ジュエリーデザイナー

ジュエリーデザイナー

リング、ネックレス、ピアスなど、宝石(ジュエリー)リング、ネックレス、ピアスなどを身につけることは、いつの時代も女性のあこがれ。ジュエリーデザイナーは人に夢と美しさ、そしてかがやきをあたえる表現者!

こんな人にピッタリ!

アクセサリーをデザインするので、世の中の流行にびん感で、時代を先取りできるセンスを持っている人。さらに、頭にえがいたイメージを絵で表げんできる力も必要になる。

どんな仕事?

はなやかな仕事だが、地味な手仕事も…

ネックレス、ピアス、リング、ブレスレットなど、金・銀・プラチナや宝石(ほうせき)、高級ビーズなどを材料にして、アクセサリーのデザインを手がける。貴金属(ききんぞく)や宝石の特ちょうを理解したうえで、流行をびんかんに取り入れながら、買う人が「身につけてみたい!」と思うようなデザインを考え、図面に起こすのが仕事。デザインだけをする人もいるが、中には図面のイメージ通りになるよう貴金属や宝石を加工し、アクセサリーに完成させるまでの全作業を自分でするデザイナーもいる。

これがポイント!

ジュエリーの知識とセンスを学ぶため専門学校へ

ジュエリーデザイナーになるために資格(しかく)はとくにない。ただし、貴金属(ききんぞく)、宝石(ほうせき)はとても高かなものなので、とりあつかうための知しきやぎじゅつをしっかり身につけておきたい。もちろん、デザインセンスをみがくことも大切だ。そのためには美じゅつ系の大学・短大のデザイン学科に入るか、ジュエリー専門学校に入るのがいいだろう。卒業後は、デザインスタッフとして、ジュエリー会社に入るのがいっぱん的。げん場でけい験を積んだ後、フリーとしてどくりつする道もある。

CAD(キャド)をあつかえるとしゅうしょくに有利

今でもイメージしたデザインを紙に手でえがくデザイナーも少なくないが、最近は建ちく家と同様、CAD(コンピューター上で設計図をえがくシステム)を使ってデザインをする人もふえている。CADを使えば、完成品に近いイメージのデザインをえがけるので、デザイン画をもとに商品を作る人の作業を大きくはぶくことができる。CADをあつかえるジュエリーデザイナーはメーカーにとって重宝されるため、しゅうしょくに有利と言えるだろう。

関連資格を取るのもいい

宝石(ほうせき)に関する知識があり、鑑定(かんてい)もできる「宝石鑑定士(ほうせきかんていし)」の資格(しかく)や、貴金属(ききんぞく)や宝石(ほうせき)を買う人に、その場でふさわしいアドバイスをする「ジュエリーコーディネーター」などの民間資格を取ってもいい。また、自らアクセサリーを作るデザイナーになりたいなら、アクセサリーを作るぎのうを持つ人にあたえられる「貴金属装身具製作技能士(ききんぞくそうしんぐせいさくぎのうし)」という資格もある。これは国の技能検定(ぎのうけんてい)に合格しなければならない。

将来はこうなる

景気に左右される面も…

貴金属(ききんぞく)、ジュエリーは、ぜいたく品の代表ともいえる。社会の景気が悪いと、買う人が少なくなるので、ジュエリーデザイナーの求人も少なくなってしまう。ただし、美しい宝石(ほうせき)を身につけて楽しみたいという気持ちは、時代をこえて存在する。景気が悪くても、熱意とセンスのある人は採用されるだろう。景気が上向き、人々がぜいたく品にお金をかけられるようになれば、市場もいきいきとし、求人がふえると思われる。

データボックス

収入は?

ジュエリーメーカーにしゅうしょくした場合は、入社時で200〜300万円程度。ベテランで、400〜500万円程度で、事務系のサラリーマンと大差ない。独立してフリーになった場合は、実力さえあれば1000万円以上も夢ではない。

休暇は?

社内デザイナーの場合は、会社の規定通り休みが取れる。フリーの場合は、仕事のいそがしさにあわせて自分で決めることになる。

職場は?

テレビコマーシャルなどで有名な、ジュエリーブランドの商品企画部のほか、ジュエリーのおろし問屋などでも個人のお客さん相手にデザイナーを採用するところがある。

なるためチャート

仕事のなり方が一目でわかるチャートだよ!

PAGETOP