パソコンインストラクター

パソコンインストラクター

パソコンに関するはば広い知しきをもとに、パソコンのそうさ方法やソフトウェアの使い方を、初心者に分かりやすく教える。

こんな人にピッタリ!

人と話すのが好き。人にものを教えるのが好き。

どんな仕事?

パソコンを買った人に使い方を教えるパソコンの先生

パソコンを買ったお客さんやパソコン教室に来た生徒などに、パソコンのそうさ方法を教えるのが仕事だ。教える相手は1対1のこともあれば、一度に大勢を相手にすることもある。パソコンインストラクターが働いているのは、パソコンなどをはんばいする会社のショールームや、役所や会社が開くパソコン教室などだが、会社やこじんの家へ出向いて教えることもある。また、自宅でパソコン教室を開校している人もいる。パソコンインストラクターには、つねに新機種に関心を持って取り組もうとする気持ちと、人に好感を持たれ、分かりやすく教える力が求められる。

これがポイント!

パソコンの知しきと教え方を覚える

パソコンインストラクターになるために必要な資格(しかく)はない。パソコンについて自分で勉強したり、通信教育やせんもん学校などで学んでから、パソコン教室につとめて、仕事のやり方を学覚えていくことが多いようだ。エクセルやワードなどのマイクロソフトオフィス製品のスキルをしょうめいできる民間資格「マイクロソフト オフィス スペシャリスト」を取得しておくと、就職(しゅうしょく)するときに有利だ。

何かの分野のせんもん家になる

パソコンインストラクターは、ワードやエクセルを教えるオフィスインストラクターと、Java(ジャバ)などプログラミング言語を教えるインストラクター、ウェブサイトの作り方を教えるインストラクター、出版物を作るソフトの使い方やデザインの方法を教えるインストラクターなど、実はたくさんの分野に分かれている。 その中の1つでもいいので、くわしい知しきのある分野を持っていると、パソコンインストラクターになったときに自分の強みになる。

将来はこうなる

つねに自分の能力を高めていける人が成功する

パソコンは今や、ひとり一台の時代になったと言われ、今後もわかい人はもちろん、お年よりでもパソコンを覚えたいという人がふえていくと予想される。そのためパソコンインストラクターは、さまざまな利用者が求めることをかなえるべく、つぎつぎと発売されるパソコンの新機種すべての情報を知っていなければならない。つまり、パソコンインストラクターになった後の勉強も大切で、つねに自分ののうりょくを高めていく努力が必要になっていくだろう。

データボックス

収入は?

働く場所、働き方(フリーか会社員か)などによってちがってくるが、パソコン教室のインストラクターの場合、月収は18万円くらいからだ。

休暇は?

パソコン教室の場合、シフト制で週休2日制だ。

職場は?

パソコン教室、パソコンのショールーム、自宅など。

なるためチャート

仕事のなり方が一目でわかるチャートだよ!

PAGETOP