がっこう)などでロボット開発(かいはつ)必要(ひつよう)基礎(きそ)(まな)び、開発(かいはつ)(おこな)っている会社(かいしゃ)(はい)るのが一般的(いっぱんてき)だ。また、大学(だいがく)から大学院(だいがくいん)(すす)み、研究(けんきゅう)経験(けいけん)()んでから、大学(だいがく)公的(こうてき)研究(けんきゅう)機関(きかん)、ロボットの研究(けんきゅう)部門(ぶもん)のある会社(かいしゃ)(はい)るルートもある。免許(めんきょ)資格(しかく)(とく)必要(ひつよう)ないが、大学院(だいがくいん)まで(すす)んで研究(けんきゅう)経験(けいけん)()んで論文(ろんぶん)発表(はっぴょう)し、博士号(はくしごう)()っておくと、就職(しゅうしょく)には有利(ゆうり)になる。

将来(しょうらい)はこうなる

ロボットの高度(こうど)()複雑(ふくざつ)()にともない、(もと)められる能力(のうりょく)(たか)

産業(さんぎょう)分野(ぶんや)では、安全性(あんぜんせい)生産性(せいさんせい)(たか)めるために、多種(たしゅ)多様(たよう)なロボットが活用(かつよう)され、その性能(せいのう)もどんどん高度(こうど)()複雑(ふくざつ)()している。それだけにロボット開発(かいはつ)技術者(ぎじゅつしゃ)(もと)められる技術(ぎじゅつ)能力(のうりょく)もいっそう(たか)まっていると()える。また、最近(さいきん)医療(いりょう)関係(かんけい)にも活躍(かつやく)()がどんどん(ひろ)がっているため、幅広(はばひろ)経験(けいけん)()んで、知識(ちしき)技術(ぎじゅつ)(やしな)っていくことが大切(たいせつ)だ。

データボックス

休暇(きゅうか)は?

週休(しゅうきゅう)二日(ふつか)(せい)。ロボットの納期(のうき)(ちか)(とき)残業(ざんぎょう)(つづ)くこともある。

職場(しょくば)は?

ロボット研究所(けんきゅうじょ)、ロボット研究(けんきゅう)(おこな)大学(だいがく)など。

なるためチャート

仕事(しごと)のなり(かた)一目(ひとめ)でわかるチャートだよ!

PAGETOP