グラフィックデザイナー

グラフィックデザイナー

カタログ、CDジャケット、広告やポスター、本の装丁など商品をデザインでアピールする。最近はパソコンを使ってデザインするのが主流

こんな人にピッタリ!

他人の要望や指示を汲み取れるコミュニケーション能力と、自分独自のアイディアを提案できる柔軟性のある人。決められたスケジュールがあるので、きちんとスケジュールを守ることのできる人。

どんな仕事?

めざすはアートディレクター

「シンプルに」「目立つように」といった、クライアントの抽象的な要望をくみ取りながら、チラシやポスター、出版物、CDジャケット、商品パッケージなどにデザインをする仕事。写真、イラスト、文章などの素材を組み合わせ、全体の色調や文字の大きさ・書体なども考えながら、センスあふれる誌面や広告を作り出していく。ひとりで仕事をすることもあれば、イラストレーターやフォトグラファーなどと共同で作業することもあり、経験と実力があれば、アートディレクターとして彼らのまとめ役をまかされることもある。

これがポイント!

即戦力が求められる

広告制作会社やデザイン事務所は広告代理店から、編集プロダクションは出版社から仕事を請け負うのが一般的。こういった会社では即戦力が求められるので、仕事は早めに覚えられるほうが良い。

パソコンは必須

近年では、インターネットのWebページやCD-ROMのデザインなどを手がけることも増えているので、コンピューターでのデザインは必須。DTPソフト(コンピューターを使って出版物のデザインなどの作業を行うソフト)や、グラフィックスソフト(ロゴの制作などに使用する)の使い方は、マスターしておこう。

将来はこうなる

グラフィックデザイナーの仕事も細分化されている

雑誌や本、ポスター、CDジャケットといったマスコミ関係の印刷物以外にも、各種パンフレット、商品のパッケージなど、日常生活のあらゆるところにグラフィックデザインが施されている。広告や装丁に関わるデザインをまとめるアートディレクターの仕事がある一方、雑誌の記事デザインを専門とするエディトリアルデザイナーや、本の装丁を専門に行う装丁家など、ある専門分野に特化したデザイナーも登場している。自分の得意分野がわかっていると、仕事も受けやすくなるだろう。

データボックス

収入は?

デザイン事務所や広告会社に勤務する場合は、会社によって大幅に異なる。だいたい初任給は20万円前後が相場。フリーになれば知名度や実力がそのまま給与に反映される。売れなければ収入がゼロという可能性もあるが、売れっ子になれば、高収入も夢ではない。

休暇は?

締め切り間近になると休日出勤はあたりまえ。フリーの場合もそれは同じで、徹夜仕事になる場合もあり、土日が確実に休めるわけではない。売れっ子になって締め切りが続くと、まったく休めないことも。

職場は?

デザイン事務所、広告制作会社、編集プロダクション、広告代理店、出版社、印刷会社など。

なるためチャート

仕事のなり方が一目でわかるチャートだよ!

PAGETOP