メニュー閉じる

CGデザイナー

CG技術の飛躍的発展でニーズが急拡大。今や、マルチメディア社会をリードする花形専門職として注目を浴びる

こんな人にピッタリ!

映画、美術、写真、建築などの芸術が好きで、コンピューターに強い人。視覚的な発想が豊かで、1日コンピューターの前で仕事をしていても平気な、根気のある人。好奇心・知識欲が強く、新しいものに対して敏感な人。

どんな仕事?

コンピューター上で立体画像をデザイン

既存または専用に開発したソフトを使い、コンピューターにデータを入力して物体の形状を作成(モデリング)し、空間への配置、質感の設定、色彩、視覚(カメラの位置)や光源の設定などの操作を施して立体画像を設計するのが基本。仕事のジャンルによっては、立体画像を動かしたり、建物や部屋などの空間を立体化することもある。

これがポイント!

専門学校・大学に行くのが近道

CGデザイナーには芸術的なセンスやデザインの才能、技術も必要だが、何よりもコンピューターを扱うので、コンピューター操作、理論をマスターしておく必要がある。そのためにはCGの専門学校や美術・芸術系もしくは理工・情報処理系の大学・短大に進むのが一般的だ。

就職先は幅広い

CGといえば、以前はゲームで使われることが多かったが、現在は活躍の場も広がっている。CM、映画、テレビなど映像関連以外にも、建築や車の設計、商品パッケージ、ファッション、アートなど、就職先も幅広い。文部省認定のCG検定の資格を取っておくと、就職の際に有利になる。

将来はこうなる

“秒進分歩”のCGには、独自の表現センスが求められる

今やCGの用途は、アニメ、映画などのエンターテインメントから科学シミュレーション、工業デザイン、医療まで広がり続けている。近年ではCGを作成するパソコンソフトなども手に入りやすくなり、趣味でCGを作成することも簡単にできるようになりつつある。しかし、プロとしての独自のセンス、確かな技術があれば、これから先も活躍が期待できるだろう。

データボックス

収入は?

就職先によって収入は異なる。ただ、専門職にあたるので、キャリアを積み一人前になれば、一般の事務系サラリーマンよりも若干は高収入を期待できる。将来独立して自分でCGデザインスタジオ、制作会社などを設立し、仕事が軌道に乗れば、収入もぐんとアップ。才能と努力次第で、大金持ちになることも夢ではない。

休暇は?

これも就職先によるが、制作プロダクションなどでは、フレックスタイム制のところが多く、自分で時間の管理をしやすい。だが、個別のプロジェクトごとに動くので、スケジュールによっては残業の連続、納期間際には徹夜、休日出勤なども珍しくない。

職場は?

CG制作会社、アニメ・映像・ゲーム制作会社、テレビ局、広告制作会社、建築設計事務所、ファッション関連メーカーの広告宣伝部など。

なるためチャート

仕事のなり方が一目でわかるチャートだよ!

PAGETOP