メニュー閉じる

Webデザイナー

ホームページのデザインが仕事。無数にあるホームページの中でもキラリと光るものを作るのが使命

こんな人にピッタリ!

デザインセンスがあり、コンピューターが好きな人。技術革新がとても速い世界なので、新しいことに積極的にチャレンジができて、ねばり強さと熱意がある人。自分の考えを、わかりやすく他人に説明できる論理的な能力も大切だ。

どんな仕事?

ユーザーの要求にピッタリのホームページを作り出す

インターネットのホームページ(Web)のデザインを手がける仕事。ホームページの基本設計から、画像やアイコン、フォント(文字の書体)にいたるまで、デザイン面を総合的にディレクションしていく。Webデザインでは、見た目の美しさにこだわるだけでなく、ユーザーの使いやすさにも配慮することが大切だ。このため、ホームページ制作ソフトを駆使して、デザイナー自身が制作にタッチするケースも多い。様々な職種(Webディレクター、コーダー、プログラマーなど)と共に、1つのサイトを作り上げる。

これがポイント!

学歴よりも経験第一

この業界では、正社員で採用されるのは即戦力として通用する人だけ、というケースが少なくない。まずはアルバイトなどで、制作会社に入社し、そこで経験を積みながらレイアウトのセンスをみがき、キャリアアップをめざそう。短期集中の教室(スクール)や専門学校などで、Webデザインの基礎をひととおり学んでおくのもおすすめだ。

取得可能な資格は手に入れておく

独学でもデザインセンスと技術力があれば、就職も可能。しかし、自分の能力を客観的に知るためにも、(財)画像情報教育振興協会が主催する「Webデザイナー検定試験」やサーティファイ Web利用・技術認定委員会が主催する「Webクリエイター能力認定試験」などの資格を持っておこう。就職の面接時に好印象につながる。

将来はこうなる

業務内容はますます増え、マルチに活躍できる人材が求められる

ネット上で多様なビジネスが展開されている今日、Webデザイナーに求められるスキルはますます拡大している。まだ歴史の浅い業界なので、将来的なことは読みにくいが、おそらく今後も業務内容は増加していくはずだ。そのぶん、デザインセンスはもちろん、技術的に高度なスキルを習得した人や、マルチに活躍できる人材が求められるだろう。

データボックス

収入は?

制作会社勤務の場合、月収15〜50万円程度。フリーで活躍すればそれ以上の収入を得ることも可能。

休暇は?

週休2日制のところが多く、祝日、夏期休暇、年末年始休暇、有給休暇、慶弔休暇などもあり。

職場は?

マルチメディア系の制作会社、DTP会社(デジタルデータの入力をする)、広告制作会社など。実力を身につけて、より高度な仕事ができる職場や職業(Webディレクターなど)へとキャリアアップしていく人も多い。

なるためチャート

仕事のなり方が一目でわかるチャートだよ!

PAGETOP