画家

文化を生み出す、芸術家の代表格の一つ。本業としてやっていけるのはごくわずかで、副業を持っている人が多数

こんな人にピッタリ!

絵の才能があることが大前提。ただし、才能を磨き続ける努力は必要。そして、どんなに生活が苦しくても絵を描き続けていく粘り強い精神力も必要。すぐに脚光を浴びたいという人には向かないかも

どんな仕事?

ほとんどの人が副業で生計を立てている厳しい世界

画家は芸術作品としての絵画を創作する人のことであり、ごく一部の才能のある人だけがなれる職業だ。自分の創作テーマに基づいて、何度も構想を練り直し、ひたすら描き続けることが画家の仕事だが、実際には画家の仕事だけで生活できる人はごく一部。ほとんどの人が絵画教室を開いたり、学校の美術の先生などの副業をしながら、創作活動を続けている。

これがポイント!

学歴は不要だが……

画家になるのに学歴は不要だが、デッサンや基本的な技法を学ぶためにも、美術大学や美術専門学校で技術を修得しておいたほうがいいだろう。実際、ほとんどの画家が美術大や専門学校出身で、技術以外に美術論や美術史を学び、絵画教室やデザイナーなどの副業に役立てている人も多い。

公募展に出品する方法も

画家デビューの出発点となるのが、日展や二科展などの公募展や、海外の公募展に応募して入選すること。何度も入選を繰り返せば、知名度もあがり、公募団体の会員資格を得て仕事を得ることができる。もちろん、公募団体の会員にならなくとも、自由に創作し、絵を売ることもできる。

将来はこうなる

画家という職業が世の中からなくなることはおそらくないので、才能があり、努力し続けていれば、作品が日の目を見るチャンスは充分にある。途中で投げ出さず、長く描き続けることが大切だ。

データボックス

収入は?

絵の価格は、キャンバスの大きさの単位である1号いくらと決められている。有名画家なら1号数百万ということもあるが、ほとんどの人がそのレベルまでは達していないため、学校の美術の先生や絵画教室の講師、グラフィックデザイナーなどを副業にしているのが実情。賞を取ったり画廊などが作品を買い上げてくれて、30代後半から40代ぐらいになると収入も期待できるようになるが、画家専業の人はまれ。

休暇は?

画家は自営業なので、休日は本人次第であり、本人さえよければ1週間丸々休んでもいい。しかし、依頼があったときや個展の前などは、休むことなく創作しなければならないときもある。

職場は?

自分のアトリエなど。自宅兼アトリエの人もいれば、自宅とは別にアトリエを持つ人もいる。

なるためチャート

仕事のなり方が一目でわかるチャートだよ!

PAGETOP