メニュー閉じる

機関長

貿易(ぼうえき)立国(りっこく)である日本(にほん)経済(けいざい)(ささ)える海運(かいうん)(ぎょう)。エンジンなどの機械(きかい)整備(せいび)して、(ふね)安全(あんぜん)航行(こうこう)させる機関(きかん)()のリーダー。

こんな(ひと)にピッタリ!

(うみ)機械(きかい)()きな(ひと)。エンジニアとして1つの機械(きかい)性能(せいのう)追求(ついきゅう)することも大切(たいせつ)だが、機関(きかん)()のリーダーとして、様々(さまざま)機械(きかい)(ひと)にも興味(きょうみ)()つことが大切(たいせつ)だ。

どんな仕事(しごと)

(ふね)安全(あんぜん)航行(こうこう)(ささ)える機関(きかん)()のリーダー

(ふね)職場(しょくば)には、デッキで(はたら)甲板(かんぱん)()仕事(しごと)のほかに、エンジンなどの機械(きかい)(あい)()にする機関(きかん)()仕事(しごと)がある。機関(きかん)()最高(さいこう)責任者(せきにんしゃ)である機関(きかん)(ちょう)は、(ふね)安全(あんぜん)航行(こうこう)(ささ)える役割(やくわり)(にな)うため、セーフティーオフィサーとも()ばれている。

これがポイント!

商船(しょうせん)(けい)学部(がくぶ)進学(しんがく)し、英語力(えいごりょく)()につけよう!

(ふね)()るためには、「海技士(かいぎし)機関(きかん))」の国家(こっか)資格(しかく)必要(ひつよう)。この資格(しかく)()るためには、大学(だいがく)商船(しょうせん)(けい)学部(がくぶ)高等専門学校(こうとうせんもんがっこう)高専(こうせん))の商船(しょうせん)学科(がっか)進学(しんがく)し、乗船(じょうせん)実習(じっしゅう)()けるのが有利(ゆうり)だ。外国人(がいこくじん)船員(せんいん)とのコミュニケーションが必要(ひつよう)なので、英語力(えいごりょく)()につけることも大切(たいせつ)だ。

将来(しょうらい)はこうなる

日本人(にほんじん)船員(せんいん)不足(ふそく)しているので、努力(どりょく)次第(しだい)でチャンスあり!

日本人(にほんじん)船員(せんいん)(かず)極端(きょくたん)()っているため、政府(せいふ)海運(かいうん)業界(ぎょうかい)次世代(じせだい)人材(じんざい)確保(かくほ)(つと)めているのが現状(げんじょう)。あせらずにコツコツと努力(どりょく)し、より上級(じょうきゅう)海技(かいぎ)資格(しかく)取得(しゅとく)することで、努力(どりょく)(むく)われる環境(かんきょう)にある。

データボックス

収入(しゅうにゅう)は?

海運(かいうん)会社(がいしゃ)によって給料(きゅうりょう)乗船(じょうせん)(ちゅう)手当(てあて)がちがうが、労働(ろうどう)協約(きょうやく)(さだ)められている賃金(ちんぎん)は、(おな)会社(かいしゃ)陸上(りくじょう)勤務(きんむ)をするよりも(たか)く、外航船(がいこうせん)機関(きかん)(ちょう)場合(ばあい)1,000(まん)(えん)以上(いじょう)もらえる会社(かいしゃ)(おお)い。乗船(じょうせん)(ちゅう)はほとんどお(かね)使(つか)わないため、貯金(ちょきん)ができるのがよい(てん)だ。

休暇(きゅうか)は?

乗船(じょうせん)(ちゅう)(やす)みなしで(はたら)き、下船(げせん)()連続(れんぞく)してまとめて休暇(きゅうか)()ることができる。6か(げつ)乗船(じょうせん)勤務(きんむ)で3か(げつ)休暇(きゅうか)、8か(げつ)乗船(じょうせん)勤務(きんむ)で4か(げつ)休暇(きゅうか)。じっくり勉強(べんきょう)して資格(しかく)取得(しゅとく)できたり、(やす)時期(じき)海外旅行(かいがいりょこう)ができるなどの()(てん)がある。

職場(しょくば)は?

外航(がいこう)海運(かいうん)会社(がいしゃ)内航(ないこう)海運(かいうん)会社(がいしゃ)など。

なるためチャート

仕事(しごと)のなり(かた)一目(ひとめ)でわかるチャートだよ!

PAGETOP