メニュー閉じる

ジュエリーデザイナー

ジュエリーデザイナー

宝石(ほうせき)(ジュエリー)リング、ネックレス、ピアスなどを()()けることは、いつの時代(じだい)も、たくさんの(ひと)のあこがれ。ジュエリーデザイナーは(ひと)(ゆめ)(うつく)しさ、そして、かがやきをあたえる表現者(ひょうげんしゃ)

こんな(ひと)にピッタリ!

アクセサリーをデザインするので、()(なか)流行(りゅうこう)敏感(びんかん)で、時代(じだい)先取(さきど)りできるセンスを()っている(ひと)。さらに、(あたま)(えが)いたイメージを()表現(ひょうげん)できる(ちから)必要(ひつよう)になる。

どんな仕事(しごと)

はなやかな仕事(しごと)だが、地味(じみ)手仕事(てしごと)も…

ネックレス、ピアス、リング、ブレスレットなど、(きん)(ぎん)・プラチナや宝石(ほうせき)高級(こうきゅう)ビーズなどを材料(ざいりょう)にして、アクセサリーのデザインを手掛(てが)ける。貴金属(ききんぞく)宝石(ほうせき)特徴(とくちょう)理解(りかい)した(うえ)で、流行(りゅうこう)敏感(びんかん)()()れながら、()(ひと)が「()()けてみたい!」と(おも)うようなデザインを(かんが)え、図面(ずめん)()こすのが仕事(しごと)。デザインだけをする(ひと)もいるが、(なか)には図面(ずめん)のイメージ(どお)りになるよう貴金属(ききんぞく)宝石(ほうせき)加工(かこう)し、アクセサリーに完成(かんせい)させるまでの(ぜん)作業(さぎょう)自分(じぶん)でするデザイナーもいる。

これがポイント!

ジュエリーの知識(ちしき)とセンスを(まな)ぶため専門(せんもん)学校(がっこう)

ジュエリーデザイナーになるために資格(しかく)(とく)にない。ただし、貴金属(ききんぞく)宝石(ほうせき)はとても高価(こうか)なものなので、()りあつかうための知識(ちしき)技術(ぎじゅつ)をしっかり()につけておきたい。もちろん、デザインセンスをみがくことも大切(たいせつ)だ。そのためには美術(びじゅつ)(けい)大学(だいがく)短大(たんだい)のデザイン学科(がっか)(はい)るか、ジュエリー専門(せんもん)学校(がっこう)(はい)るのがいいだろう。卒業(そつぎょう)()は、デザインスタッフとして、ジュエリー会社(がいしゃ)(はい)るのが一般(いっぱん)(てき)現場(げんば)経験(けいけん)()んだ(あと)、フリーとして独立(どくりつ)する(みち)もある。

CAD(キャド)をあつかえると就職(しゅうしょく)有利(ゆうり)

(いま)でもイメージしたデザインを(かみ)()(えが)くデザイナーも(すく)なくないが、最近(さいきん)建築家(けんちくか)同様(どうよう)、CADという、コンピュータ(じょう)設計(せっけい)()(えが)くシステムを使(つか)って、デザインをする(ひと)()えている。CADを使(つか)えば、完成(かんせい)(ひん)(ちか)いイメージのデザインを(えが)けるので、デザイン()(もと)商品(しょうひん)(つく)(ひと)作業(さぎょう)(おお)きく(はぶ)くことができる。CADをあつかえるジュエリーデザイナーはメーカーにとって重宝(ちょうほう)されるため、就職(しゅうしょく)有利(ゆうり)()えるだろう。

関連(かんれん)資格(しかく)()るのも()

宝石(ほうせき)(かん)する知識(ちしき)があり、鑑定(かんてい)出来(でき)る「宝石(ほうせき)鑑定士(かんていし)」の資格(しかく)や、貴金属(ききんぞく)宝石(ほうせき)()(ひと)に、その()でふさわしいアドバイスをする「ジュエリーコーディネーター」などの民間(みんかん)資格(しかく)()ってもいい。また、(みずか)らアクセサリーを(つく)るデザイナーになりたいなら、アクセサリーを(つく)技能(ぎのう)()(ひと)にあたえられる「貴金属(ききんぞく)装身具(そうしんぐ)製作(せいさく)技能士(ぎのうし)」という資格(しかく)もある。これは(くに)技能(ぎのう)検定(けんてい)合格(ごうかく)しなければならない。

将来(しょうらい)はこうなる

景気(けいき)左右(さゆう)される(めん)も…

貴金属(ききんぞく)、ジュエリーは、ぜいたく(ひん)代表(だいひょう)とも()える。社会(しゃかい)景気(けいき)(わる)いと、()(ひと)(すく)なくなるので、ジュエリーデザイナーの求人(きゅうじん)(すく)なくなってしまう。ただし、(うつく)しい宝石(ほうせき)()()けて(たの)しみたいという気持(きも)ちは、時代(じだい)をこえて存在(そんざい)する。景気(けいき)(わる)くても、熱意(ねつい)とセンスのある(ひと)採用(さいよう)されるだろう。景気(けいき)上向(うわむ)き、人々(ひとびと)がぜいたく(ひん)にお(かね)をかけられるようになれば、市場(しじょう)()()きとし、求人(きゅうじん)()えると(おも)われる。

データボックス

収入(しゅうにゅう)は?

ジュエリーメーカーに就職(しゅうしょく)した場合(ばあい)は、入社(にゅうしゃ)()で200~300(まん)(えん)程度(ていど)。ベテランで400~500(まん)(えん)程度(ていど)で、事務(じむ)(けい)のサラリーマンと大差(たいさ)ない。独立(どくりつ)してフリーになった場合(ばあい)は、実力(じつりょく)さえあれば1000(まん)(えん)以上(いじょう)(ゆめ)ではない。

休暇(きゅうか)は?

社内(しゃない)デザイナーの場合(ばあい)は、会社(かいしゃ)規定(きてい)(どお)(やす)みが()れる。フリーの場合(ばあい)は、仕事(しごと)のいそがしさに()わせて自分(じぶん)()めることになる。

職場(しょくば)は?

テレビコマーシャルなどで有名(ゆうめい)な、ジュエリーブランドの商品(しょうひん)企画(きかく)()のほか、ジュエリーの卸問屋(おろしどんや)などでも個人(こじん)のお(きゃく)さん相手(あいて)にデザイナーを採用(さいよう)するところがある。

なるためチャート

仕事(しごと)のなり(かた)一目(ひとめ)でわかるチャートだよ!

実際(じっさい)(はたら)いているジュエリーデザイナーの仕事(しごと)()てみよう!

PAGETOP