ファッションデザイナー

ファッションデザイナー

目まぐるしく移り変わる流行の最先端で、新しい服を作り続ける創造的な仕事。時代を読むセンスとともに優れた技術も大事

こんな人にピッタリ!

色彩感覚が豊かで、絵を描くのが得意な人。流行の服を自分なりにアレンジして着こなすなど、ファッションセンスの鋭い人。裁縫の技術が優れていることも大切な条件の1つだ。

どんな仕事?

雑用をこなしながらデザイン画を描きためる

ファッションの世界は4シーズン制で、それぞれのシーズンに新作発表会が行われる。デザイナーは、半年から1年前に準備に入る。市場調査し、何が流行するか先を読み、イメージを決める。次にデザイン画を描き、デザイン決定。そして裁断・縫製を指示し、仕上がりサンプルのチェックをしていく。一人前になるまでの下積み期間は5〜6年。新人デザイナーは顧客向けのサンプルの梱包・発送作業、マップ(スケジュールなどをビジュアル化したもの)の作成など雑用をこなしながら、こつこつとデザイン画を描きためている人が多い。

これがポイント!

在学中に資格を取っておこう

すぐに技術をマスターするなら専門学校、じっくり勉強したければ大学・短大がお勧め。専門学校では、高田賢三などトップデザイナーを輩出している文化服装学院が実績No.1。大学・短大では女子美術大、京都芸術短大など。在学中に「パターンメーキング技術検定試験」「洋裁技術検定(上級)」にパスしておくと就職には有利。

コンクールに積極的に挑戦

国内で最も権威のあるコンクールは「装苑賞」で、山本寛斎やコシノジュンコらが受賞している。新人の登竜門として有名な賞を取れば、将来のトップデザイナーの座を約束されるといってもいいだろう。

将来はこうなる

コンピューターを駆使するデザイナーも

最近は、コンピューターを駆使してファッションデザインをする人も多い。グラフィックソフトを使うと手描きとは違った効果が出て、アイデアも広がる。

データボックス

収入は?

大手アパレル会社で一人前のデザイナーになると、年収は500〜600万円くらい。さらに能力を認められた契約デザイナーになれば、年収1000万円以上に。独立した場合は、サンプル品の作製などに経費がかかることも頭に入れておこう。

休暇は?

大手のアパレル会社はたいてい週休2日制。ただし、展示会などの直前は残業や徹夜が多くなり、休日に出勤することもしばしばだ。

職場は?

最初はアパレルメーカーや有名デザイナーの経営するデザイン事務所に就職する人がほとんど。会社や事務所によってデザインに特徴があるので、自分の感性に合うところを選ぶようにしよう。実績を積めば独立・開業のチャンスも。

なるためチャート

仕事のなり方が一目でわかるチャートだよ!

PAGETOP