メニュー閉じる

パタンナー

パタンナー

ファッションデザイナーがえがいたデザインイラストを(もと)に、洋服(ようふく)設計(せっけい)()()われる型紙(かたがみ)(=パターン)を()こして、サンプルを(つく)る。ファション業界(ぎょうかい)には()かせない存在(そんざい)だ。

こんな(ひと)にピッタリ!

流行(りゅうこう)敏感(びんかん)(ひと)。1ミリでもずれると(ふく)のラインが()わってしまうため、(こま)かい作業(さぎょう)得意(とくい)(ひと)

どんな仕事(しごと)

デザイナーとタッグを()んで(ふく)(つく)()げる

ファッションデザイナーがえがいたデザイン()を、立体的(りったいてき)洋服(ようふく)にするために、手早(てばや)くていねいに型紙(かたがみ)(つく)るのがパタンナーの仕事(しごと)だ。型紙(かたがみ)によって(つく)られたサンプル(ひん)()やすさや(わる)(てん)をチェックしたり、生地(きじ)やボタンの種類(しゅるい)(りょう)などを、工場(こうじょう)指示(しじ)をすることも大切(たいせつ)仕事(しごと)。そして、最終的(さいしゅうてき)商品(しょうひん)(もと)になる型紙(かたがみ)にまで仕上(しあ)げていく。パタンナーには型紙(かたがみ)(つく)技術力(ぎじゅつりょく)はもちろん、時代(じだい)先取(さきど)りするファンションセンスや、(ぬの)などの素材(そざい)知識(ちしき)といったものが(もと)められる。

これがポイント!

専門(せんもん)学校(がっこう)大学(だいがく)などで服飾(ふくしょく)基礎(きそ)(まな)

パタンナーになるには、(とく)資格(しかく)必要(ひつよう)ない。しかし、アパレルメーカーの採用(さいよう)試験(しけん)実技(じつぎ)試験(しけん)作品(さくひん)提出(ていしゅつ)(もう)けているところが(おお)いため、ファッション(けい)専門(せんもん)学校(がっこう)服飾(ふくしょく)美術(びじゅつ)(けい)大学(だいがく)短大(たんだい)などで勉強(べんきょう)をするのが一般(いっぱん)(てき)である。また最近(さいきん)は、パソコンでCAD(キャド)と()ばれる製図(せいず)ソフトを使(つか)って型紙(かたがみ)(つく)るパタンナーが()えているため、CADの知識(ちしき)()につけておくとよい。とはいえ、会社(かいしゃ)(はい)ってからすぐに型紙(かたがみ)(つく)れるようになるわけではない。まずはアシスタントとして先輩(せんぱい)手伝(てつだ)いをしながら技術(ぎじゅつ)(まな)び、1~3(ねん)()にようやく型紙(かたがみ)(つく)らせてもらえるようになる。メーカーで経験(けいけん)()んだ(あと)独立(どくりつ)する(ひと)(おお)くいる。

将来(しょうらい)はこうなる

(うえ)目指(めざ)せば活躍(かつやく)()(ひろ)がる

デザイナーと(おな)じように、(すぐ)れたパタンナーはブランドの人気(にんき)左右(さゆう)するため、(ほか)のブランドから()きぬかれることもある。なぜならば、メーカーやデザイナーの意向(いこう)(かんが)えながら、型紙(かたがみ)(つく)れる(ひと)(すく)ないからだ。また、最近(さいきん)白紙(はくし)から型紙(かたがみ)(つく)れる(ひと)(すく)なくなってきたと()われている。パタンナーとして(うえ)目指(めざ)すのであれば、オリジナルな型紙(かたがみ)()こせるようになろう。そうすれば、どの会社(かいしゃ)(はい)っても、さらには海外(かいがい)()ったとしても活躍(かつやく)することができるだろう。

データボックス

収入(しゅうにゅう)は?

アパレルメーカーに(はい)った場合(ばあい)、18(まん)(えん)くらいから。(はたら)(かた)はフリーランス、正社員(せいしゃいん)契約(けいやく)社員(しゃいん)、パートなど様々(さまざま)だ。()れっ()のパタンナーになれば、(こう)収入(しゅうにゅう)期待(きたい)できる。

休暇(きゅうか)は?

週休(しゅうきゅう)二日(ふつか)(せい)のことが(おお)いが、いそがしい(とき)土曜(どよう)仕事(しごと)がある場合(ばあい)も。勤務(きんむ)時間(じかん)(なが)いようだ。

職場(しょくば)は?

アパレルメーカー、サンプルを専門(せんもん)(つく)会社(かいしゃ)、デザイナー事務所(じむしょ)縫製(ほうせい)工場(こうじょう)など。

なるためチャート

仕事(しごと)のなり(かた)一目(ひとめ)でわかるチャートだよ!

PAGETOP