メニュー閉じる

カラーコーディネーター

カラーコーディネーター

さまざまな製品(せいひん)から個人(こじん)のファッションまで、プロの視点(してん)(いろ)決定(けってい)する“(いろ)のスペシャリスト”。

こんな(ひと)にピッタリ!

(ふく)()()わせなどで(いろ)(えら)(かた)をほめられたことがある(ひと)流行(りゅうこう)敏感(びんかん)(ひと)

どんな仕事(しごと)

(いろ)(かん)するあらゆる提案(ていあん)をする

カラーコーディネーターは、それぞれの(いろ)()性質(せいしつ)やイメージを(かんが)えて最適(さいてき)(いろ)()()わせを提案(ていあん)する(いろ)のスペシャリスト。(いろ)人間(にんげん)(こころ)(おお)きく作用(さよう)することがわかっているので、(おお)くの会社(かいしゃ)がデザインの要素(ようそ)(ひと)つである配色(はいしょく)重視(じゅうし)している。衣服(いふく)やファッション、建築(けんちく)やインテリア、乗用車(じょうようしゃ)家電(かでん)製品(せいひん)広告(こうこく)やWeb、食品(しょくひん)雑貨(ざっか)など、さまざまな業種(ぎょうしゅ)でカラーコーディネーターが必要(ひつよう)とされているのだ。

提案(ていあん)する相手(あいて)会社(かいしゃ)から個人(こじん)まで

カラーコーディネーターの仕事(しごと)は、(おお)きく()けると(つぎ)(みっ)つがある。(1)就職(しゅうしょく)した会社(かいしゃ)自社(じしゃ)商品(しょうひん)使(つか)(いろ)提案(ていあん)したり、商品(しょうひん)のディスプレイ方法(ほうほう)などを(かんが)えたりする仕事(しごと)。(2)問題(もんだい)解決策(かいけつさく)提案(ていあん)する「コンサルティング会社(がいしゃ)」の業務(ぎょうむ)として、取引(とりひき)(さき)希望(きぼう)(おう)じて(いろ)提案(ていあん)する仕事(しごと)店内(てんない)のレイアウトを(かんが)えたり、街並(まちな)みを整備(せいび)する都市(とし)計画(けいかく)などで(いろ)(かん)する調査(ちょうさ)相談(そうだん)(おう)じたりすることもある。(3)個人(こじん)(たい)して、その(ひと)似合(にあ)(いろ)のファッションやインテリアを提案(ていあん)などする仕事(しごと)相手(あいて)会社(かいしゃ)でも個人(こじん)でも、(いろ)(かん)する知識(ちしき)をいかして最適(さいてき)配色(はいしょく)提案(ていあん)することは()わらない。

これがポイント!

就職(しゅうしょく)有利(ゆうり)になる(ふた)つの資格(しかく)

カラーコーディネーターになるのに特別(とくべつ)資格(しかく)必要(ひつよう)ない。ただ、(いろ)についての(ふか)知識(ちしき)()かせないので、そうした知識(ちしき)()についていることを証明(しょうめい)する資格(しかく)はある。東京(とうきょう)商工(しょうこう)会議所(かいぎしょ)による「カラーコーディネーター検定(けんてい)」と、公益(こうえき)社団(しゃだん)法人(ほうじん)色彩(しきさい)検定(けんてい)協会(きょうかい)(AFT)による「色彩(しきさい)検定(けんてい)」。この(ふた)つを()っておくと就職(しゅうしょく)有利(ゆうり)だろう。また、流行(りゅうこう)(いろ)人々(ひとびと)(この)(いろ)変化(へんか)にいち(はや)()づくように感覚(かんかく)をみがいておくことも大切(たいせつ)だ。

将来(しょうらい)はこうなる

(いろ)効用(こうよう)(みと)められている(いま)将来性(しょうらいせい)はバツグン!

()()にさせる(いろ)商品(しょうひん)気持(きも)ちを()()かせる(いろ)部屋(へや)など、(いま)では(いろ)()効用(こうよう)(ひろ)認識(にんしき)されている。(いろ)のスペシャリストであるカラーコーディネーターに(たい)するニーズは今後(こんご)ますます(たか)まっていくだろう。

データボックス

収入(しゅうにゅう)は?

会社(かいしゃ)勤務(きんむ)する場合(ばあい)、その会社(かいしゃ)によるが、年収(ねんしゅう)はおよそ350~450(まん)(えん)実力(じつりょく)をつけてフリーになれば、より(こう)収入(しゅうにゅう)()ることも可能(かのう)だ。

休暇(きゅうか)は?

職場(しょくば)にもよるが、基本(きほん)週休(しゅうきゅう)二日制(ふつかせい)

職場(しょくば)は?

カラーコンサルティング会社(がいしゃ)広告(こうこく)制作(せいさく)・デザイン事務所(じむしょ)、インテリア関連(かんれん)会社(がいしゃ)、アパレルメーカーや工業(こうぎょう)製品(せいひん)メーカーなどの商品(しょうひん)企画(きかく)・デザイン部門(ぶもん)宣伝(せんでん)広報(こうほう)()

なるためチャート

仕事(しごと)のなり(かた)一目(ひとめ)でわかるチャートだよ!

PAGETOP