メニュー閉じる

家具職人(かぐしょくにん)

家具職人(かぐしょくにん)

こだわりの家具をもとめるお客さんにむけ、心やぬくもりをこめて家具をてづくりする。

こんな人にピッタリ!

きちょうめんな人。ものごとに熱中しやすい人。

どんな仕事?

家具を専門(せんもん)につくる職人(しょくにん)

量産されている家具にはない、こだわりが感じられるすてきな家具をつくることが仕事だ。家具職人(かぐしょくにん)はおもに、注文家具をつくる職人(しょくにん)と、大きな家具メーカーの機械化された工場につとめて、手作業のところだけをうけおう職人(しょくにん)がいる。注文家具の場合は、マンションや家を買った人の希望をもとに、本だな、食器だな、勉強づくえなどをトータルでつくることもある。ほかの職人とよばれ(しょくにん)る人たちと同様に、一流の家具職人(かぐしょくにん)たちは高れい化しているため、次世代の育成が強くもとめられている。

これがポイント!

専門(せんもん)学校で勉強し、家具づくりの会社に入る

伝とう工芸を教えてくれる専門(せんもん)学校や、インテリアけいの専門(せんもん)学校に通い、基本(きほん)の技術(ぎじゅつ)を身につけよう。専門(せんもん)学校によっては、基本(きほん)の道具のとりあつかい方はもちろん、実技(じつぎ)だけでなくデザインやマーケティングなども教えてくれる。学校ではそつぎょう後の就職(しゅうしょく)も世話してくれるが、就職(しゅうしょく)率(りつ)はあまり高くない。独立(どくりつ)・開業するかくごで通ったほうがよさそうだ。

体験教室でまずはコツを覚える

体験教室に通って、つくり方のコツを覚えるのも1つの方法だ。学校の先生は一流の職人(しょくにん)であることが多い。だんだん親しくなって、いい仕事ができるようになれば、弟子入りさせてもらえる可能性(かのうせい)も。また、家具職人(かぐしょくにん)をひとりで始めようとすると、工房(こうぼう)の場所、機械や材料など、かなりのお金が必要になってくる。教室で知り合った仲間といっしょに、家具職人(かぐしょくにん)の工房を開くということもできそうだ。そう考えると独学(どくがく)もいいが、どこかに通ってつくり方を身につけつつ、人脈を広げていったほうがいいだろう。

将来はこうなる

自分らしいセンスを感じさせるみりょく的な家具を売る

今はライフスタイルの変化からか、シンプルな機能を重視(じゅうし)した家具が主流だが、個性(こせい)的なくらしを望む人の中には、デザイナーズ家具などのこだわりの家具を求める人も増えているようだ。そのため、独創的(どくそうてき)な技術(ぎじゅつ)、センスを身につけて、こだわりを感じさせる家具を作っていけば、家具職人(かぐしょくにん)として十分生計を立てていけるだろう。

データボックス

収入は?

家具メーカーの見習いは、月収(げっしゅう)10万円くらい、研しゅう生(2年目)になると月収(げっしゅう)17万円くらいにアップする。5年目の職人(しょくにん)になれば、月収(げっしゅう)は35万円くらいから。フリーの場合、注文を受けることがそのまま収入(しゅうにゅう)につながるので、決まっていない。しかし、自分のオーダーメイドの家具が世間にみとめられ、定期的な注文がくるようになれば収入(しゅうにゅう)は安定する。

休暇は?

休日なく働(はたら)いていることが多い。

職場は?

家具工房、家具工場など。

なるためチャート

仕事のなり方が一目でわかるチャートだよ!

PAGETOP