絵画修復士(保存修復師)

絵画修復士(保存修復師)

長い年月がたって自然によごれたり、いたんでしまった絵画を直して元にもどすプロ。素材(そざい)や色などを、いかに元のじょうたいに近づけるか、残っている部分にしっくりくるよう仕上げるかが、うでの見せどころ。

こんな人にピッタリ!

根気のある人。手先が器用な人。美的(びてき)センスのある人。

どんな仕事?

美術品(びじゅつひん)である絵画をきれいにして、元のじょうたいにもどす

保管(ほかん)の悪い絵画や、古くなり自然にもろくなった絵画、きずついた絵画などを、これ以上悪くならないように手当てをほどこしたり、元にもどすのが仕事だ。

絵がかれた時代や技法(ぎほう)によって、修復に使う材料がちがってくるため、絵画修復士(保存修復師)はまず、あらゆる角度から作品を調べる。そのため、絵画を見る目と長年の経験をもとにつちかわれた技術(ぎじゅつ)が必要だ。

一言に修復と言っても、きれいにすればいい、というものではなく、その絵をえがいた画家の思いを表すことや、油絵の場合、油絵の特ちょうや経年で生まれたどくとくの味を残すことももとめられる。美術館や絵画の持ち主と話し合い、よごれをどこまで落とすのか、という要望にこたえながら、修復していく。

これがポイント!

絵画修復を学べる美術系(びじゅつけい)の大学に進学

日本で仕事をしたい場合、資格(しかく)はもとめられない。美術系大学・大学院、せんもん学校のほぞん修復科に進学したり、絵画修復をする工房(こうぼう)が開く教室や、日本の美術工芸の保存(ほぞん)修復をうけおう会社に入るなどして、修復の技法を学ぼう。

また、海外で仕事をしたい場合、イタリアには絵画修復士という資格がある。イタリアの大学に入学して資格を取ることを目指そう。ただし、入学をみとめる人数がかぎられていて、せまき門と言える。もしも入学をみとめられた場合、実技はもちろん、修復理論(りろん)や美術史などを、イタリア語で勉強しなくてはならないため、イタリア語の習得は欠かせない。

絵画修復といっても、日本画、油絵、壁画(へきが)といろいろある。何を修復したいかで進路を選ぼう。

将来はこうなる

古い絵画を大切にしたい人には欠かせないそんざいに

絵画修復士(保存修復師)という仕事は、日本では、まだあまりよく知られていない。また、修復にはどれくらいのお金がかかるかもわからないためか、こじんで大切な絵画を持っていても、修復をたのむ人はまだ少ない。しかし、古いものを大切に長く残したい、と考えている人たちはとても多い。絵画修復士という仕事がもっと広く知られてくれば、活やくの場が増えていくだろう。

データボックス

収入は?

イタリアで働く絵画修復士で月収10万円くらいから。日本の美術工芸の保存修復をうけおう会社の場合、月収18万円くらいから。

休暇は?

週休2日制。ただし、いそがしい時期は休みが取りずらくなることも。

職場は?

保存修復をうけおう会社、美術館、アトリエなど。

なるためチャート

仕事のなり方が一目でわかるチャートだよ!

PAGETOP