バスの運転士

停留所(ていりゅうじょ)から停留所へ時間通りに走らせる路線バスや、旅行客を目的地へ運ぶ観光バスのドライバー。女の人の運転士もふえている。

こんな人にピッタリ!

まじめで根気強い人。せきにん感が強い人。

どんな仕事?

多くの人を目的地へ安全にとどける意義(いぎ)ある仕事

バスの運転士の仕事は、大型バスにたくさんの乗客を乗せて目的地まで運ぶこと。乗客を乗せるバスには、停留所をめぐる路線バスなどの「乗合バス」と、観光バスなどの「貸切(かしきり)バス」がある。乗合バスは、住民の足代わりなので、毎日決められた時刻(じこく)通りに運行することが求められる。貸切バスは、遠足や修学旅行(しゅうがくりょこう)などに使われるので走るルートはさまざま。どちらも、経験(けいけん)にささえられた高い運転技術(ぎじゅつ)が必要だ。また、自動車の運転は少しのミスが大事故(だいじこ)につながるので、走行中はずっと気がぬけない。自分の都合で席を外せないし、乗客同士のトラブルにも注意しなくてはならないなど、きついこともあるが、人のためになるという社会的な意義のある仕事でもある。

これがポイント!

バスの運転には大型自動車第二種運転免許(めんきょ)が必要

自動車を運転するには自動車運転免許が必要だが、旅客を運ぶ自動車を運転するには、「二種免許」をとる必要がある。さらに、30人以上が乗るバスを運転するには大型自動車を運転できることが必要なため、「大型自動車第二種運転免許」が必要となる。第二種免許は第一種免許をとってから3年以上たたないと取れないので、少なくとも「普通(ふつう)自動車(第一種)運転免許」を取得してからバス会社に入社するのが早道だ。大型自動車第二種運転免許をとるお金を出してくれる会社もある。免許がとれれれば、社内の研修(けんしゅう)や訓練で運転技術をみがき、一人での乗務を目指す。路線バスと観光バスの両方がある会社では、はじめは基本(きほん)となる路線バスの運転をこなし、社内試験に合格することで観光バスの乗務(じょうむ)にうつることが多い。

将来はこうなる

女の人のバス運転士が年々ふえている

路線バスは、自動車を運転できない人、たとえばお年よりの買い物や通院、児童や生徒の登下校になくてはならない交通機関だ。それなのに、バスの運転士はいつも人手不足。そんな中、女の人のバス運転士はふえているのだ。路線バスは決められた運行スケジュールにしたがって走るので、急な残業などはほとんどない。働く時間が決まっているので、結婚(けっこん)している女の人でも家事や育児を両立しやすいのだ。また、2020年に開かれる東京オリンピック・パラリンピックに向けてふえている外国人観光客向けの観光バスと運転士も不足している。希望する人にはチャンスが多そうだ。

データボックス

収入は?

平成26年のデータでは、平均月収は32万円。平均年収は447万円。

休暇は?

月6〜7日くらい。交替制(こうたいせい)ではたらくため、休日となる曜日は不規則(ふきそく)となる。

職場は?

バス会社。民営の会社や、地方公共団体(都・県・市町村)が経営する会社もある。

なるためチャート

仕事のなり方が一目でわかるチャートだよ!

PAGETOP