プログラマー

コンピュータのプログラムを作成する人のこと。あの世界的に有名なマイクロソフト社のビル・ゲイツもプログラマーである。

こんな人にピッタリ!

体力がある人。目標に向かってつきすすむ人。きちょうめんな人。

どんな仕事?

高度なせんもん知識をもとに、コンピュータのプログラムを作る

コンピュータのじょうほう処理の手順を指示するプログラムを、システムエンジニアの作った開発仕様書をもとに作成して、悪いところがないかどうか検証(けんしょう)するのが仕事だ。プログラムは、プログラミング言語というとくしゅな言語を組み合わせて開発する。そして、あらゆる条件でコンピュータを動かして、悪いところを直して完成させていく。プログラムの納期がせまると、勤務(きんむ)時間がかなり不規則になるため、デスクワークとはいえ体力勝負な仕事だ。

これがポイント!

せんもん学校や大学などできそ的な知識を学ぶ

とくに資格(しかく)は問われない。工業高校やせんもん学校、大学などで、きそ的な知識や技術を学んでから、プログラマーになるのがいっぱん的だ。そしてコンピュータシステムやソフトウェアを開発している会社につとめる場合が多く、身につけた知識と技術を活かし、プログラマーとして独立して仕事を受けている人もたくさんいる。ちなみに一見、理系の学校に進んだ人でないとなれないと思われがちだが、情報や要件を整理できる能力があれば、文系出身の人でもなることができる。中には独学で学んでプログラマーになった人もいる。

将来はこうなる

せまく深い分野で仕事をすることがふえる

世界的なネットワークの技術向上は、めざましいものがある。今や、プログラムに必要なすべての知識を、人間が一人で頭にインプットさせるのが不可能なほど、プログラムの世界はぼう大でふくざつ化しているのだ。そのため、プログラマーはよりせまく深い分野で仕事をすることが多くなってきた。これからもその傾向はより強くなっていくと考えられる。自分の得意分野をのばし、その時代に求められるものやトレンドに応えられる者が、プログラマーとして成功するだろう。

データボックス

収入は?

年収は平均399万円くらい。

休暇は?

週休2日制。ただし、いそがしい時期は、休めないときも。

職場は?

コンピュータシステム会社、ソフトウェアを開発している会社など。

なるためチャート

仕事のなり方が一目でわかるチャートだよ!

PAGETOP